FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

特定技能外国人を食品工場の戦力に、人材活用を支援
螢吋ぅ坤咼紂次々畛浬嗅社長

 コロナ禍で技能実習生の入国が制限される中、新在留資格の「特定技能」に注目が集まる。外国人材の受け入れを支援するケイズビュー(東京都千代田区)は食品工場向けに優秀な人材を紹介するだけでなく、入職後に戦力となるようサポート体制を整えている。 香山社長は「生産ラインの安定稼働に貢献する仕組みづくりが重要」と強調する。

≫続きを読む

お知らせ

「2022年版 冷凍食品業界要覧」好評発売中

 水産タイムズ社は「2022年版 冷凍食品業界要覧」(B5判)をこのほど発刊しました。創刊49年目になる冷食業界人必携のデータ集です。定価1万3200円(税込・送料サービス)。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

「包材が感染源」は根拠なし、感染研の専門家が指摘

 (一社)日本食品包装協会(東京都中央区、石谷孝佑理事長)は2021年度の第8回食品包装セミナーをオンラインで23日開催した。今回は国立感染症研究所実地疫学研究センターの八幡裕一郎主任研究官が「新型コロナウイルスの食品製造業における感染対策」をテーマに講演した。この中で、輸入冷凍食品の包装を媒介して集団感染(アウトブレイク)が発生したとする中国の調査を取り上げ、独自に評価した。

≫続きを読む

プラ削減の新法施行へ、外食店も対応急ぐ

 プラスチックの製品設計から廃棄物の処理に至るすべての段階で事業者や自治体、消費者らに資源循環の取り組みを促す「プラスチック資源循環促進法」が4月1日施行する。コンビニやファストフード、カフェなどの大手チェーンでは早くから対応を進めてきたが、ほかの外食チェーンでも取り組みが本格化し始めている。宅配寿司市場でシェアトップの「銀のさら」(ライドオンエクスプレスホールディングス運営)は…

≫続きを読む

巨大電力を活用、アニサキス殺虫技術の研究会発足

 熊本大学産業ナノマテリアル研究所の浪平隆男准教授は「パルス電流殺虫技術研究会」を4月1日発足する。雷に代表される超高出力の巨大電力「パルスパワー」を使ってアニサキスを感電死させる殺虫装置の実用化をめざす。企業や個人、学識経験者らを対象に会員を募っている。「パルスパワー」は、通常の電気エネルギーをコンデンサにいったん蓄積し、ナノ秒からミリ秒レベルのきわめて短い時間に圧縮して取り出す。

≫続きを読む

鳥栖工場にパックご飯の生産ライン新設、輸出拡大へ

 アイリスオーヤマは鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)の一部を改修して精米ラインとパックご飯ラインを新たに導入する。農林水産省が主導する「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」に参画しており、輸出拡大の取り組みの一環として同工場で生産したパックご飯を国内市場のほか、ASEAN諸国へ輸出する。設備投資は2025年までの3カ年計画で進める。投資金額は約50億円。

≫続きを読む

米国の冷食メーカーに出資

 マルハニチロは米国の食品企業「Waffle Waffle LLC」(ワッフル・ワッフル社、ニュージャージー州)に出資したことをこのほど公表した。Waffle Waffle社は2009年にベルギーワッフルの販売から創業。オリジナルブランド「Happi Foodi」の名称で、ボウルミール(丼メニュー)・ソテー野菜・ピザなど幅広いカテゴリーの商品を販売、北米の家庭用冷凍食品市場で事業展開している。

≫続きを読む

“目からウロコ”の改善事例が盛りだくさん

 「食品工場改善入門 集大成〜金をかけずにすぐできる!〜」(小杉直輝著)が水産タイムズ社から好評発売中です。40年間にわたり生産現場で指導を行ってきた小杉直輝氏が最新事例を取り上げながら無駄を顕在化し、改善した成功例の数々を集め、写真や図面を多用して分かりやすく解説しています。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む
NEWS headline

惣菜盛り付けロボット、官民一体で開発
社会実装に一歩前進

 経済産業省(一社)日本惣菜協会はロボットによる惣菜、弁当の自動盛り付けと、量子コンピュータを使った従業員の勤務シフト計算の実用化に成功したと都内で29日記者発表し、ロボットの実機を初披露した。マックスバリュ東海(静岡県浜松市)や弁当・惣菜メーカーのヒライ(熊本市)などで実稼働をこのほど開始した。官民一体で進めてきた「ロボットフレンドリーな環境構築」の先行事例として注目を集めそうだ。ロボットフレンドリーな環境とはコスト面や運用面などの課題をクリアし…

≫続きを読む

物流ロボット開発に参入
遠隔操作とのハイブリッド型を提案

 オフィス家具大手で物流システム事業を手がけるオカムラはロボット開発に参入し、このほど都内で開催された「国際ロボット展」にAI搭載ロボットと遠隔操作システムを組み合わせた「PROGRESS ONE(プログレスワン)」のプロトタイプを参考出品した。ロボットによる自律ピッキングのほか、ロボット単独では難しい作業の場合にオペレーターが遠隔操作で行う「ハイブリッド型」の物流自動化ソリューション。担当者によれば「EC販売の物流センターなど、大きさや形が不揃いの商品のピッキング作業を想定している」という。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円=税別、1100円=税込、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

<物流最前線>
新型エンジン式フォーク、環境性能と低燃費を実現

 三菱ロジスネクストは新型のエンジン式フォークリフト「ERSIS(エルシス)」を23日発売した。最新の排ガス基準に適合した環境性能と低燃費の両立を実現したほか、独自開発の車両統合管理システムを搭載して高い安全性も確保した。同社はCO2削減に貢献するバッテリー式の「ALESIS(アレシス)」を2019年に発売し、国内市場から高い評価を得ているが、一方で耐久性があり、一度の給油で24時間稼働するパワフルなエンジン式のニーズも底堅いという。

≫続きを読む

<日刊速報冷食タイムス>
冷凍パンをマンションで無人販売

 無人ストアを展開する600(久保渓社長)は冷凍パンを無人ストアで、キャッシュレス販売する「Store600
BAKERY」(ストア600ベーカリー)を東京都杉並区のマンション「グランドメゾン杉並シーズン」の共用部に設置した。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<先進技術 
ポテサラ計量、許容誤差の範囲内で盛り付け

 調理・業務用ロボット開発のスタートアップ、TechMagic(東京都江東区、白木裕士社長)はポテトサラダを正確に計量して連続で盛り付けるロボットを開発したと発表した。不定形で粘着性の高い惣菜の盛付けはロボットにはまだ難しいとされてきたが、同社は計量法で定められた範囲内(目標重量の−4%〜+10%以内)の精度で連続して盛り付けることに成功した。

≫続きを読む

<先進技術◆
「空飛ぶクルマ」の国内インフラ整備に参入

 電動垂直離着陸型の航空機、いわゆる「空飛ぶクルマ」の社会実装や、ドローンの「レベル4(有人地帯での目視外飛行)」での飛行実現が近づく中、総合商社の兼松は英国のベンチャー企業、Skyports社と資本業務提携したと24日発表した。「空飛ぶクルマ」の離着陸場であるVertiport(バーティポート)の整備事業とドローンを使った物流事業を日本国内で共同で進める。合弁会社を2024年までに設立することで基本合意した。「空飛ぶクルマ」は電動、垂直離着陸、自律飛行、低騒音、低コストなどの特長を持つ次世代航空機。ゼロエミッションのため脱炭素時代の新たな輸送手段として期待されている。

≫続きを読む

<水産加工 
冷凍まぐろの寿司セット、解凍法にこだわり

 まぐろ卸問屋のかしわ水産(神奈川県小田原市)は厳選したまぐろネタ6種類を詰め合わせた冷凍の「匠の鮨 お寿司セット」をこのほどオンラインで発売開始した。冷凍寿司は解凍が難しいとされるが、試行錯誤の末、最適な解凍方法を探し当てた。寿司セットはネタとシャリ玉を別々に袋詰めして、誰でも簡単に握ることができるようにした。ネタは高級寿司店で使われる天然みなみまぐろの大トロ、中トロ、赤身のほか、色・つや・身質の三拍子が揃ったバチまぐろの中トロ、赤身の5種類を3貫ずつそろえた。

≫続きを読む

<水産加工◆
有名ラーメン店と食材の二次利用でコラボ

 鈴廣かまぼこ(神奈川県小田原市、鈴木博晶社長)とラーメン店を展開するAFURI(神奈川県厚木市、中村比呂人社長)は食材の二次利用でコラボレーションし、かまぼこを生産する際に出るグチのアラを出汁に使用した「あら炊きらーめん(塩)」(冷凍)をAFURI公式通販(https://shop.afuri.com)で18日から期間・数量限定で販売している。すべての食材とその土地や生産者に対して深い敬意を払い、食材を用いることは「いのちをいただくこと」という考えを持つAFURIと、保存料・化学調味料を一切使用せずに…

≫続きを読む

<日刊速報水産タイムス>
玄界灘の天然鯖を寿司ネタに

 回転寿司チェーンのかっぱ寿司は、天然魚を得意とする九州・博多の水産加工会社「玄天」と協力し、新鮮な生サバを使った「九州産鯖」「九州産炙り鯖」を31日まで期間限定で販売している。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<新製品>
セカンド冷凍庫の導入を後押し、省エネ型発売

 ハイアールジャパンセールス(大阪市、杜鏡国社長)は収納力や利便性にこだわりつつ、省エネ基準達成を大幅に向上させた138L前開き式冷凍庫(JF-NUF138C)と153L前開き式冷凍庫(JF-NUF153C)を全国の家電量販店などで4月1日から順次発売する。内食や中食の需要が拡大し、冷凍スペースに対するニーズが高まっていることを受け、同社では家庭ですでに設置している冷凍冷蔵庫とは別に新たな冷凍スペース「セカンド冷凍庫」の導入を推奨している。直近の燃料価格の高騰による電気料金の値上がりなど家計への負担から…

≫続きを読む