FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

ニュースフラッシュ

フォトルポ、「食品安全対策展」開催中

 HACCP導入の準備を進める食品工場向けに温度管理や異物混入対策などの最新情報を提供する「第1回食品安全対策展」が千葉の幕張メッセ第8ホールで5日開幕した。食品メーカーや外食・中食の品管担当者、厨房責任者らが多数来場し、初日から活況を呈している。8日まで。

≫続きを読む

人☆フォーカス

物流強化へ22億円投資
圏央道生かし展開広げる
関東食糧蝓 ̄嬰朕唇賚社長

 埼玉県癸韻粒或卸、関東食糧は桶川市の同社敷地内に新物流センター「食空間創造Base」を2月下旬竣工・稼働した。同社の前8月期の単体売上高105億円。「新センターは単体売上高200億円が可能な収容能力」(臼田真一朗社長)。拠点増強を機に事業拡大に弾みをつける考え。

≫続きを読む

食品工場訪問記

従業員からの提案を改善活動に活かす
昭和冷凍食品蝓[篥狄品ライン

 昭和冷凍食品は昭和産業グループが持つ小麦粉、食物油脂、でん粉、糖類などの食品素材と長年培った加工技術を活かし、たこ焼、ワンタン、ケーキなどの冷凍加工食品を製造、販売している。安全・安心で高品質な製品を提供するという方針に沿い、FSSC22000とISO22000を認証取得し、開発から製造、販売まで一貫して取り組んでいる。

≫続きを読む

新製品

高衛生規格のコンベヤ脚部、日本市場で販売開始

 コンベヤ樹脂ベルトのトップメーカー、ハバジットAG(本社スイス)の日本子会社、ハバジット日本(東京都品川区、津川純社長)は、昨年グループ入りしたデンマークNGI社の製品を日本市場で1日販売開始した。NGI社はコンベヤ装置の高さを調節するレベリングアジャスター(脚部)メーカー。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

フーデックス開幕、過去最多の出展数に

 第44回国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN2019」(フーデックス)が千葉市の幕張メッセで5日開幕した。93カ国・地域から過去最多となる食品・飲料メーカー・商社ら3316社が4554小間を出展。8日まで開催する。4日間でバイヤーら約8万5000名の来場者を見込む。国内出展ゾーンには水産・畜産・農産コーナーや全国食品博などを設置している。

≫続きを読む

グループ再編「マスダックマシナリー」設立

 製パン製菓機械メーカーのマスダック(埼玉県所沢市、増田文治社長)は4月1日付でグループ再編する。機械事業部を分社化し「株式会社マスダックマシナリー」を設立する。併せて持株会社のマスダックHDを「株式会社マスダック」に社名変更する。現在の管理部門を新体制のマスダックに移し…

≫続きを読む

世界初、飲料用PETに植物由来100%キャップ導入

 サントリー食品インターナショナルは飲料用ペットボトルに植物由来原料を100%使用したキャップを今月から導入する。世界初の取り組み。主原料のエチレンを100%植物由来化したポリエチレンキャップ。九州熊本工場(熊本県上益城郡)で生産する「サントリー阿蘇の天然水」(550ml)から使用する。

≫続きを読む

乳・粉・飲料を徹底比較、試食展示会を4月開催

 業務用調理機器の製造、輸入販売会社エフ・エム・アイ(東京都港区)は業務用食品卸では珍しい食材カテゴリーに特化した試食展示商談会を本社ショールームで4月5日開催する。同じトーホーグループで乳製品や製菓製パン材料卸の昭和物産(東京都荒川区)との共同開催。当日は生クリーム5社製品(雪印メグミルク、森永乳業など)…

≫続きを読む

野菜足りてる? 手のひらを乗せるだけで摂取量を測定

 カゴメは手のひらを乗せるだけで野菜摂取量の充足度が推定できる測定器をドイツの光学測定機メーカー、Biozoom services社とこのほど共同開発した。昨年10月に新設した健康事業部の新サービスとして、企業や自治体向けに今年夏から提案開始する。測定器に搭載したセンサーが…

≫続きを読む
NEWS headline

食品原料の受発注システム稼働
運営者が規格書を精査、安全安心を担保

 食品原料の輸入販売会社、ICS-net(長野市、小池祥悟社長)は食品原料を販売したい企業と購買を検討したい食品メーカーを効率良くマッチングさせるWEBプラットフォーム「シェアシマ(シェアしましょうの意)」を1日本格稼働した。これに合わせて、初年度分の出品料(年間9万円)を無料にするキャンペーンを6月30日までの期間限定で実施する。売り手側は販路拡大や在庫率の改善が見込め…

≫続きを読む

春季冷食セミナー、聴講者募集開始
人形町今半、ウエルシアなど多彩な講師陣

 水産タイムズ社は恒例の第47回「春季冷食セミナー」を4月9日(火)〜10日(水)都内で開催します。聴講者の募集を開始しました。今回は「激変期の成長戦略を探る」を総合テーマに、_板輙儉業務用/高齢者食にスポットを当てた2つのパネル討議をはじめメーカー、流通、外食、物流、コンビニなど各界から講師を招きます。

≫続きを読む

お知らせ

無料試読キャンペーン、今号は全文読めます

 FENは記事の中の「続きを読む」以降は有料購読者のみご覧頂いておりますが、毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」として、どなたでも記事をお読みいただけます。
 まずは「続きを読む」にクリックをどうぞ。

今週のトピックス

〈厨房革命 
朝食ロボ、コンビニ調理ロボ開発、実用化へ前進

 「たこ焼きロボット」や「ソフトクリームロボット」など調理ロボットの研究開発で知られるコネクテッドロボティクス(東京都小金井市、沢登哲也社長)は新作の朝食ロボットとコンビニ調理ロボットを、このほど開催された「HCJ2019」に出展し、来場者の注目を集めた。朝食ロボ「Loraine(ロレイン)」は専用アプリを使って朝6時などにセットすると指定時間に自動で朝食を作り始める。

≫続きを読む

〈厨房革命◆
厨房機器の自動化で省人化実現、外販に注力

 リンガーハット開発(福岡市博多区、山口雅彦社長)はリンガーハットの店舗用に開発したオリジナル厨房システムの外販に注力している。このほど開催された「HCJ2019」では少人数によるオペレーションを実演し、人手不足の解消をPRした。ロータリー炒め機と冷凍麺解凍機、自動鍋送り機を使って「炒める」、「解凍する」、「煮る」の3工程を少人数で連続調理できるシステム。

≫続きを読む

〈新技術 
スマホで事前注文・決済、かっぱ寿司が導入

 セイコーソリューションズはスマホやPCから事前注文・決済が可能な飲食店向けサービス「Linkto(リンクト)モバイルオーダーforテイクアウト」をかっぱ寿司(カッパ・クリエイト)の全国328店に導入するとこのほど発表した。持ち帰り寿司の予約注文用として神奈川エリアを皮切りに3月上旬から順次開始する。利用者は自宅や外出先から事前注文・決済が可能になるため…

≫続きを読む

〈新技術◆
棚割画像の解析サービス、カルビーが採用

 NECは「店頭棚割画像解析サービス」がカルビーに正式採用されたとこのほど発表した。国内売上げ1位のシリアルブランド「フルグラ」を対象に近畿エリアで昨年12月から検証してきたが、形状が不安定な袋商品でも有効性が確認できたため、カルビーは今年5月から全国に導入する。店頭棚割画像解析サービスは小売店舗の商品棚をスマホで撮影し画像認識することで、商品の陳列(棚割)状況を高精度に解析できる。

≫続きを読む

〈新技術〉
レジ業務無人化の実証実験開始

 東芝テックと食品スーパーの近商ストア(本部大阪府松原市)はスマートフォン・映像解析技術を活用したレジ業務無人化の実証実験を4日スタートした。食品スーパーが抱える人手不足の課題解決につなげる。実証実験では、スマートフォンをPOSシステムとして利用する。レジアプリを搭載したスマホを買物客に貸与し、入店の際に2次元コードをスキャンして認証し、店内で自ら商品バーコードをスキャン…

≫続きを読む

〈ハラルビジネス〉
完全ハラル対応の蘭州ラーメン店をオープン

 東方商事(埼玉県越谷市、玉山代表)はハラル対応の本格的な蘭州ラーメン店「味蘭(あじらん)牛肉麺」をラーメン激戦区の東京池袋に2月28日オープンした。蘭州ラーメンを提供する店は都内に10件以上あるが、「ノーポーク」、「ノーアルコール」に徹底してこだわり、完全なハラルメニューを提供する店は初とみられる。ハラルビジネスを支援する(一社)ハラル・ジャパン協会(佐久間朋宏理事長)がアドバイザーを務めた。

≫続きを読む

〈設備投資 
台湾の冷凍えだ豆第2工場が本格稼働

 日本水産のグループ企業でニッスイブランドの冷凍えだ豆を生産する台湾の大明食品工業股份有限公司(高雄市)の第2工場がこのほど本格稼働した。年間生産能力を最大1万2000tまで増強して日本国内の需要増に対応するとともに、生産効率を高めて食べ切りの少量品から業務用の大容量品まで商品規格の多様化に対応する。老朽化が進む第1工場は繁忙期に限って半製品を製造する。

≫続きを読む

〈設備投資◆
物流施設の第1弾を竣工、満床でスタート

 新日鉄興和不動産(東京都港区)はマルチテナント型物流施設「LOGIFRONT越谷機廖丙覿霧越谷市)を1日竣工した。同社は「LOGIFRONT(ロジフロント)」ブランドで物流施設事業に本格参入することを2017年に表明し、首都圏第1弾は越谷市で開発するとしていた。「越谷機廚良瀉鰐明僂錬暇7021屐E換造4階建て。延床面積は6万6510屐B膩織肇薀奪が3階まで自走できるランプウェイとトラックバースを設置した。

≫続きを読む

〈イノベーション推進〉
埼玉に新生産・研究開発拠点

 ニチレイグループのニチレイバイオサイエンスは新しい生産・研究開発拠点「グローバルイノベーションセンター」を埼玉県狭山市に設置し、6月から稼働を開始する。今月22日に現地で竣工式を開く。医療・健康分野でアンメット・メディカル・ニーズ(有効な治療法が見つかっていない疾病に対する医療ニーズ)を克服する技術が急速に進んでいる環境に対応するため…

≫続きを読む

〈海外セミナー〉
シアル・チャイナ視察セミナー、申込み15日まで

 水産タイムズ社はアジア最大級の国際食品見本市「SIAL China 2019」の視察研修をメインとする海外セミナーを5月14〜17日実施します。「SIAL China」(シアル・チャイナ)は、フランスのパリに拠点を置く世界最大級の国際食品見本市組織SIAL(フランス見本市協会)が中国・上海で毎年開催している国際的な食品専門展示会です。アジアはもとより、世界の食の最新のトレンドを探る絶好の機会です。

≫続きを読む