FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

業績V字回復なるか、冷凍惣菜事業の浮上がカギ
ファンデリー 阿部公祐社長

 国産食材100%使用にこだわった冷凍惣菜のネット通販ブランド「旬をすぐに」を展開するファンデリー(東京都北区)は2022年3月期の決算で約18億円の特別損失を計上した。「旬をすぐに」を製造販売するCID事業の不振が原因だが、一気通貫の生産体制が軌道に乗り始め、品質改善が奏功して購入者からの評価も高まっている。今期の段階損益は黒字転換を見込む。阿部公祐社長は…

≫続きを読む

お知らせ

スシロー社長が登壇、第1回「水産WEBセミナー」

 水産タイムズ社は第1回「水産WEBセミナー」を8月17日(水)午後2時から配信いたします。聴講者の募集を当社ホームページで開始しました。あきんどスシローの新居耕平社長(写真左)、マルハニチロ粟山治専務(同右)を講師に招き回転寿司、水産物の現状と課題、今後の展望などについて議論を交わしていただきます。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

剥離性と滑り性を追求、非付着性ベルト

 自動車・産業用伝動ベルト大手のバンドー化学(神戸市)は軽搬送用ベルト「サンラインベルト」シリーズから新たに製パン製菓用に非付着性ベルト「ミスターシルキーコート」を23日発売した。ベルト表面にシリコーン変性ポリウレタンを含侵させたハイブリッド材料を採用し、ベルト表面の高い剥離性と搬送物の滑り性を同時に実現した。作業効率の向上や歩留まり改善が期待できる。

≫続きを読む

調理ロボットが活躍、「未来の厨房」実現へ

 調理ロボットを開発するコネクテッドロボティクス(東京都小金井市、沢登哲也社長)は、福島県の復興促進を目的として実施される2022年度「地域復興実用化開発等促進事業費補助金」に採択されたと発表した。ロボットを活用した「未来の厨房」づくりをめざす。昨年度に続き2回目。同社は浜通り地区の社員食堂や給食センター、飲食店などにロボットを導入し…

≫続きを読む

売上高・利益ともに過去最高、主力機がけん引

 フクシマガリレイはコロナ禍で落ち込んだ業績を2022年3月期はV字回復させた。連結ベースの売上高、各利益ともに過去最高を達成した。「収益認識会計基準」を適用した影響もあるが、受注の伸びが際立つ。売上高は前期比16.5%増の960億7000万円、営業利益は21.7%増の98億円、経常利益は30.2%増の112億6000万円、純利益は29.7%増の81億7000万円と増収増益で着地した。

≫続きを読む

アイス、ヨーグルトのライン増設に150億円

 森永乳業は神戸工場(神戸市)を大幅に増築し、アイスクリームとヨーグルトの製造ラインを増設すると発表した。生産能力を増強する。着工は2022年6月、稼働は2024年4月を予定している。投資額は約150億円。製造棟の増築面積は約3万1000屐1箴果明僂10万3000屬鯆兇┐襦アイスクリーム、ヨーグルトの生産ラインを合計8本敷設する。

≫続きを読む

冷凍麺の新工場を建設、亀山市と協定締結

 キンレイは三重県亀山市内の工業団地「亀山・関テクノヒルズ」に新工場を建てることについて、亀山市と協定を締結した。同社は2017年に大阪工場を立ち上げて100億円の壁を突破。その後毎年売上げを大きく伸ばしており、前期に150億円を超えて国内3番目の工場の必要性が高まっていた。2024年4月に生産を開始する予定。

≫続きを読む

“目からウロコ”の改善事例が盛りだくさん

 「食品工場改善入門 集大成〜金をかけずにすぐできる!〜」(小杉直輝著)が水産タイムズ社から好評販売中です。最新事例を次々と取り上げながら作業現場のムダを顕在化し、改善してみせる−−。しかも写真や図面を多用して誰にでもわかりやすく解説するのが「小杉流」の身上です。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む
NEWS headline

「FOOMA JAPAN2022」特集(上)
高感度デュアルセンサ搭載、微小金属の検出に威力

 「FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)」の開催が近づいてきた。今年は3年ぶりに東京ビッグサイトで6月7〜10日開催される。出展社数が過去最多の865社に上るなど、期待の大きさが伝わってくる。注目製品を今週と来週の2回にわたって紹介する。電子計測器・食品検査機メーカー大手のアンリツ(神奈川県厚木市、濱田宏一社長)はデュアルエナジーセンサ搭載の「X線検査機HRタイプ」や、粒体・粉体などドライ品の包装前検査で効果を発揮する…

≫続きを読む

老舗の食品卸がアルコール凍結機を開発
「FOOMA」で初披露

 創業110年を超える業務用卸のアクト中食(広島市、平岩由紀雄社長)はコロナ禍の影響を受ける飲食店の復活支援を目的に新規事業に乗り出した。卸会社としては異例のアルコール急速凍結機をこのほど開発し、冷凍自販機と組み合わせた新たなビジネスモデルを構築した。食材供給から商品開発、OEM製造、販路開拓までトータルソリューションを提供する。「FOOMA JAPAN2022」で実機を初披露する。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円=税別、1100円=税込、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

「2022年版 冷凍食品業界要覧」好評販売中

 水産タイムズ社から「2022年版 冷凍食品業界要覧」(B5判)が好評販売中です。創刊49年目になる冷食業界人必携のデータ集です。定価1万3200円(税込・送料サービス)。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む

今週のトピックス

<FOOMA特集 
「消滅型」生ごみ処理機、大手企業に導入広がる

 SINKPIA・JAPAN(=シンクピアジャパン、横浜市、松岡清次社長)は微生物の力で生ごみを生分解し、炭酸ガスと分解液に処理する業務用生ごみ処理機「シンクピア」を出品する。「シンクピア」は流通大手や食品メーカー、有名ホテル、外食チェーンなど500カ所以上に導入実績がある。食品リサイクル法で食品廃棄の発生抑制が強化されたことに加え、たい肥処理の委託費用が上がっており、加工残さの処理に頭を抱える食品工場は少なくない。企業や自治体などからの引き合いが強まっている。

≫続きを読む

<FOOMA特集◆
アワード最優秀賞候補が登場、パック定量スライサー

 食肉スライサーのトップメーカー、なんつね(大阪府藤井寺市、南常之社長)は3Dパック定量スライサー「ゼウス」と自動盛付けロボット「スコーピオン」を連結した、スライス肉定量自動盛付けラインを出展する。第1回「FOOMAアワード」の最優秀賞にノミネートされている注目製品。バラ、ロースなどの薄切り肉を高速で定量にスライスした後に自動でトレーに盛り付けることができる。今年春に開催された「食肉産業展」では大きな反響を呼んだ。FOOMAは初出品となる。

≫続きを読む

<日刊速報冷食タイムス>
給食卸3団体、岸田総理に学校給食対応を要望

 学校給食に関わる全国卸3団体が20日午前総理官邸を訪れ、岸田文雄総理に学校給食費の負担軽減を求める要望書を手渡した。岸田総理は「徹底対応させる。また情報はフィードバックしていただき、ちゃんと対応しているか確かめる。問題があればしっかり対応を図る。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<FOOMA特集>
中小工場に大型調理機を提案、省人化を後押し

 業務用調理機器を輸入・製造販売するエフ・エム・アイ(東京都港区、松野敦社長)は、市場の掘り起こしに力を入れている中小規模の食品工場向けに大型のスチームコンベクションオーブンや大型のブラストチラー&ショックフリーザー、自動加熱撹拌機などを出品する。バッチ式だからこそ、手作業が多い中小工場の省人化や省力化をサポートでき、製品の段取り替えにも柔軟に対応できることなどをアピールする。松野社長は…

≫続きを読む

<FOOMA特集ぁ
製菓デポジッターからタルトラインまで幅広く展示

 製パン製菓機械メーカーのマスダックマシナリー(埼玉県所沢市、増田文治社長)は「システムデポリー」や「ライトデポリー」などの単体機から「タルトライン」まで幅広いライナップを展示し、菓子製造を実演する。「システムデポリー」は生地の種類に合わせて充てん機構が選べるデポジッター(充てん機)で、様々な生地の充てんを兼用できる外回りローター式のほか、充てん精度の高いピストン式、クッキー生地に適した3本ローラー式がある。

≫続きを読む

<日刊速報水産タイムス>
新捕鯨母船の建造へ船舶性能テスト

 捕鯨母船・日新丸の経年化に伴い、新母船を建造する捕鯨会社の共同船舶(東京都中央区、所英樹社長)は19日、東京・昭島市の三井造船昭島研究所で大型模型船(実船の約1/20)による船舶性能試験を行った。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<FOOMA特集ァ
ブラストチラーなど凍結機が勢ぞろい

 フクシマガリレイ(大阪市、福島裕社長)はグループ会社のタカハシガリレイ(同市)、ガリレイパネルクリエイト(東京都台東区)、ショウケンガリレイ(静岡県焼津市)と4社共同で出展する。また、展示会場ではガリレイブランドの「CO2冷媒トランスクリティカルブースターユニット」を初披露する。2年ぶりの出展とあって、展示規模を拡大した。今回は「冷やすを見る・触る・分かる 知覚を刺激するガリレイブース」をテーマに…

≫続きを読む

<FOOMA特集Α
安全性を高めた食肉加工機、労災リスクを回避

 食肉加工機械メーカーのワタナベフーマック(名古屋市、渡邊将博社長)は安全性を向上させたミートスライサーやテンダーライザー(筋切り機)などを出品する。日本の食肉加工現場は慢性的な人手不足で短時間労働者や外国人労働者が増えており、機械操作に不慣れなために労働災害に巻き込まれるケースが後を絶たない。同社は近年、安全性向上に特化した製品開発を強化しており、FOOMAでは安全性を前面に打ち出す。ミートスライサーの「ウルティマ」(WMU−350S)は…

≫続きを読む