FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

自動盛付けスライサーの実用化に成功
生肉の切削技術でトルコ市場開拓へ
(株)日本キャリア工業 三谷卓社長

 食肉加工機メーカーの(株)日本キャリア工業(愛媛県松山市)は10数年前にスライサー分野に参入して以来、ベンディングスライサーなど画期的な製品を市場に送り出してきた。昨年は小間切れ肉の自動盛付けスライサーで機械振興協会の会長賞を受賞。「現場で本当に役立つものを技術に落とし込むことが重要」と語る三谷卓社長に・・・

≫続きを読む

食品工場訪問記

CO2単独冷媒機器で冷却
横浜冷凍 東京羽田物流センター

 横浜冷凍は冷蔵倉庫「東京羽田物流センター」を東京都京浜島に今月竣工した。庫腹約2万1100t。冷却設備として、F級にはNH3、CO2を用いた省エネ型自然冷媒ユニット、C級にはCO2単独冷媒機器を初めて採用した。鉄筋コンクリート造3階建、庫腹約2万1100tのうちF級約2万500t、C級約600t。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

使用原料をAIで選別

 ニチレイフーズは工場で使用する原料をAI(人口知能)で選別する技術を近畿大学の工学部電子情報工学科(竹田史章教授)と共同開発した。これにより同社商品に使用する原料の品質保証力が格段に向上するとともに「生産性向上、労働環境改善、人手不足への対応、環境負荷低減など多くのことが期待できる」・・・

≫続きを読む

松本市の健康増進に寄与、紺綬褒状受章

 森永乳業は長野県松本市のヘルスケア分野を中心とした地域産業活性化と、市民の健康増進を目的とした支援に対し国から紺綬褒状を受章した。伝達式がこのほど行われた。同社は松本地域健康産業推進協議会に2014年加盟し・・・

≫続きを読む

コーヒー抽出かすを使い野菜生産、メニュー化

 UCC上島珈琲は小型PETコーヒーの生産拠点である「UCC群馬工場」(群馬県伊勢崎市)から排出されるコーヒー抽出かすの一部を再利用する食品リサイクルループを構築した。国内のコーヒー製造業界では初の取組み。抽出かすの一部は・・・

≫続きを読む

業態転換「MEGAドン・キホーテUNY」順次オープン

 ユニー・ファミリーマートHDドンキホーテHDは旧ピアゴ大口店(横浜市)を「MEGAドン・キホーテUNY大口店」として23日リニューアルオープンした。両社は昨年11月に資本業務提携し業態転換する店舗の開発を進めてきた。大口店は業態転換の1号店。

≫続きを読む

コーヒーの新型マシン導入

 ローソンは店内の淹れたてコーヒーに使うマシンを新型機に入れ替えている。ホットコーヒー(S)の抽出時間を旧機種の約40秒から、約25秒に短縮することができる。導入を進めている新型マシン「メリタ カフィーナXT6」は、豆を挽くグラインダーがフラットディスク形式で・・・

≫続きを読む

Oisixとリードがコラボ、新たな電子レンジ調理を提案

 オイシックスドット大地ライオンと新しい電子レンジ調理を提案するコラボレーション企画を22日から開始した。食品宅配サービス「Oisix」の食材にライオンの電子レンジ用調理バッグをセットし、オリジナルレシピを付けて届ける。

≫続きを読む
NEWS headline

HVAC、各社がノンフロン提案

 (一社)日本冷凍空調工業会は冷凍・空調・暖房展「HVAC&R JAPAN 2018」(ヒーバックアンドアールジャパン)を、千葉県の幕張メッセ(4〜6ホール)で27日から3月2日まで開催している。ノンフロンの提案が目立つ。出展200社のほとんどが空調やカーエアコン関連の提案だが、食品向けの展示もある。

≫続きを読む

モーターの電気使用量を10%節減

 家電やデジタル機器部品、産業用太陽光発電システムを販売する専門商社のさつき(株)(大阪市中央区、祖父江一郎社長)は動力モーター節電システム「シガセイバー」を電力使用量の多い生産工場や商業施設に提案している。2016年から事業を展開しているが、すでに食品スーパーなど10数件の導入実績を持ち・・・

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈展示会情報 
人手不足対応から売場展開まで提案

 日本厨房工業会主催の「厨房設備機器展」をはじめ「国際ホテル・レストランショー」、「フード・ケータリングショー」が東京ビッグサイトで20〜23日開催された。熱量を自動制御するコンビオーブンやタッチパネル式のスチコンなど現場の省力化、衛生管理に役立つ最新機器が一堂に集まった。

≫続きを読む

〈展示会情報◆
日本初の機能搭載、高火力グリラー

 タニコーは日本で初めて燻煙の発生機能を搭載した高火力のガス赤外線焼き物機(グリラー)を出品した。熱板(バーナ)温度は国内最高水準の800℃を実現した。大阪ガス、東邦ガスと昨年、共同開発した。燻煙を発生させる仕掛けはバーナの上に据え付けた金属棒にある。

≫続きを読む

〈展示会情報〉
複数のスチコン一括管理

 業務用スチームコンベクションオーブンで国内最大手のラショナル・ジャパン(納土弘史社長)は複数の厨房機器をネットワークのクラウド上で一括管理するサービス「Connected Cooking(コネクティッドクッキング)」を昨年3月から提供しているが、東京ビッグサイトで2月20〜23日開催された厨房設備機器展で来場者にアピールした。

≫続きを読む

〈展示会情報ぁ
スマホで細菌が見えるモバイル顕微鏡

 電解水総合設備のアクアシステム(株)(群馬県前橋市、狩野清史社長)は昨年開発したバクテリア・セルフチェッカー「mil-kin(見る菌)」を出品した。菌や汚れをスマホで簡単に「見える化」した。この性能特性は今後標準化(JIS規格)される予定。光源にLEDを使った光学顕微鏡とスマホの機能を融合した。

≫続きを読む

〈展示会情報ァ
物流、小売現場に保管棚、POSレジなど提案

 流通情報システムの総合展「リテールテックJAPAN 2018」が東京ビッグサイトで3月6〜9日開催される。流通・小売業向けに電子決済やサプライチェーン管理用のIT機器、人手不足に対応したAI搭載のPOSレジなどを提案する。物流専門コンサルの(株)オムニ(横浜市)はプロダクト事業第1弾として・・・

≫続きを読む

〈海外進出〉
バンコク現地法人を開設、新たな経済発展に期待

 中央設備エンジニアリング(株)はタイのバンコクに設立した現地法人「CHUSETSU ENGINEERING(THAILAND)CO.,LTD.」の開所式を9日現地で行った。挨拶に立った松本吉晴社長は「海外進出は今回が初めて」としながらも、「日本国内では食品工場や物流施設の建設、エンジニアリングで長年実績を積み上げてきた・・・

≫続きを読む

〈物流拠点〉
静岡・清水港、内陸へのアクセス向上

 静岡県の清水港が「物流拠点」として近年注目を集めている。新東名高速道、圏央道、中部横断自動車道など道路網の整備が進み、物流拠点としての利便性が高まった。清水港から内陸へのアクセスの良さに着目し、その周辺に拠点を新設する物流企業も出ている。一例として、清和海運蠅・・・

≫続きを読む

〈企業間連携〉
スイスの大手紙容器メーカーと合弁会社設立

 大日本印刷はスイスの大手紙容器メーカーSIG Combibloc Group(SIG社)と日本国内に合弁会社を設立する。SIG社が開発した「飲料・食品向け液体紙容器」と充てん、包装に使用する「無菌充てんシステム」を販売する。設立は4月1日。

≫続きを読む

〈若手技能者〉
国際製菓コンクールで日本チームがプレス賞

 高級食材の輸入商社アルカンが輸入する製菓材料の総合メーカー、フランスのDGF社と、パリ国際製パン・菓子見本市「ユーロパン」による国際製菓コンクール「ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2018」がパリ郊外のユーロパン会場で2月3〜6日開催され日本チームが4位に入賞、特別賞としてジャーナリストが見栄えを評価するプレス賞を受賞した。

≫続きを読む