FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

物流の作り変え必要
日本アクセス 佐々木淳一社長

 日本アクセスの佐々木淳一社長は「1次物流、2次物流の次元を超えた全体最適へ、物流の作り変えが必要」と訴える。主張の背景には、昨年頻発した災害の教訓もある。インフラ投資への考えなどを聞いた。

≫続きを読む

食品工場訪問記

冷凍おにぎりラインを新設、既存工場の労務軽減に
ハチカン(上)

 日本水産グループのハチカン(青森県八戸市、小笠原一芳社長)は新設した冷凍おにぎりラインが昨年10月から稼働を開始、順調な立ち上がりを見せている。夜勤の削減など既存工場の負荷軽減が目的の一つだが、炊飯に釜炊き方式を採用することで新カテゴリーのおにぎりも生産可能になった。これによりハチカンの冷食生産量は一気に増える。2017年度の冷食生産は1万4147tだったが、今年度は1万6161tを計画。来期は2万tを超える見通しという。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

電子レンジ専用調味料を発売

 味の素は電子レンジ専用の液体調味料「かけてチン♪温菜おかず」を2月18日全国発売する。野菜にかけて電子レンジ調理するだけで、おかずがもう1品できる。食材の水分に的確にマイクロ波が届く、電子レンジ調理に最適な濃度と粘度に配合する技術は特許出願中。

≫続きを読む

石臼製粉機を海外に初輸出

 製粉飼料用機械メーカーの明治機械(東京都千代田区、中尾俊哉社長)は100%子会社衞原製粉機(長野市、日根年治社長)が業務用途としては初めて海外に石臼製粉機を輸出したとこのほど発表した。導入先は台湾の菓子・健康食品メーカー、福義軒食品(嘉義県)。輸出した石臼製粉機IU−540型は大型店舗・製粉工場向けで…

≫続きを読む

国内全店舗でプラ製ストローの提供廃止

 リンガーハットはグループの国内全店舗でプラスチック製ストローの提供を14日までに廃止した。海外店舗でも順次廃止する予定。希望する客には「紙製ストロー」を提供する。国内店舗は10日現在でリンガーハット671店、とんかつ濱かつ102店、とんかつ大學5店、長崎卓袱浜勝2店。

≫続きを読む

大豆たん白素材の新工場を建設

 不二製油は千葉工場(千葉市)内に大豆たん白素材製品の新工場を建設すると10日発表した。建築面積1456屐1箴果明2173屐G間9000tの生産能力を持つ。着工は今年4月。操業は来年4月を予定している。投資額は24億円。

≫続きを読む

食品業界初、アレルギー配慮レシピ共同開発

 オタフクソース永谷園日本ハムハウス食品は4社共同で食物アレルギー配慮レシピを開発し、各社のホームページで10日公開した。食品業界初の試み。4社とも特定原材料7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)不使用のアレルギー配慮商品を持っており…

≫続きを読む
NEWS headline

フィンランド発、そら豆の次世代ミート初上陸
春夏新商品18品をラインナップ

 ひかり味噌󠄀(長野県下諏訪町、林善博社長)は春夏新商品の発表会を東京の銀座NAGANOで11日開いた。植物性たんぱく質を使った食肉風のグルテンフリー商品など全18品を揃えた。注目はそら豆を主原料としたフィンランド発のそぼろ状加工食品「HÄRKIS(ハーキス)」。日本初上陸となる。フィンランドでは2016年に発売されたばかりだが、大豆ミートやフェイクミートに続く次世代ミートとして注目を集めており…

≫続きを読む

新モデルの検査測定器、専用アプリで管理しやすく

 キッコーマンバイオケミファはATPふき取り検査測定器の新型モデル「ルミテスター Smart」を23日発売する。専用アプリと連動させるなどデータ管理を容易にした。専用アプリ「Lumitester」に検査ポイントを登録すると、測定データを時系列で表示し、検査結果の合格率グラフを自動で作成する。改善効果がひと目でわかり…

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈賀詞交歓会 
包装界10団体、SDGs達成に向け技術開発を

 日本包装技術協会をはじめ包装関連10団体は合同の新年会を東京目白の椿山荘で9日開催した。主催団体を代表して同協会の藤重貞慶会長(ライオン相談役)は国連がSDGs(持続可能な開発目標)で食品ロス削減や廃棄物排出量の大幅な削減を課題提起していることにふれ、「適正な内容量の設定、賞味期限や品質保持期限の延長、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の強化など…

≫続きを読む

〈賀詞交歓会◆
冷蔵倉庫業界、人手不足など重要課題に対応

 日本冷蔵倉庫協会東京冷蔵倉庫協会は合同の新年賀詞交歓会を9日、東京芝公園の東京プリンスホテルで開いた。600人以上が出席し、活気あふれる1年のスタートとなった。日冷倉協の大谷邦夫会長(ニチレイ社長)は「昨年の冷蔵倉庫業界は総じて順調な業績だったが、業界を取り巻く環境は決して楽観できない。足元の人手不足への対応や労働時間の適正管理、『働き方改革』への積極的な参画…

≫続きを読む

〈賀詞交歓会〉
ロジ協、企業間連携のプラットフォーム構築へ

 日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は新年賀詞交歓会を東京大手町の経団連会館で10日開催した。遠藤信博会長(日本電気会長)は主催者挨拶で「ロジスティクスは企業活動を支える重要なプラットフォーム。我々がめざすSociety5.0(スマート社会)を実現するためにロジスティクスシステムのさらなる効率化、高付加価値の提供が必要になる」とし…

≫続きを読む

〈賀詞交歓会ぁ
日冷工、代替フロンの段階的削減を

 日本冷凍空調工業会は新年賀詞交歓会を東京品川の東京マリオットホテルで11日開催した。冷凍空調や設備機器メーカーなど業界関係者約400人が参集した。高木俊幸会長(パナソニック常務執行役員 アプライアンス社エアコンカンパニー社長)は主催者挨拶で昨年の主要製品の国内出荷状況について「猛暑をしのぐ酷暑の影響で業績は前年を上回り、中でもルームエアコンの出荷台数は…

≫続きを読む

〈賀詞交歓会ァ
モバックショウを景気浮揚の契機に

 日本製パン製菓機械工業会は賀詞交歓会を東京大手町のKKRホテルで15日開催した。主催者挨拶は体調不良で欠席した増田文治理事長(マスダック社長)に代わって、原田淳一副理事長(光陽機械製作所社長)が登壇し「2019モバックショウを2月に開催する。今年は新元号制定という歴史の節目にあたり、東京オリパラ開催ムードが高まっている。製パン製菓業界の…

≫続きを読む

〈設備投資 
子会社の魚沼醸造3月開業、世界最大級の米糀工場を竣工

 マルコメ(長野市、青木時男社長)は2017年に設立した100%子会社の魚沼醸造蝓平軍禪魚沼市、青木時男社長)を3月5日開業するとこのほど発表した。世界最大級の米糀工場を昨年12月に竣工した。敷地面積4万24屐E換造り2階建て。延床面積1万436屐J凪颪篏禊甜鬚覆蒜間約2700t(乾燥米麹換算)の生産能力を持つ。投資額は約83億円。

≫続きを読む

〈設備投資◆
鹿児島に新センター開設

 シモハナ物流(本社広島県坂町)は鹿児島市に「鹿児島物流センター」(仮称)を新設し、10月から操業を開始する。九州の自社物流網を拡大し、顧客サービスの向上を図る。今月着工する。投資額は12億円。2009年に九州初の自社物流センターを福岡に新設したのを皮切りに、小倉(12年)、福岡第2(13年)、熊本(15年)、鳥栖(18年)と…

≫続きを読む