コロナ禍で加速する飲食店のデジタル化
「AIアバターレジ」の実証実験を開始

 ハワイ発のカジュアルレストランEGGS’N THINGS JAPAN(エッグスンシングス、東京都港区、松田公太社長)は国内初となる非接触型「AIアバターレジ」構想記者発表会を都内で7月27日行った。コロナ禍で事業環境が一変した飲食業界が生き残るにはデジタル化の推進が欠かせないとして、先進技術を使った新サービスを打ち出す。店舗での実証実験を10月開始する。

 「AIアバターレジ」は来店客がモニター画面に映り出したアバター(仮想空間の店員)と会話するだけで料理を注文できる自立対話型レジ。タッチパネルの操作は必要ない。客と店員にとって安全安心な「完全非接触」を売りにする。

「AIアバターレジ」が注文を受けている様子、アバターは実在する店員の画像を使うことが
できる

主語省略やあいまいな発話も理解

 AIスタートアップのウェルヴィル(東京都港区)と共同開発した。コア技術となるのが「AI対話エンジン」。AIがセンサーで聞き取った客の対話内容を言語にテキスト(記述文)変換し、言葉の意味を解析した後で音声(言葉)に戻す。AIが常に対話を誘導し、注文内容を次々と聞き取っていく。

 日本語の対話言語は外国語と違って主語が省略されたり、内容があいまいだったりする。AIが認識するのは困難と思われるが、このAIは文の構造を研究する「統語論」に基づいた学習機能を備えており、主語省略やあいまい性を判断したうえで正しい記述文に置き換えるため、日本語の対話でも理解することができる。

 対話の内容はすべて蓄積し、注文数量や価格をデータ化していく。AIは注文を受けながら合計金額を計算するほか、調理指示や売上げ処理などが行える。将来的には自動支払い機能も搭載するという。

右からウェルヴィルの樽井俊行最高技術責任者、松田社長、システム販売を担うレター蠅
久木田敬志社長

食のホスピタリティを推進

 タリーズコーヒージャパンの創業者で元参議院議員の松田公太社長は飲食店の利益率の低さに危機感を持ち、生産性を上げるために昨年からリテールテックの導入を進めてきた。

 事前注文システムやテーブルオーダーシステムのほかに、無線通信端末を使って来店客の客席位置を把握し、スムーズな配膳を実現する「カスタマートラッキングシステム」を店舗に実装した。その結果、注文・会計作業に費やしていた月間の作業時間を約250時間減らし、コスト削減にもつなげた。

 飲食業界は損益分岐点が高く、売上げの減少が赤字に直結しやすい。そこにコロナショックが襲った。飲食店の利益回復について松田社長は、テイクアウトやデリバリー需要が伸びても、コロナ前に戻ることは難しいとの見方を示す。デジタル化で生産性を上げると同時に「食のホスピタリティを進化させる必要がある」と強調する。

 キーワードに挙げるのが「Cusomer Along Service(CAS)」。直訳すれば客に沿ったサービス。客一人ひとりの趣味し好に合わせたサービスを提供したり、オペレーションの効率化で空いた時間をホスピタリティに回したりすることをめざす。

 カスタマートラッキングシステムは近々バージョンアップし、端末を客のマイタンブラーに装着してパーソナライズ化したサービスの提供を始めるという。

 松田社長は「CAS」の取り組みをほかの業種・業態にも広げたいとして、事前注文システムとテーブルオーダーシステム、カスタマートラッキングシステムの販売を近く開始する。

「カスタマートラッキングシステム」の端末、受付けで受取り、空いている席についてテー
ブルオーダーシステムで注文すれば、店員が料理を運んでくる

「カスタマートラッキングシステム」のタブレット、画面上に番号が表示されるため、店員は
客がどこに着席しているかひと目でわかる。客が席を移動した場合も無線通信で追跡できる