FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

音声システムで物流業界をサポート
ヴォコレクトジャパン
内田 雅彦社長

 ヴォコレクトジャパンは米国ヴォコレクト社が開発した音声物流ソリューションシステム「Vocollect Voice」を日本で06年から販売開始し、徐々に導入先が広がっている。このほど代表取締役社長についた内田雅彦氏は「日本は欧米が追いつかない物流の仕組みを形作っている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

タイの食品工場ルポ
KUE、欧米向け冷凍寿司が増える

 KUE(K&Uエンタープライズ)は冷凍寿司が欧米向けに好調で、昨年度の冷凍すしの輸出は前年の倍の500tに増えた。松本哲生社長は「500〜600tに壁がある。600tの壁を打ち破れば1000tも視野にはいる」という。

≫続きを読む

新製品

マルチ周波数搭載、実用感度向上を実現

 日新電子工業はマルチ周波数を搭載して従来機種よりも検出感度を向上させた金属検出機を開発した。水分量や塩分濃度など被検査体の影響を避けるため、従来機種では実用感度を下げざるを得なかった点を克服した。

≫続きを読む

甲殻類アレルギー対応の簡便検査キット

 マルハニチロ食品はえびやかにのアレルギー検査簡便キット「えびかにキャッチャー マルハニチロ」を発売した。発症数が多い「えび」と「かに」のアレルギー表示が6月から完全施行されたのに対応する。

≫続きを読む

再封可能な外付け口栓開発 廃棄分別が容易に

 四国化工機は紙パック用の新型口栓を開発した。牛乳パックなどの三角屋根型紙容器に口栓を手差しする新しいスタイル。紙容器にストローと同様に簡単に装着でき、廃棄の分別も容易となる。

≫続きを読む
NEWS headline

FOOMA開幕「食と機械の融合を体感」

 「FOOMA JAPAN2010」が東京ビッグサイトで8日開幕した。開会式で挨拶した日本食品機械工業会の尾上昇会長(尾上機械社長)は「食と機械の融合を目で見て、手で触り、最新技術を実感できる。活力ある情報交換、ビジネスチャンスに活用してほしい」と力強く呼びかけた。

≫続きを読む

植物工場を再現、生育状況を人工的にコントロール

 今年のFOOMAは特別企画として、注目を集めている食用植物生産システムである「植物工場」を紹介している。生育状況を人工的にコントロールし、1年を通じて計画的に生産でき、季節・天候に左右されないため「未来型の畑」と呼ばれている。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は何とぞ有料購読(月1000円、6ヵ月単位契約)への切り替えをお願いします。

ニュースフラッシュ

東罐、中期経営計画を策定
遺伝子技術やナノテクを駆使

 東洋製罐は2010年度〜12年度の「第2次中期経営計画」をスタートさせた。新規事業として遺伝子技術を用いた食品・環境の検査ビジネスや独自のナノテクによる機能性材料ビジネスに注力することなどを盛り込んでいる。

≫続きを読む

CO2冷媒のノンフロン冷凍機、受注開始

 三洋電機は国内で初めてCO2対応のノンフロン冷凍機「ノンフロン冷凍リーチインショーケース」を9月から発売する。CO2は代替フロン冷媒に比べ、オゾン破壊係数がゼロ、地球温暖化係数が1/1430〜3920と非常に小さい。

≫続きを読む

上海の低温物流事業に参画

 三井物産は上海の低温物流事業に参入する。錦江国際集団と同社傘下の低温物流会社「上海錦江国際物流発展」に49%出資する。9月をめどに新たな体制をスタートさせる。

≫続きを読む

食品包装協会研究例会、包装と異臭分析など考察

 日本食品包装協会は6月度の研究例会を都内で2日開催した。東洋ガラス、クレハ、レンゴー、大和製罐の担当者が食品包材技術の最新動向を報告。食品メーカーの生産、資材担当者らが多数聴講した。

≫続きを読む

「食品安全」で日中両国が覚書に署名

 長妻昭厚生労働大臣と中国の王勇国家質量監督検験検疫総局は「日中食品安全推進イニシアチブ覚書」に基づく今年度の行動計画について5月31日合意し、両国大臣が覚書に署名した。

≫続きを読む

冷凍空調工業会「低GWP次世代新冷媒を検討」

 日本冷凍空調工業会は通常総会を都内で4日開催した。今年度の活動として検査検定事業の充実や米、欧、中などのHCFC代替冷媒の動向を注視、低GWP次世代新冷媒の検討を進める。

≫続きを読む

馬鈴薯素材に肥満改善、空腹緩和作用を確認

 東洋新薬は馬鈴薯を原料とする機能性食材「ポテイン」を継続摂取することで肥満への影響と空腹緩和作用を臨床試験で確認した。

≫続きを読む

IHフライヤーを実演、ポテト採肉機は初出展

 ヤナギヤはFOOMAで昨年発表した環境対応型の「IHフライヤー」や、工場内の衛生管理機器としてコンベアーベルトの洗浄・除菌装置「ベルト除菌クリーナー2015」を実演している。

≫続きを読む

アジの開き処理機など水産加工機械が充実

 ニチモウはFOOMAにタダシ製作所の高速魚体処理機(フィレーマシーン)をはじめ、水産加工機械を中心に取り揃えて出展している。また、昨年から出展している「窒素ガス(N2)発生装置」や中華関連の食品機械を出展している。

≫続きを読む