FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

新工場稼働、冷凍おはぎの需要取り込む
蠅擦鵑砲繊‥賃綵室卍

 玉子焼きやおぼろなどの業務用冷凍食品を製造販売する蠅擦鵑砲(大阪府吹田市)は冷凍あんこの生産拠点を大阪から埼玉県吉川市に移し、今年9月新工場を稼働した。冷凍あんこに加え、冷凍おはぎの自社製造に初めて取り組む。田代充社長は「和風スイーツの人気や調理現場の人手不足を背景に需要は伸びる」として…

≫続きを読む

食品工場訪問記

大物経営者3氏が立ち上げ、その後キユーピー独資に
キユーピーグループ コープ食品 東北工場(下)

 キユーピーの100%出資生産子会社、コープ食品は全農(当時全国販売農業協同組合連合会)とキユーピー、ニチレイ(当時日本冷蔵)が共同で1961年(昭和36年)に設立した。共同(Cooperation)で立ち上げたことを社名に反映させた。全農の石井英之助会長が日本冷蔵の木村鑛二郎社長、キユーピーの中島董一郎社長(いずれも当時)に共同事業を呼び掛けたとされている。

≫続きを読む

新製品

かく拌作業を自動化、業界初「とろみサーバー」

 福島工業はとろみのついた飲料を注出する新製品「とろみサーバー」を10月1日発売した。嚥下困難者用にとろみ水やとろみ煎茶を作ることができる。介護業界向けに提案し、作業負担の軽減、標準化によるサービス向上に貢献する。これまで介護業界にありそうでなかった画期的製品。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

食品企業の景況、5半期連続で低下

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業が7月に全国の食品関係企業を対象として実施した「2018年上半期食品産業動向調査」によると、食品関係企業の景況DI(動向指数)は、2017年下半期調査(前回調査)から3.1ポイント低下し、▲10.8となった。景況DIは2016年上半期以降、5半期連続で低下している。ただ、2018年下半期の景況DIの見通しは、▲4.2(2018年上半期比6.6ポイント上昇)となり…

≫続きを読む

「現場川柳」の作品を募集開始

 産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー(京都市)は第5回「現場川柳」の作品を募集している。12月16日まで。現場川柳は同社が定めた「センサの日(10月3日)」を記念して、製造や開発設計、物流、営業などのあらゆる現場にまつわる川柳を募集する企画。昨年は1万1300以上の作品が寄せられ、「火花散る インスタ映えぞ 我が職場」が大賞を受賞した。特別選考委員には…

≫続きを読む

栄養価計算ツールに市販用食品データ1万件追加

 健康食宅配サービスのファンデリー(東京都北区、阿部公祐社長)は管理栄養士や栄養士ら4万6000人以上が会員登録するコミュニティサイト「Foodish(フーディッシュ)」の栄養価計算ツール「栄ちゃん」に、このほど市販用食品のデータを1万件追加した。利便性向上を図る。「栄ちゃん」は無料で利用でき、管理栄養士らが献立の作成や摂取した食事の栄養価を計算する際に…

≫続きを読む

設立60周年に向け新たなブランディング開始

 産業用ボイラのトップメーカー三浦工業(愛媛県松山市)は来年5月に設立60周年を迎えるが、これに先駆け新たなブランディング広告を10月1日から展開している。キャッチフレーズをこれまでの「ワク沸クミウラ」から「そのひらめきに、愛はあるか。」に変更した。コーポレートマークの「i」に込められた力強さの象徴、ひらめきから採用した。

≫続きを読む
NEWS headline

高鮮度保存は「冷蔵」の時代へ
モロッコで実証、低温物流で産業発展に貢献

 生鮮食材を通常の冷蔵庫の3〜10倍長期冷蔵保存する独自技術で注目を集める蝪唯腺劭 Company(マーズカンパニー、群馬県高崎市)は、JICA(国際協力機構)と業務委託契約を結び、モロッコで冷蔵保存技術の普及実証事業を10月から開始した。大野正樹社長は「モロッコにコールドチェーンを構築して、農水産品の需要拡大や高付加価値化を実現し、産業振興に貢献したい」と語る。モロッコはタコやイカ、甲殻類、イワシなどの…

≫続きを読む

HACCP義務化にどう対応するか、無料セミナー開催

 平井カンパニー(東京都新宿区、平井智樹社長)は生鮮プロセスセンター(PC)をテーマに定期的に無料セミナーを開催している。今回は新宿コズミックセンター(東京都新宿区)で11月15日に開催する。「HACCP義務化にどう対応するか」と題し、PCや小売店舗でのHACCP構築手法について、コストをかけず、規模と製造の特性に合わせた効果的な手法を紹介する。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈設備投資 
インドで新工場稼働、広い組立スペース確保

 包装機メーカーの大森機械工業(埼玉県越谷市、大森利夫社長)はインドの生産拠点「大森インド」の敷地内に3階建て新工場を建設し、このほど稼働した。組立スペースは既存工場と合わせると約6460屬砲覆蝓日本の本社工場を含む国内3工場よりも広いスペースを確保した。同社はインド市場進出を目的に…

≫続きを読む

〈設備投資◆
愛知県内に大型物流施設、冷凍冷蔵設備も

 大和ハウスグループの大和物流(大阪市)は大型物流施設を愛知県小牧市に建設する「小牧長治プロジェクト」をこのほど始動した。「小牧長治物流センターA棟(仮称)」に続き、「同B棟(仮称)」を10月1日着工した。竣工はA棟が来年5月末、B棟は9月末を予定している。東名高速道路の小牧ICや春日井ICから約4.5km。東名高速と中央自動車道が交わる小牧JCTにも近く、広域配送が可能な好立地に建つ。

≫続きを読む

〈先端技術 
史上初、中国で生鮮宅配にドローン活用

 中国の大手ECモール「京東商城」を運営する京東(ジンドン)集団(北京市)は上海ガニの配送に自社ドローンを使ったサービスを9月開始した。生鮮品の宅配で使用するのは「史上初となる」(同社)。上海ガニは陽澄湖(蘇州市)産が最高級とされる。京東は陽澄湖の湖畔から付近の配送ステーションまでのルートで、最大飛行半径10辧∈蚤臉兀槊10圓離疋蹇璽鵑鯣瑤个掘¬鵤格で配送する。

≫続きを読む

〈先端技術◆
移動、設置が簡単な協働ロボットを発売

 安川電機は6軸垂直多関節の人協働ロボットMOTOMAN(モートマン)-HC10DTと手押し台車を組み合わせたハンドキャリータイプをこのほど発売した。ロボットを1カ所に固定することなく、必要とされる工程や作業エリアに簡単に移設することができる。台車部分にあるハンドルを回すだけで、車輪や固定器具が昇降し、設置場所での固定や移動時の固定解除が可能になる。

≫続きを読む

〈衛生管理〉
虫の通り道に巻くだけ、防虫機能付き結束バンド

 クラレのグループ子会社で「マジックテープ(登録商標)」の製造開発会社クラレファスニング(大阪市)はマジックテープに防虫機能を付けた結束バンドを工業用プラスチック製品メーカーの螢縫奪ス(横浜市)と共同開発した。両面タイプの面ファスナーにアリやクモ類、ムカデ類など様々な虫が嫌う忌避成分「エトフェンプロックス」を配合した。

≫続きを読む

〈新規参入 
キッコーマンが冷凍惣菜を新発売

 キッコーマンはしょうゆもろみなど発酵調味料を使った冷凍惣菜4品を「キッコーマンこころダイニング」で11月1日から発売する。冷凍惣菜は同社にとって「新たなカテゴリー」(同社)。こころダイニングは今年発足した新ブランドで、「発酵のある暮らし」をコンセプトにしょうゆもろみなどの調味料をアンテナショップと通販で販売している。今回発売する冷凍惣菜は「最上(もがみ)鴨のロース煮〜山椒風味〜」…

≫続きを読む

〈新規参入◆
牛角が宅配弁当に参入、Uber Eats導入

 レインズインターナショナル(横浜市)が運営する牛角は、東京都内2店舗限定で焼肉弁当のデリバリーを10月4日開始した。話題の料理配達サービスUber Eats(ウーバーイーツ)を導入した。メニューはいずれもカルビを使った焼肉弁当(1200円)と黒毛和牛弁当(1600円)の2種類。「通常店舗では食べられないデリバリー限定商品」(同社)だという。料金は弁当代のほか、380円以上の配送手数料が必要になる。

≫続きを読む

〈新規参入〉
植物工場に新規参入、生産から輸送まで一括管理

 セイノーホールディングスは植物工場の運営に新規参入し、来年6月事業を開始する。セイノーグループの東海西濃運輸が事業を立ち上げ、岐阜県内に2階建て倉庫を建設する。植物工場は2階部分の3960屬鰺用する。今回の新規事業では農業ベンチャーのファームシップ(株)(東京都中央区)と業務提携するが、生産から輸送まではセイノーグループが一括管理する。

≫続きを読む