FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

厨房はエネルギー、人、モノが集中するところ、
日本厨房工業会 谷口一郎新会長

 一般社団法人日本厨房工業会の新会長谷口一郎氏(タニコー蟆馗后砲脇蔚罰Δ両来に向けた課題として、働き方改革、環境保全、利用者の安心安全、女性の活躍、人手不足をあげた。今年6月の定時総会で会長に就任した。

≫続きを読む

食品工場訪問記

ラーメンは創意工夫の幅が広い
西山製麺

 西山製麺は業務用を中心に多品種の麺を生産している。商品構成は90%がラーメン。そば、うどん、餃子なども生産している。生麺の構成比は81%だが、冷凍も手掛けている。売り先は札幌を中心に北海道が6割、関東2割、西日本1割。10%ほどの構成比だが海外にも輸出している。

≫続きを読む

新製品

生きた魚を二酸化炭素で麻酔

 日建レンタコムのグループ企業の日建リース工業は二酸化炭素で低活性化した水槽内の魚を生きたまま輸送する「日建 魚活(ぎょかつ)ボックス」を開発した。漁獲した魚を入れる水槽と、水槽内の二酸化炭素濃度を上げる麻酔制御装置などで構成する。

≫続きを読む

深紫外線LED浄化装置を開発

 日機装の子会社の日機装技研は、水産業向けに深紫外線LEDで水を殺菌する浄化装置を開発し、9月末発売する。自社で量産中の深紫外線LEDを搭載した産業用途対応の深紫外線LED水殺菌モジュールを開発していたが・・・

≫続きを読む

冷蔵ルームに置くだけで風味を保ち急速冷却

 菱熱工業は食品工場などの既存の冷蔵ルームに置くだけで、加熱調理品を品質や風味を保ったまま速やかに冷却する簡易差圧冷却ユニット「動く〜る」(特許出願中)を開発し、9月11日発売する。差圧ファンを内蔵したステンレス製のボックス。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

適正表示推進者育成講習会を開催

 東京都は「2017年度第1回食品の適正表示推進者育成講習会」を10月30日開催する。食品表示法、景品表示法、計量法などの食品表示に関係する主な法令の基礎を解説した後、表示事例を検討する。

≫続きを読む

日本栄養士会の認定制度「栄養ケア・ステーション」を開設

 マルエツが運営する料理&カルチャー教室「いーとぴあ」は、スーパーマーケット業界で初めて日本栄養士会から「栄養ケア・ステーション」に認定された。日本栄養士会は管理栄養士、栄養士が組織する都道府県栄養士会と連携・協力して・・・

≫続きを読む

産学連携の成果としてグローバルGAP認証を取得

 東京農業大学と日立キャピタルのグループ会社で食・農事業を手掛ける日立トリプルウィンは、農業生産工程管理の国際認証規格であるグローバルGAP認証を日本の農業私立大学、ノンバンクグループとして初めて取得した。

≫続きを読む
NEWS headline

盛況のうちに閉幕

 第19回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー(主催・大日本水産会)が23〜25日、東京有明の東京ビッグサイトで開催された。期間中は3万3858名が来場。昨年の3万2731名を上回り、盛況のうちに幕を閉じた。

≫続きを読む

新技術を展示、加工機器から鮮度保持まで

 シーフードショーは安心・安全で高品質な鮮魚や、こだわりの飼料で育てた養殖魚が集結した国際見本市だが、様々な鮮度保持技術、加工機器も出品した。会場の様子を機器を中心に写真で紹介する。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

<建設>
仙台で大型物流施設を起工

 プロロジスは宮城県仙台市でヤマト運輸の専用物流施設「プロロジスパーク仙台泉2」の起工式を22日行った。仙台市泉区明通、敷地面積約6万5000屬良瀉呂北鵤核屬般8200屬裡嘉錣魴設する。いずれも地上2階建て。

≫続きを読む

<経営戦略 
グループの車両勢力を増強

 センコーは神奈川県を拠点に関東地区で貨物自動車運送事業などを行っている安全輸送(横浜市、久保田司社長)の全株式を取得し、今年10月上旬をめどに子会社する。安全輸送は冷凍・冷蔵の食品を中心に日用雑貨や工業製品などを幅広く輸送している。

≫続きを読む

<経営戦略◆
資本・業務提携に関する基本合意書を締結

 ユニー・ファミリーマートHDドンキホーテHDは両社グループの強みやノウハウを活かした事業強化を目的に業務提携する。ユニー・ファミリーマートHDの 100%子会社であるユニーの株式の一部をドンキホーテHDに譲渡し、資本提携する。

≫続きを読む

<経営戦略>
「GYOZA」の魅力を世界に発信

 味の素冷凍食品は「GYOZA」の魅力を世界に発信するレストラン「GYOZA IT.」を東京の赤坂に9月7日オープンする。「日本式餃子」をおしゃれに気軽に味わえるレストランをめざす。

≫続きを読む

<海外戦略 
欧州での加工食品事業を加速

 伊藤忠商事はDole Asia Holdings(=DAH、シンガポール、久米川武士CEO)を通じ、Master Fruits D.O.O.Beograd(セルビア、Milena Cvetic社長)の株式を追加取得した。欧州向け冷凍果実の取り引きを拡大し、Dole加工食品事業のさらなる推進、発展を図る。

≫続きを読む

<海外戦略◆
ベトナムでクール宅急便を開始

 ヤマトホールディングス傘下のヤマトアジアとベトナムの365 Expressが設立したYamato 365 Express Co.,ltd.はクール宅急便を開始する。ベトナム国内の配送ノウハウと貿易物流機能などをもつ365グループと、クール宅急便のノウハウを持つヤマトグループが合弁会社を設立。9月1日からベトナム国内でクール宅急便のサービスを提供する。

≫続きを読む

<海外戦略>
ベトナムで商品を販売

 医療食、弁当仕出し、外食などのエンドユーザー向けに業務用冷凍食品を企画、販売する大冷(東京、齋藤修社長)はベトナム国内で事業展開するTaison Holdings InvestmentConsultancy Company Limited(タイソン社、2015年12月1日設立)と業務提携する。

≫続きを読む

<海外戦略ぁ
インドネシアへ初進出

 「BAKE CHEESE TART」を運営するBAKEは、海外7エリア目となるインドネシアへ進出し、ジャカルタ市のグランドインドネシアショッピングモール内に焼きたてチーズタルト専門店の1号店を9月28日グランドオープンする。

≫続きを読む

<海外戦略ァ
インドネシアで軟包材強化

 凸版印刷はインドネシアで軟包材事業を展開する大手PT. Karya Wira Investama Lestari(=KWIL)と資本業務提携契約を24日締結した。凸版印刷はKWILの事業子会社であるPT. Karya Konvex Indonesia(=KKI)の51%の株式を取得し、インドネシアで軟包材事業を手がける凸版印刷の子会社PT. Indonesia Toppan PrintingとKWILの子会社は、KKIの傘下となった。

≫続きを読む

<海外戦略Α
トルコの食品販売事業を強化

 味の素はトルコの食品会社キュクレ食品社の株式50%を約57億円で取得し、子会社化した。トルコでの事業拡大を加速し、さらに中東地域への事業強化を図る。キュクレ食品社へは2013年から資本参加していた。

≫続きを読む