カルビーの最新鋭工場、総投資額は520億円

 カルビーは2025年3月期の稼働をめざして広島市で計画を進めている新工場「新広島工場(仮称)」の概要をこのほど発表した。環境に配慮した設備の導入や、DX(デジタル変革)による生産性向上、作業環境改善を実現する最新鋭のマザー工場をめざす。創業の地を舞台に、総投資額が約520億円に上る一大プロジェクトが始動する。

 敷地面積はグループの国内生産拠点で最大規模の10万屐7物は2棟で構成する。生産棟が鉄骨4階建てで、延床面積は約5万1000屐8粁繕ゝ訶錣賄換平屋建て、延床面積約3600屐C綛は今年4月を予定している。

 再生可能エネルギーや循環型エネルギーシステムを導入し、廃熱や排水、廃棄物を有効活用する。併せて再エネ由来のCO2フリー電力を調達し、再エネ電力100%を実現する。

       広島市内に建設する「新広島工場(仮称)」の完成イメージ

 DX分野では湖南工場(滋賀県湖南市)に実装したIoT技術を応用展開する。油分・水分・色味の検査測定の自動化やライン上の製品流量調整の自動制御、生産状況のリモート監視などを予定しており、将来的にはリモートワークの導入を進める。DX推進によって1人あたりの労働生産性を6割向上させることが可能という。

 計画では同県廿日市市内にある既存2工場の機能を新工場に移転、集約する。第1期では「ポテトチップス」や「じゃがビー」、「サッポロポテト」などを製造する広島西工場の機能を移転し、24年12月から稼働を順次開始する。第2期では「かっぱえびせん」や「さやえんどう」、スナック生地などを製造する広島工場の機能を移転するが、操業は2037年以降になる。生産能力は年間約280億円を見込んでいる。