FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

ポーランドの高性能機器を日本に紹介
ラディクス 稲坂裕実代表取締役

 食肉機械や食品資材を輸入販売しているラディクスは大型食肉機械を販売する会社としては後発組に属するが、ポーランドのノヴィッキ社製の食肉加工機の取扱いを開始して以来、大きく飛躍してきた。導入を開始した当初はポーランドの事を知っている日本人がほとんどおらず、文化の紹介から始めたという。

≫続きを読む

食品工場訪問記

日産10万食、近畿圏中心に食事提供
日清医療食品 ヘルスケアフードファクトリー亀岡

 日清医療食品は国内最大級のセントラルキッチン(工場)「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」を8月26日、京都府亀岡市に竣工した。医療・福祉施設で提供する一般食、治療食の同社ブランド食『モバイルプラス』を1日当たり10万食製造可能で、近畿圏をはじめ一部関東圏にも配送する。

≫続きを読む

新製品

IoT利用向け、低消費電流の通信モジュール

 KDDIは法人向けに、3GPP標準規格のLTEカテゴリー1に対応した、IoT利用に最適な小型LTE通信モジュール「SKM32」の提供を8月31日開始した。回路設計の見直しとファームウェアを最適化して、消費電流の削減を追求した。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

青森県内に初の物流拠点を開設

 センコーは青森県で初の物流センターとなる「青森物流センター」を青森県五所川原市金山亀ヶ岡94−1に1日開設した。敷地面積6612屐延床面積4000屐∩匕北明3694屬療換2階建て。センター運営は、センコーグループの東北センコーが行う。

≫続きを読む

インドネシアにパッケージングフィルム生産合弁会社を設立

 東洋紡は透明蒸着フィルム「エコシアール®」とパッケージ用ポリエステルフィルムの製造販売について、インドネシアのフィルムメーカー、PT. TRIAS SENTOSA, Tbk社(=TRIAS)と合弁会社を設立する。東南アジア大手のフィルムメーカーであるTRIASと協業し、透明蒸着フィルムの海外展開を加速する。

≫続きを読む

乳酸発酵豆乳飲料の整腸効果を確認

 キッコーマンキッコーマンソイフーズは豆乳を乳酸菌で発酵した乳酸発酵豆乳飲料の整腸効果をヒト試験で確認した。豆乳を2つの乳酸菌で発酵し、加熱殺菌した乳酸発酵豆乳飲料を、2週間連続摂取した時の整腸効果を確認した。

≫続きを読む

回転寿司チェーン初の糖質制限メニュー

 回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションは糖質制限意識の高まりを受けて、糖質オフシリーズを全国のくら寿司396店舗で8月31日発売した。同社によれば「回転寿司チェーン初の糖質制限メニュー」だという。

≫続きを読む

イタリアンジェラートのセミナー、都内で9月27〜28日

 イタリアの菓子製造機械メーカー、カルピジャーニ・グループの日本法人、カルピジャーニ・ジャパン(株)(東京都世田谷区、ロレンツォ・スクリミッツィ社長)はイタリアンデザートのスペシャルセミナーを東京本社で9月27〜28日開催する。

≫続きを読む

水産タイムズ社新刊、学校図書館選定書に

 (公社)全国学校図書館協議会(SLA)は、水産タイムズ社の新刊『首都圏の食を支える冷蔵倉庫』〜冷蔵倉庫を「あるく、みる、きく」2〜」』を学校図書館にふさわしい書籍として「全国学校図書館協議会選定図書」に選んだ。選定書籍は同協議会の機関誌「学校図書館速報版」11月1日発刊号(予定)で全国の学校図書館に通知する。

NEWS headline

ビッグサイトで 食品関連4展共催、9月13〜15日

 食品に関連するフードセーフティジャパン(FSJ)フードファクトリー(FF)フードシステムソリューション(F -SYS)に今年から新たにフードディストリビューション(FD)が加わり、東京ビッグサイトで9月13日〜15日開催される。

≫続きを読む

新たな原料原産地表示制度が施行

 新たな加工食品の原料原産地表示制度を定めた食品表示基準の一部を改正する内閣府令が1日公布・施行された。約5年の移行期間を経て2022年4月に完全施行になる。改正後は国内で製造される全加工食品について、重量割合1位の原材料の原産地表示が義務化される。

≫続きを読む

お知らせ

無料試読キャンペーン、今号は全文読めます

 FENは記事の中の「続きを読む」以降は有料購読者のみご覧頂いておりますが、毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」として、どなたでも記事をお読みいただけます。
 まずは「続きを読む」にクリックをどうぞ。

今週のトピックス

<フードセーフティー>
食品安全の基本は洗浄にあり

 クレオはフードセーフティーで、「洗浄機器・洗剤などのハード」、「サニテーション技術のマニュアル化などのソフト提案」、「最適な洗浄を維持するメンテナンス」で『洗浄のクレオ』をアピールする。特に食の安全・安をキーワードに、来場者の課題を解決するソリューションを提案する。今回は安全に安定して殺菌水を生成する炭酸次亜水生成システムを出展する。

≫続きを読む

<フードファクトリー>
CCDカメラとバーコードスキャナーでラベルチェック

 寺岡精工は食品ラベル検査工程でのミスをチェックできる高精度自動ラベル検査装置「LIS-CS」を8月中旬全国発売した。この装置は東京ビッグサイトで開催される「フードファクトリー2017」に出品される。

≫続きを読む

<フードシステムソリューション>
省人化と食品の安全安心に対応

 業務用厨房機器メーカーの福島工業は、フードシステムソリューションで「人手不足とHACCP義務化のお悩みにお応えします!」をテーマに出品する。ブラストチラーコーナーでは清掃にかかる手間の大幅削減と手順の平準化が出来る自動洗浄機能付きタイプを出品する。

≫続きを読む

<展示会 
ジャパンパック、前回上回る規模で開催

 (一社)日本包装機械工業会(大森利夫会長=大森機械工業社長兼CEO)はジャパンパック(日本国際包装機械展)を東京ビッグサイトで10月3〜6日開催する。包装を軸に製品の製造から流通までを網羅した包装関連の日本最大級の展示会。

≫続きを読む

<展示会◆
医療・理化学・食品業界向けの合同展示会

 福島工業IKAジャパンアズワン日本製紙クレシアは共同出展メーカーと医療・理化学・食品業界向けの展示会「新製品・新技術コラボセミナー」を9月13日から11月16日までに全国9会場で開催する。

≫続きを読む

<展示会>
食品業界に最新情報を発信する専門展示会

 食品製造・加工、物流、小売までを網羅し、安全・安心な「食のインフラ」を提供するイシダは東京秋葉原で「イシダフェアinTOKYO」を5〜6日開催している。最新システム・機器の展示ブースで食品業界の経営のヒントや課題を解決する提案を行っている。

≫続きを読む

<集客 
スマートフォンを活用し集客を強化

 カスミトランスコスモスは協業で、スマートフォンからの集客強化のため、グランドデザインが提供する生活者と店舗・ブランドをつなぐプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッチャモール)」に参画した。

≫続きを読む

<集客◆
広告と料理動画をあわせた新たな電子チラシ

 凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、クックパッドと共同で、広告商品を開発した。第1弾として、「Shufoo!」の人気広告メニューとクックパッドが提供する「cookpad TV」の料理動画広告を組み合わせた新たな広告メニューを8月30日提供開始した。

≫続きを読む

<IT活用 
人員配置をAIで最適化

 NECと医薬品卸売業大手の東邦ホールディングスはAIを活用し、倉庫運営での人員配置の最適化を行う実証実験を7月実施し、システムの有効性を確認した。NECはこのシステムを使ったサービスを卸業界を中心に2017年度中に提供開始する。

≫続きを読む

<IT活用◆
倉庫運営の最適化を支援するソリューション

 アビームコンサルティングは物流センターを運営する企業を対象に、倉庫運営を最適化するソリューション「ABeam Predictive Warehouse Management (PWM)」を提供開始する。IoTやAI技術を活用し、データ起点の意思決定による倉庫運営の最適化と運営プロセスの自動化や管理業務の省力化・省人化を支援するソリューション。

≫続きを読む

<IT活用>
「Sigfox」を活用した物流IoTサービスに参入

 双日アイ・サイナップ京セラコミュニケーションシステムは、新無線通信技術「LPWA」の1つであるIoTネットワーク「Sigfox」を活用した物流IoTサービスの提供で協業を開始した。双日はSigfoxを活用した物流IoTサービスの提供、アイ・サイナップはSigfoxに対応したセンサ・デバイスの開発・・・

≫続きを読む

<雇用創出 
太陽光発電システムの下でキクラゲを栽培

 再生可能エネルギー事業を専門に取り扱うサステナジーは、「登米善王寺太陽光発電所」と「加美八幡堂太陽光発電所」で、太陽光発電とキクラゲ栽培を両立するソーラーシェアリング事業を開始した。

≫続きを読む

<雇用創出◆
高床式砂栽培農業施設を活用して地域雇用を創出

 東レ建設国際電気通信基礎技術研究所、グリーンファーム、シスコ、東レ、東京農業大学、大阪市立大学、日本砂栽培協会、グリーンファームかずさで構成するコンソーシアムは、地域住民が参加する「シェアリング農業」の実証事業を1日開始した。

≫続きを読む