FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

リクエ事業は今期150億円超
三菱食品蝓〆監CL薀奸璽疋機璽咼綱槁長

 三菱食品の佐藤達也フードサービス本部長は「リクエ事業は今3月期で年商150億円超、13期連続の増収増益が見えている」と語る。事業の好調な推移に伴い、新物流センターが千葉県浦安市に最新のマテハン機器を導入してまもなく稼働する。今後の展開方針などについて話を聞いた。

≫続きを読む

食品工場訪問記

あんこ冷凍工場を稼働、生産能力100tへ
蠅擦鵑砲繊ゝ叛邱場

 玉子焼きやおぼろなどの業務用冷凍食品を製造販売する蠅擦鵑砲(大阪府吹田市、田代充社長)はあんこの冷凍工場を埼玉県吉川市にこのほど竣工し、9月3日から本格稼働した。業務用の冷凍あんこに加え、冷凍おはぎの自社製造に初めて取り組む。最新設備を導入し生産能力をこれまでの1.5倍、月産100tまで…

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

カップサラダの新工場、群馬県で稼働

 惣菜ベンダーのサトウ産業(新潟県魚沼市、佐藤総一郎社長)は新工場を群馬県前橋市に竣工した。13日から本格稼働する。敷地面積は約9500屐床面積は約3200屐E換造り平屋建て。関越自動車道の渋川伊香保ICや前橋IC、北関東自動車道の伊勢崎ICから車で15分程度と好立地。

≫続きを読む

大阪木津市場に食品加工場を建設

 鴻池運輸は大阪木津卸売市場(大阪市浪速区)に海外向け高級和食食材の食品加工場を建設する。着工は今年9月。稼働は来年4月を予定している。投資額は約6億円。世界的な和食ブームを背景に、高級和食食材の輸出ビジネスを開始する。新工場は輸出ビジネスのプラットフォーム拠点という位置づけで…

≫続きを読む

国内外の包装機械事業が好調

 包装機メーカーのゼネラルパッカー(愛知県北名古屋市、牧野研二社長)は前7月期の連結業績を7日発表した。売上高は前期比6.7%増の70億9800万円、営業利益は26.6%増の3億7200万円、経常利益は26.6%増の3億7600万円、純利益は37.9%増の2億6000万円と増収増益を達成した。

≫続きを読む

無印良品で冷凍食品50品を販売

 無印良品を展開する衫鰭雰弉は冷凍食品の販売を28日から限定4店でスタートする。「素材を生かしたお惣菜」、「素材を生かした世界のごはん」、「日本の飲茶」、「世界の煮込み」、「焼きたての美味しさ」の5つのシリーズで、化学調味料を使わず、中身が見えるパッケージで50品を店頭に…

≫続きを読む

生販物一体の関西キユーポート新設

 キユーピーは伊丹工場(兵庫県伊丹市)の跡地に、タマゴ加工品の生産拠点を中心とするグループの生販物一体型新拠点「関西キユーポート」を設立する。来年1月竣工、同春には稼働を予定している。新拠点により「関西エリアをターゲットに、タマゴ加工品の生産合理化を加速する」(同社)。

≫続きを読む

物流機器の売上げ、好調に推移

 日本ロジスティクスシステム協会は「2017年度 物流システム機器生産出荷統計」をこのほど発表した。調査対象はパレット用自動倉庫や無軌道台車システム、パレット搬送用コンベヤなど25機種。総売上金額は4626億4300万円(前年比0.1%増)とほぼ横ばいだが、3期続けて…

≫続きを読む
NEWS headline

食品関連5展、東京ビッグサイトで26日から
惣菜業界向けは初開催

 食品に関連した5つの専門展示会が東京ビッグサイトで26〜28日同時開催される。ヽ惺擦簓賊 高齢者施設の大量調理をテーマにした「フードシステムソリューション」、⊃の安全・安心がテーマの「フードセーフティジャパン」、食品工場の改善を提案する「フードファクトリー」、た品物流に特化した「フードディストリビューション」、ッ羶・惣菜工場の製造設備や衛生管理に焦点を当てた業界初の専門展「SOUZAI JAPAN」。東ホールに347社が集結する…

≫続きを読む

国際物流総合展が開幕、14日まで
ロボットなど先端技術が集う

 アジア最大級の物流・ロジスティクス専門展「国際物流総合展2018」が東京ビッグサイトで11日開幕した。隔年開催で13回目。「ロジスティクスの今を知り未来に触れる」をテーマに、過去最多の479社(2435小間)が出展した。14日まで。今回は人手不足対策や作業者の負担軽減を目的に、AIやロボットなどを活用したシステム機器の提案が目立つ。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

〈食品関連展示会 
短時間で冷却可能、真空冷却機を提案

 三浦工業は大量調理施設向けに国内シェアトップの真空冷却機「CMJ/CHシリーズ」を出品する。真空冷却機は槽内の圧力を低下させることで、加熱された調理物の水分蒸発を促し、気化熱で温度を奪うことにより冷却する。短時間で冷却できる利点を持つ。CMJシリーズは標準処理量が20〜40kgのバッチタイプ。冷却時に緩やかに減圧制御することで調理物の飛散や型くずれを抑制する。

≫続きを読む

〈食品関連展示会◆
ストレスフリーのセキュリティ対策

 紀文フレッシュシステムは「ストレスフリーなフードディフェンス」をテーマに、電界通信を利用したハンズフリー型入室管理システム「タッチタグ」を展示する。電界通信(人体通信)は、入室する従業員がリーダに触れることで人体の表面の電界が変化し、携帯しているタッチタグとの間でデジタル信号を送受信する技術。主な特長として.織阿録箸防佞韻襪世韻杷Ь擴椎宗↓■稗奪ードのように取り出してかざす必要がない…

≫続きを読む

〈食品関連展示会〉
冷蔵庫を24時間遠隔監視

 コンピュータソフトの企画開発会社、タイムマシーンはクラウド型の自動温度監視記録システム「ACALA MESH(アカラメッシュ)」を出品する。食品工場内の壁や冷蔵・冷凍庫内などにセンサ端末を設置するだけで、温湿度の測定データをセンサからクラウドに毎分自動送信する。あらかじめ設定した温湿度範囲を逸脱すると、電話やメール、ブザーで発報するため、繁忙時間や休日中の異常も…

≫続きを読む

〈海外輸出〉
自動中華調理機「ロボシェフ」海外にも

 螢┘燹Ε▲ぁΕ院が開発した自動中華調理機「ロボシェフ」は発売から10年以上経過するが、人手不足による需要増に加え、近年は海外の日本食ブームに合わせて輸出も増加傾向にあるという。ロボシェフは、食材を中華鍋(直径42cmか34cm)に投入するだけで炒飯などが調理できる機器。中華鍋自体が平面回転するほか、へらとらせん状のループが回転しながら具材を均一に撹拌するため人が鍋を振る必要がない。

≫続きを読む

〈容器開発〉
マヨネーズ「3つ穴」できれいに演出

 キユーピーは「マヨネーズ350g」に3つ穴キャップを採用し8月から全国発売している。従来のキャップの細口よりもさらに細く、3本同時に線描できるとして、子どものいる家庭や若者向けに料理を見栄え良く演出できることをPRしている。このほど報道陣向けに活用講座をマヨテラス(東京都調布市)で開催した。キャップを開けると細口の3つ穴で線描でき、キャップをボトルから外すと星型のしぼり口が現れる。

≫続きを読む

〈健康サポート〉
スマートミール認証第1号、健康経営を応援

 法人向け宅配弁当の製造販売会社、い和多(東京都中央区、岩田将東社長)は、日本栄養改善学会など7学協会が今年創設した健康な食事・食環境認証制度で「スマートミール(健康な食事)」を提供する第1号事業者(中食部門)にこのほど認定された。この制度は外食や中食、事業所給食で主食、主菜、副菜が揃った栄養バランスの良い食事を提供する店舗、事業所を認証するもので、企業が進める健康経営を食生活の面で後押しする。

≫続きを読む

〈コンビニ〉
新型カフェマシン導入、ペーパードリップ式に

 ファミリーマートは挽き立てコーヒー「ファミマカフェ」に新型マシンを導入する。10月上旬から入れ替えを開始し、今期中に約5400台を導入、来期中に全店で切り替える。マシンのマイナーチェンジは繰り返してきたが、機種を変更するのは2013年の販売開始以降、初めて。抽出方法は既存マシンのエスプレッソ方式からペーパードリップ式に変更し、コクとすっきりした味わいを追求した。

≫続きを読む