FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

すべての作業は音声認識に置き換えられる
味の素エンジニアリング
渡辺 秀治マネージャ

 食品工場の建設から生産設備の導入、空調、給排水、自動制御、物流まで総合的なサービスを手がける味の素エンジニアリング。実績は40年。近年は食品工場向けに、音声認識システムによる「在庫管理」にも力を注いでいる。

≫続きを読む

食品工場訪問記

食肉処理場を併設、衛生管理を徹底
プレコフーズ
北東京配送センター(上)

 プレコフーズは得意先を飲食店に特化した食品卸。メイン商材は食肉。その他の様々な食品と合わせて、1回の注文1000円以上から納品する。朝6時までに発注すれば関東一円に受注当日、少量多品種納品する。これを実現しているのが都内5つの、食肉処理場を併設した物流拠点。このうち昨年10月に開設した最新拠点を訪問した。

≫続きを読む

新製品

小型防水で300kgまで計量

 クボタは小型防水タイプの吊りはかりを今月販売開始した。既存の製品(50kg〜10t用)に、今回60kg、150kg、300kg用の3機種を追加し、重量が軽くても対応できる製品ラインナップを拡充した。

≫続きを読む

新技術

焼売は「2層包み製法」、炒飯は「W炒め製法」

 味の素冷凍食品は冷凍食品の春の商品施策として「おいしさイノベーション!」をテーマに、市販用で新技術を取り入れて人気商品の焼売と炒飯の価値を大幅に高める。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

アフリカ進出企業、87%が治安不安視

 日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表した調査結果によると、アフリカに進出している日系企業のうち87.8%が治安など「政治的・社会的安定性」を不安視していることがわかった。2007年に比べ、15.7ポイント上昇した。

≫続きを読む
NEWS headline

音声ソリューション導入で生産性30%向上

 関東で食品物流事業を展開する北王流通は、川崎市の浮島営業所の冷凍・冷蔵倉庫に、ヴォコレクトの音声物流ソリューション「Vocollect Voice」を導入した。出荷業務の大幅な時間短縮により、生産性が30%向上した。

≫続きを読む

八戸の新工場完成で缶詰拡販

 宝幸が青森県八戸市に建設していた缶詰、レトルト食品の新工場が2月に竣工する。現在の八戸工場の隣接地。生産量は現状の約6000tから約1万2000tに倍増する。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

ニュースフラッシュ

コンビニがコーヒーマシン積極導入

 コンビニエンスストア各社が、淹れたてを提供するコーヒーマシンの導入に力を入れている。ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップに続き、最大手のセブン‐イレブン・ジャパンが「SEVEN CAFE」ブランドで今月から順次導入を開始している。

≫続きを読む

日清食品HDが八王子に新研究所

 日清食品ホールディングスは東京都八王子市の自社所有地に新研究所を建設する。国内に分散している事業会社の研究所や開発部門を集約し、商品開発の効率化を図る。今年11月完成予定。設備投資額は約63億円。

≫続きを読む

バングラデシュで包装工場稼働

 味の素はバングラデシュの首都ダッカ郊外にあるトンギ地区に、コンシューマー向けのうま味調味料「味の素」の包装工場を建設し、今月から本格稼働を始めた。

≫続きを読む

味噌業界初のハラル認証取得

 ひかり味噌は味噌業界初のハラル認証を取得した。これにより、50兆円とも推測されるハラル食品市場に輸出が可能になり、イスラム圏で日本食や味噌の認知と拡販に注力する。

≫続きを読む

気仙沼の水産加工会社支援へ

 復興庁・宮城復興局は東京商工会議所で「地域復興マッチング『結の場』〜被災地域の経済復興を加速するためのマッチングの機会創出〜」を16日開催した。

≫続きを読む

大槌漁港加工場用地の占有者決まる

 岩手県は大槌漁港内の加工場用地で水産加工を行なう事業者を平庄に決めた。用地面積は4122屐8は「資力・資金計画など審査基準を満たしていることから占有予定者に決定した」としている。

センター先導でリサイクル啓発を

 有機質資源再生センターは賀詞交歓会を東京麹町の弘済会館で25日開催した。メーカーや流通、問屋の環境担当者が多数参加した。

≫続きを読む

デリカアドバイザー養成10月スタート

 日本惣菜協会は惣菜専門店、スーパー・デパ地下などの惣菜売場・販売店の従業員を対象にした「デリカアドバイザー」養成研修を10月からスタートする。

≫続きを読む

食品と放射能理解増進へ、チーム設置

 消費者庁は省内に「食品と放射能に関する消費者理解増進チーム」を設置した。食品と放射能に関するコミュニケーションの強化を進め、風評被害の防止を図る体制を強化するため設置した。

≫続きを読む

こだわり食品フェア、来月13日から

 食品産業センターは「こだわり食品フェア2013」を東京ビッグサイトで2月13日〜15日開催する。食品スーパーや百貨店などのバイヤーを対象とした素材・製法・安全・健康にこだわる「食」の専門展。

≫続きを読む

Webセミナー

阿部万寿雄の「食の安全」と「ものつくり」 −33−
工場運営のポイント ―損益分岐点について―

 自分が働く工場の損益分岐点をご存じだろうか? 年間で分岐点がいくら、月間でいくら、1日いくらか考えたことがあるだろうか。

≫続きを読む