FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

食品工場のカビ処理に特許技術生かす
「無理だと思っていた」現場から驚きの声
(株)ピュアソン 浦辺修一会長・CEO

 洗剤、除菌剤の専門メーカー(株)ピュアソン(東京都豊島区)はカビの深部まで浸透して分解除去する、農薬成分を使わないカビ処理技術「カビ処理革命」を開発し、昨秋から本格的に発売を開始したところ、大手食品メーカーやスーパーから問い合わせが相次いでいる。

≫続きを読む

食品工場訪問記

日本最大規模の冷蔵倉庫が誕生
東京団地冷蔵

 首都圏4000万人の食料供給を担う低温物流の大型拠点、東京団地冷蔵(東京・平和島、織茂裕社長)が3年余に及ぶ工事期間を経て、現有地での一括建て替えを完了。1日稼働した。13の冷蔵倉庫運営会社が1カ所に集まったユニークな団地式冷蔵倉庫。

≫続きを読む

新製品

耐摩耗性に優れた吸着パッド、FDA規格に準拠

 真空機器専門メーカーのシュマルツ(株)(横浜市、ゲッテゲンス・アーネ社長)は、耐摩耗性を高めた強化型シリコーン材の吸着パッド「SI−HD」を新たにラインナップに加えた。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

国産不足で輸入品使用、5月中旬まで

 サラダクラブは国産キャベツが原料不足のため、一部を除きキャベツを使っている商品に輸入キャベツを7日から使用する。これまでは100%国産キャベツを使い、年間使用量は2万5000tになるが・・・

≫続きを読む

サランラップ、M字刃で切りやすく

 旭化成ホームプロダクツは食品包装用ラップフィルム「サランラップ」の機能を改善し20日からリニューアル発売する。「もっと切りやすく、もっと使いやすく」をコンセプトに、.侫ルムの切りやすさ・・・

≫続きを読む

サステナブルシーフードを社員食堂で提供

 パナソニックは海のエコラベル「MSC認証」(海洋管理協議会)と「ASC認証」(水産養殖管理協議会)を取得したサステナブルシーフードを本社などの社員食堂に3月から導入する。認証ラベル付きのものを企業が社員食堂で継続的に提供するのは国内で初めて。

≫続きを読む

新卒ES選考にAI本格導入、2019年度から

 サッポロビールは新卒採用エントリーシート(ES)の選考に2019年度からAIを本格導入することを決めた。過去の選考データを学習させたAIに応募者のエントリーシートを読み込ませ、合格基準を満たす評価を得た応募者を選考通過させる。

≫続きを読む

食品加工機、包装機とも生産高はプラス

 経済産業省は2017年の生産動態統計をこのほど発表した。それによれば、「食品加工機械、包装機械及び荷造機械」の生産高は2915億9000万円で前年比9.8%増の伸びを見せた。

≫続きを読む

厨房機器カタログ春号発刊、2万点を掲載

 工業用間接資材の通販大手MonotaRO(モノタロウ)は総合カタログ「RED BOOK vol.14春号」をこのほど発刊した。年2回発行の春号では10冊分合計約6300ページに20.7万点の間接資材を掲載した。

≫続きを読む
NEWS headline

「FOODEX JAPAN2018」開催、9日まで
食品バイヤーら8万5000名超が来場見込み

 アジア最大級の食品、飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2018」が幕張メッセ(千葉市)で6日開幕した。世界83カ国・地域から過去最大規模の食品、飲料メーカー、商社など3400社が出展した。9日まで。

≫続きを読む

中期4カ年で1100億円投資、冷食、海外など重点に
冷蔵庫をスクラップ&ビルド、ノンフロン化を推進

 マルハニチロは10年後を描いた「長期経営ビジョン」と、その最初の4年間の中期経営計画「Innovation toward 2021」をこのほど明らかにした。10年後にありたい姿を表した長期ビジョンではグループの姿を「グローバル領域で『マルハニチロ』ブランドの水産品、加工食品を生産・販売する総合食品企業」と位置づけ、強みを生かした水産品、加工食品領域で・・・

≫続きを読む

お知らせ

無料試読キャンペーン、今号は全文読めます

 FENは記事の中の「続きを読む」以降は有料購読者のみご覧頂いておりますが、毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」として、どなたでも記事をお読みいただけます。
 まずは「続きを読む」にクリックをどうぞ。

今週のトピックス

〈新サービス〉
スマホで予約、店頭受け取りサービス開始

 ローソンはスマートフォンのアプリで朝8時までに予約し、18時以降、指定したローソン店舗で生鮮品などを購入、受け取ることができるサービス「ローソン フレッシュ ピック」を6日、東京都世田谷・渋谷区、神奈川県川崎市、横浜市の一部地域の約200店で開始した。

≫続きを読む

〈自社セミナー〉
「HACCPにどう対応するか」無料セミナー開催

 平井カンパニー(東京都新宿区、平井智樹社長)は生鮮プロセスセンターをテーマに定期的に無料セミナーを開催している。今回は新宿コズミックセンター(東京都新宿区)で4月12日に開催する。「HACCP義務化にどう対応するか」と題し・・・

≫続きを読む

〈展示会情報〉
「美食女子グランプリ2018」決定

 FOODEX JAPANの恒例イベント「美食女子グランプリ2018」の発表と表彰式が6日行われた。モデルや栄養士らの他、一般公募で選ばれた女性審査員たちが次のトレンドを予測して「本当に買いたい、食べたい」と思う食品を選び、4部門のノミネート製品から各グランプリを発表した。

≫続きを読む

〈防災備蓄食〉
防災食の市場規模2016年は189億円

 東日本大震災から7年。永谷園はフリーズドライご飯など10種類を詰め合わせた「防災備蓄食セット」をこのほど通販限定で新発売した。フリーズドライご飯はご飯を炊いてから真空乾燥凍結したもので熱風乾燥に比べて・・・

≫続きを読む

〈新製品〉
業界初、Androido7.1搭載のラベルプリンタ

 サトーHDはAndroido OSを採用した業界初のスタンドアロン型ラベルプリンタを開発し、食品、小売業向けに5日から発売を開始した。データ保管・配信用の新たなクラウドサービスやIoTを搭載し「誰でも」、「どこでも」、「ワンストップ」でラベル発行ができる。

≫続きを読む

〈販促イベント〉
「マヨカフェ」今年はキッチンカー

 キユーピーは3月1日のマヨネーズの日に合わせて「キユーピーマヨカフェ」の期間限定キャラバンを東京ミッドタウン(六本木)のイベント広場で開始した。キユーピーマークで彩ったキッチンカーで「マヨネーズマジック」を生かしたオリジナルメニューを販売する。名古屋、大阪でも順次開催する。

≫続きを読む

〈設備投資 
釧路に3温度帯新センター

 国分グループ国分北海道(札幌市、黒澤良一社長)は3温度帯総合センターの「釧路総合センター」を釧路市星が浦大通5-1-26に新設した。25日から稼働開始する。釧路地区には常温センター2拠点、低温センター2拠点で運営をしているが・・・

≫続きを読む

〈設備投資◆
気仙沼に新工場を建設

 ヤヨイサンフーズは宮城県気仙沼市に新工場を建設すること決め、5日概要を明らかにした。80億円の投資を予定している。旧気仙沼工場は2011年3月の東日本大震災で生産停止となり、その後大牟田市の九州第二工場や気仙沼松川工場を新設して・・・

≫続きを読む