FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

クックパッドの小規模事業者向け戦略

 クックパッド(東京都渋谷区、岩田林平代表)が運営する生鮮食品EC「クックパッドマート」は市場や農産物直売所などと連携し、各地域の販売者・生産者の商品をまとめて集荷する共同集荷サービスを2019年9月に開始した。取り扱いアイテム数の少ない小規模な販売者・生産者でも、初期費用・固定費用無料でクックパッドマートに出店することを可能にした。水産関連では川崎市中央卸売市場北部市場

≫続きを読む

食品工場訪問記

コロナ感染者が発生時の情報開示はどうする?

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。食品関連でも感染者の発生事例が出始めている。これまでは感染をいかに防ぐかが対策の中心だったが、現在は感染者が実際に発生した場合の対応に備える段階にある。リスクマネジメントは新たな局面を迎えている。食品工場で感染者が発生した場合、その事実を公表するか否かの判断が求められる。すでにスーパーや…

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

塚田農場の食材を販売、コロナ休業を支援

 食品宅配事業を全国展開するオイシックス・ラ・大地(東京都品川区、高島宏平社長)は、「Oisix 産直おとりよせ市場」のサイトに外食産業支援の専用販売ページをこのほど開設した。螢─次Ε圈璽ンパニー(東京都港区、米山久社長)が運営する居酒屋チェーン「塚田農場」の看板メニュー「黒さつま鶏」のセット商品を冷凍で販売する。

≫続きを読む

生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ開催

 クックパッドは食イベントの中止・延期が相次ぐ中、オンラインマルシェの「#おうちで楽しもう」を毎週金曜の午前0時から日曜の深夜24時まで開催する。中小の生産者や販売者に出品を広く呼びかけており、青果・鮮魚・精肉・加工品などのカテゴリー別や、商店街、朝市などのイベントごとに内容を企画する。外出自粛が中長期に続く見込みが高いことから、一時的な生産者支援ではなく…

≫続きを読む

警備ロボに消毒液散布の新機能を搭載

 物流支援ロボットや無人フォークリフト、宅配ロボットなど自動運転モビリティの開発を手がけるZMP(東京都文京区)は、5月に発売する新製品の警備ロボット「PATORO(パトロ)」に消毒液散布のオプション機能を搭載するとこのほど発表した。新型コロナの拡大で店舗や倉庫、工場などは頻繁に消毒作業を行う必要があり…

≫続きを読む

無菌充てんの常温保存豆腐、国土強靭化事例に採用

 森永乳業は常温保存可能な「森永とうふ」シリーズが4月に発行された「国土強靭化 民間の取り組み事例集」(内閣官房国土強靭化推進室)に選定されたと発表した。災害備蓄用としての推進活動が高く評価された。「森永 絹ごしとうふ」と「お料理向き 森永とうふ」は無菌充てん包装(アセプティックブリック)を採用し、常温での保存期間を製造から7.2カ月(216日)に延ばした。

≫続きを読む

「スーパーフード」を使った新サラダ

 サラダクラブは栄養価の高いスーパーフードを使った新商品2品を22日から全国で発売する。健康志向がより強い人向けにラインナップを拡充する。「グリーングランサラダ カーリーケール&ビーツ」はサニーレタスとグリーンリーフレタスをメインに、スーパーフードのカーリーケールやビーツを配合した。

≫続きを読む

おにぎり包材を植物由来に

 ローソンはおにぎり包材の一部に植物由来のバイオマス原料を使用、包材の厚みを薄くするなどの仕様変更で年間約153tのプラスチック削減を見込む。全商品の手巻おにぎりのフィルムにバイオマス原料を配合し、カットテープ部分の厚さを薄くする。一部商品を除いた直巻おにぎりでは…

≫続きを読む
NEWS headline

展示会中止が相次ぐも、創意工夫で危機克服
キーワードはオンラインイベント

 新型コロナ感染拡大の影響で食品機械関連の展示会やセミナーが軒並み開催中止になる中、独自のアイデアで巣ごもり需要を掘り起こしたり、自社製品を紹介するWEB展示会を開催したりする動きが広がりつつある。緊急事態だからといって手をこまぬいているわけにいかない。創意工夫と粘り強さで困難を乗り切ろうと奮闘している。食品機械メーカーのスズキ機工(千葉県松戸市、鈴木豊社長)は、自社ブランドの潤滑剤スプレー「ベルハンマー」シリーズを…

≫続きを読む

総額100億円、最新のマテハン機器導入へ

 鴻池運輸は最新のマテハンシステムを導入した「海老名流通センター」を神奈川県海老名市に開設し、このほど本格稼働を開始した。住友商事が新設した物流施設「SOSiLA海老名」の3〜4階を使用する。配送拠点と備蓄倉庫の機能を併せ持ち、サントリー製品をメインに取り扱う。自動化設備として住友重機械搬送システム(東京都港区)の自動格納ラック「マジックラック」やオムニヨシダ(大阪市)の垂直搬送機などを導入し…

≫続きを読む

お知らせ

新製品・イチ押し製品を募集!

 食品製造機器や設備関連の展示会が相次いで開催中止に追い込まれています。そこで誌上展示会を開催します。出品予定だった新製品やイチ押し製品の情報をメールでお寄せください。随時、無料で掲載していきます。
 お問い合せ先 info@food-eng.jp 
   フードエンジニアリング タイムス編集部

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈コロナ対策支援 
コロナ軽症者の宿泊施設に無人搬送ロボ提供

 自動運転技術の開発ベンチャーZMP(東京都文京区、谷口恒社長)は、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を新型コロナに感染した軽症者を受け入れる宿泊療養施設に提供し、弁当などの運搬業務を開始する。動作検証はすでに終えており、自動搬送ロボットとエレベーターの連携、遠隔モニタリングによる運用を実現する。搬送業務のフローは/Πが1階で弁当を搬送ロボに積み、エレベータ内へ運んで配送階を指定する。∋慊螢侫蹈△謀着すると…

≫続きを読む

〈コロナ対策支援◆
レジカウンター用の飛沫感染防止パネル、緊急開発

 寺岡精工は、食料品の安定供給のため、緊急事態宣言の発出後も営業を継続しているスーパーや食品専門店向けに、飛沫感染を防ぐパネル「チェッカーガード」を開発し、20日発売開始した。店舗の従業員と客の間を仕切るようにして、レジカウンターに透明のアクリル板を設置する。外形寸法はレジに取り付ける標準タイプが幅900弌澑行60弌濆發550弌汎用性が高いスタンドタイプが幅900弌澑行300弌濆發1700弌

≫続きを読む

〈コロナ対策支援〉
自動ドア用の非接触スイッチ、感染リスクを軽減

 産業用センサー機器大手のオプテックス(滋賀県大津市)は食品工場の自動ドアや倉庫の間仕切り、シャッターの開閉に利用する非接触スイッチ「Clean Switch」をこのほど発売した。ドアノブやスイッチに直接触れず、手をかざすだけで反応する。食品工場の感染リスク軽減に貢献する。10〜15僂糧楼呂房蠅魘瓩鼎韻襪世韻妊疋△開く非接触スイッチ。湿気が多い場所や結露が発生しやすい環境でも安定動作する検出性能のほか、本体を洗浄できる業界最高レベルの防水性能「IP65」を備える。

≫続きを読む

〈新製品 
パン専用真空冷却機、攻めるはラックオーブン市場

 産業用ボイラ大手で、真空冷却機が国内シェアトップの三浦工業(愛媛県松山市)は製パン業界向けにパン専用真空冷却機「JBシリーズ」を新たに開発し、このほど発売開始した。「ラックオーブン市場」をターゲットとし、日本国内でも導入が検討され始めている真空冷却機の需要を掘り起こす。製パン大手やホールセールのベーカーリーなどでは台車にパン生地を載せてオーブンで焼成するラックオーブンを使用する。特に真空冷却の効果が高いデニッシュや…

≫続きを読む

〈新製品◆
スイス・シェーラー社のコーヒーマシン新発売

 北沢産業はスイスの老舗コーヒーマシンメーカー、schaerer(シェーラー)社製の3機種をこのほど発売した。無人やセルフ方式でも本格的なコーヒーを客に提供できる。「コーヒークラブ」(1日推奨80杯)は幅325弌澑行561弌濆發500个肇灰鵐僖トながら、2グラインダーと、独立したスチームノズルを搭載している。「コーヒーソウル」(1日推奨180杯)はワンタッチでバリスタレベルのフォームミルク…

≫続きを読む

〈新製品〉
AIネットワークカメラ事業に新規参入

 アイリスオーヤマはAIカメラ事業に新規参入するとこのほど発表した。ネットワークカメラにAIアルゴリズムを搭載した主力モデルなど全38機種を20日発売開始した。小売店や物流倉庫、ホテルなどで防犯対策の需要拡大が見込めるほか、店内の動線把握や顧客属性の分析などAIカメラによるマーケティング需要を掘り起こすねらいがある。今回発売する「AIカメラ」はAIアルゴリズム搭載モデル20機種のほか、セキュリティカメラのスタンダードモデル10機種…

≫続きを読む

〈デザイン戦略〉
冷凍ベジミートのパッケージが高評価

 ひかり味噌(長野県下諏訪町、林善博社長)は冷凍ベジミート「HÄRKIS(ハーキス) FINLAND 野菜のそぼろ」シリーズで、日本印刷産業連合会が主催する「2020ジャパンパッケージングコンペティション」の健康食品部門賞をこのほど受賞した。ハーキスはフィンランド産のそら豆を使用した、そぼろ状の植物性たんぱく質食品。電子レンジで温めるだけで食べられる。使い勝手の良いフレークタイプのため…

≫続きを読む

〈設備投資〉
ラベルレス「い・ろ・は・す」生産、新ライン稼働

 コカ・コーラボトラーズジャパンは山梨県北杜市の白洲工場に新ラインを増設し、このほど稼働開始した。生産能力は1分間あたり900本。人気ブランド「い・ろ・は・す 天然水」のラベルレス製品などを製造する。投資額は約57億円。新ラインではEB(Electron Beam)滅菌システムを採用した。薬剤を使用せず、電子線を使って殺菌する。これによって水の使用量を1日あたり約400t削減できるという。

≫続きを読む