FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

Top Interview

逆境から8年、信頼勝ち得る (株)朝日設計 代表取締役社長  末村 道輝氏

 創元設計を経て2000年に独立。スタッフ14人のうち自身を含め一級建築士は7人。冷凍・冷蔵庫のノウハウを兼ね備えた設計集団として冷蔵倉庫、物流センターを主体に100件近い実績を積み重ねてきた。

≫続きを読む

食品工場訪問記

高付加価値生産にシフトへ クリームコロッケ加わる

 極洋グループの極洋食品(宮城県塩釜市、高橋義明社長)本社工場では従来の水産調理冷凍食品をメインにした生産からクリームコロッケなど地元原料を生かした高付加価値商品へと重心を移すことで将来の発展性を模索している。

≫続きを読む

新製品紹介

少量でも対応できる加熱・冷却乳化機

 カジワラは少量多品種生産に適した加熱・冷却乳化機「シグマ(Σ)」を発売している。分散・乳化、加熱・冷却の一連の工程をワンバッチ処理することで生産時間の短縮と無菌化、省エネ、省コストを実現させるという。

≫続きを読む

海の美容成分配合のドリンクで、綺麗をサポート

 日本水産はマリンコラーゲンを主成分としたドリンク「海麗」(かいれい)を10月15日から通信販売限定で発売した。「海麗」の名前の由来は「海の美容成分で綺麗になる」。

≫続きを読む
NEWS headline

冷凍物流センターを横浜に建設 総工費37億円投じ来秋完成

 冷蔵倉庫中堅の二葉(東京都港区、鈴木宏社長)は横浜港湾地区の保管物流ニーズに応えて大黒第二冷凍物流センター2号棟の建設を急いでいる。完成は来年9月の予定。

≫続きを読む

畜肉加工と調理品工場をドッキング

 ニチロサンフーズは本社工場である南陽工場を拡張し、畜肉製品を主体とする摂田谷工場を移設する。今後大型の装置などを搬入し、付帯設備を含め11月20日に完了する予定。

≫続きを読む

調理1分のパスタと製造設備を販売

 フクヤマ食品は調理時間が1分で済むパスタ「パスタージャ」の本格販売を開始した。フライパンで調理できるため、厨房機器を持たないカフェ業態から強い引き合いがある。

≫続きを読む

中国産「いんげん」から原液の農薬 

 ニチレイフーズが中国山東省の北海食品から輸入し、イトーヨーカドーと同系列店で販売した冷凍「いんげん」から農薬ジクロルボス6900ppmが検出された問題は、ジクロルボスの混入量が基準値0.2ppmの3万4500倍と異常に高く、ほぼ原液の濃度とされることから、捜査当局も「犯罪性が高い」と見て捜査を進めている。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読スタート

 FENは10月から有料購読を開始しております。記事の文末の「続きを読む」(テキスト形式ではhttp://food-eng.jp〜アドレス記載部分)は有料購読者のみご覧頂けます。無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は何とぞ有料購読への切り替えをお願いします。有料購読申し込み手続きに関しては上記ツールバーの「有料購読申込」をご覧下さい。

今週のトピックス

原材料検査に適したX線異物検出装置を開発

 寺岡精工はX線異物検出装置の間口を従来機より広げて幅広400mmとし、原材料段階での異物検査に威力を発揮する新製品を開発した。

≫続きを読む

林兼のグループ3社がISO取得

 林兼産業(株)(本社:山口県下関市)は宮崎県都城地区のグループ会社を含む3社(農場、畜場、加工場)で食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000:2005の認証を、8月8日付で取得したことをこのほど明らかにした。

≫続きを読む

上海に検査施設を設立予定 国際規格で信頼性高いデータの提供目指す

 日本輸出入食品安全研究所(株)は検査施設として「上海食品安全検査センター」を、上海市政府重点プロジェクトの1つである「上海名特農産品国際物流・交易基地」内に設立する。

≫続きを読む

東京パック、食の安全や環境対応前面に

 東京パック2008が11日まで5日間、東京ビッグサイトで開かれた。今回は品質保証、衛生・安全性の確保、労働安全性への対応、環境問題への対応などの課題に直面する業界動向を捉え、食の安全・安心を守る包装、トレサビリティに関連する包装・機械・機器等の展示が目立った。

≫続きを読む

業界の動き

食品開発展で機能性素材提案

 マルハニチロ食品は「食品開発展2008」で水産物由来を主体とした機能性素材の紹介と、フリーズドライの受託加工、その特性を活かした素材や加工食品のOEMを中心に提案する。

≫続きを読む

食品開発展でアセロラをアピール

 ニチレイグループは「食品開発展2008」に出展する。
 (株)ニチレイバイオサイエンスは食品原料「アセロラ」、「カムカム」、「ローズヒップ」の粉末を紹介する。

≫続きを読む

マクドナルドと吉野家の社長が講演

 日清製粉グループの日清経営技術センターは「秋季経営セミナー」を11月20日、東京大手町の経団連会館で、28日には大阪中央区の朝日生命ホールで開催する。

≫続きを読む

国際食品産業技術展、21日から大阪で

 関西・西日本向けの食品産業総合展「フードテック(国際食品産業技術展)2008」が21〜24日、大阪市のインテックス大阪(3・4号館)で開催される。

≫続きを読む

「中国の食品安全制度」の講演

 日本輸出入食品安全研究所は第2回食品安全セミナーを11月10日、東京神田駿河台の総評会館で開催する。中国の食品安全制度とトレーサビリティーの現状について農林水産省農林水産政策研究所の河原昌一郎上席主任研究官が講演する。

≫続きを読む

Webセミナー

小杉直輝氏監修による「食品工場改善」 伊藤忠フレッシュの改善事例 –11- 発注カンバン

 資材の発注忘れは大きなロスを生む。これはどのセンターも経験する事だろう。
 静岡センターは発注忘れを防止するのに発注カンバンを使っている。
 下の写真(右)が当社の発注カンバン。28ケースを16時から17時の間に持ってくるように注文している。
 ものによって時間指定をしているのは、この時間であれば資材庫のその場所が空いているから。そこに積んでもらえば、当社の社員があとから移動させなくて済む。

≫続きを読む