FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

ベトナムで食品工場のレンタル事業を展開
Daiwa House Vietnam Co.,Ltd.
General Director 松葉明 氏

 ベトナム国内で工場・倉庫の設計施工を担う大和ハウスグループ企業のDaiwa House Vietnam。食品関連工場も数多く手掛けている。松葉明氏は「ベトナムでも日本同様に、お客様の役に立ちたい」と語る。

≫続きを読む

食品工場訪問記

大手取引先に高品質デリを供給
タカラ食品工業(株)東京工場

 タカラ食品工業(東京都大田区、佐々木康成社長)は本場ドイツの食肉加工技術を軸に高品質なハム・ソーセージを製造する。「Butz」や「ニューヨークデリ」などのブランド名で直営店舗をスーパー、百貨店で展開する一方、ベーカリーグループ、コンビニ大手向けにサンドイッチやサラダ、惣菜などを供給する中食ベンダーでもある。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

伊藤園ら抹茶の認知症予防効果を検証

 伊藤園島津製作所、筑波大学発のベンチャー企業、蝪唯達贈の3社は共同で、認知症の前段階である軽度認知障害を対象にした臨床試験「抹茶の認知機能低下抑制効果を評価する試験」に取り組むことでこのほど合意した。抹茶を摂取することで認知機能低下の抑制がみられることを明らかにするのがねらい。

≫続きを読む

大型植物工場を福島で夏着工

 三菱ガス化学と農業ベンチャーのファームシップ(株)(東京都中央区)は合弁会社「MGCファーミックス」を設立するとこのほど発表した。完全人工光型直物工場を新たに設立し、野菜の生産販売を行う。新工場は福島県白河市にある三菱ガス化学のQOLイノベーションセンター内で今年夏に着工する。

≫続きを読む

食品ロス解決にAIと小売店・消費者データ活用

 NECと市場調査・マーケットリサーチ会社のインテージ(東京都千代田区)は食品ロス・廃棄問題の解決に向けて協業する。AI技術と小売店・消費者データを活用した需要予測によって、製造、卸・物流、販売のバリューチェーン全体で需給バランスの最適化を図る。具体的にはNECのデータ流通基盤「需給最適化プラットフォーム」に…

≫続きを読む

HACCP運用を支援、スマホで手軽に操作

 ITシステム大手TISインテックグループの高志インテック(富山市)はHACCP導入運用支援サービス「HACCPヘルパー」を開発し、19日から提供を開始した。飲食店などHACCP対応の負担が大きい小規模事業者向けに提供するのが特徴で、スマホやタブレットを使った簡単操作で衛生管理の取組みの「見える化」を支援する。

≫続きを読む

大塚食品、インドのバンガロールに新会社を設立

 大塚食品はインド市場に進出する。カルナタカ州バンガロールに食品、飲料の製造販売会社「Otsuka Foods India Private Limited」をこのほど設立した。発売から50年を迎える「ボンカレー」で培った市販用レトルト食品などの製造技術やノウハウを生かし…

≫続きを読む

世界最大級の食品見本市に参加
SIALパリ視察セミナー開催

 水産タイムズ社ではパリ(仏)で10月中旬開催される世界最大級の食品見本市『SIAL(シアル)パリ 2018』の視察研修をメインとする欧州視察セミナーを10月22日(月)から28日(日)まで実施します。SIALは、欧州はもちろん、アジア、北米、南米など世界中から食品と関連技術、システムが一堂に集まる世界最大級の食の大型イベントです。

≫続きを読む
NEWS headline

食品機械向けモーター、HACCP対応の潤滑油使用

 最新の機械部品や精密加工技術が集う国内最大級のものづくり展「機械要素技術展2018」が東京ビッグサイトで20〜22日開催された。富士変速機(岐阜市)は食品機械向けギヤードモーター(減速機付きモーター)を出展した。食品製造現場で使われることに最大限配慮した新製品。HACCP対応のH1グリース、抗菌塗装、オイルシール、ぅ侫.鵐譽好癲璽拭爾鯢現狒備した。

≫続きを読む

新工場を群馬に建設、関東進出を本格化

 惣菜ベンダーのサトウ産業(新潟県魚沼市、佐藤総一郎社長)は新工場を群馬県前橋市に建設する(写真は本社工場)。竣工は8月。稼働は9月を予定している。敷地面積は約9500屐床面積は約3200屐E換造り平屋建て。新工場は関越自動車道の渋川伊香保ICや前橋IC,北関東自動車道の伊勢崎ICから車で15分程度の場所にある。同社のエリア別売上構成比率で関東圏は約50%まで伸びており、本格的な関東進出の足がかりにしたい考え。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈FOOMA JAPAN 
紀州技研工業、4ヘッド制御のプリンターで作業効率をアップ

 紀州技研工業は新製品の産業用マルチヘッド・インクジェットプリンター「KGK JET HQ 8500」を展示した。1台のコントローラーで最大4ヘッドまで制御できるのが主な特長。インクをノズルから吐出する2大方式の「ピエゾ式」(電圧式)と「サーマル式」(加熱式)に対応できる。通常はそれぞれのヘッドに1台のコントローラーが必要だが、1つにまとめることで.灰好箸鰺泙┐蕕譴襦↓∈邏噺率が大幅にアップする…

≫続きを読む

〈FOOMA JAPAN◆
愛工舎製作所、冷凍ケーキのカット技術をPR

 愛工舎製作所は連続ミキサーやプレミックスライン、カッターミキサーなどを展示した。中でも注目だったのはカットケーキの全自動ライン。「冷凍ケーキ」のカッティング性能や生産効率をPRした。冷凍ケーキを前面に打ち出した理由について、牛窪洋光社長は「東京オリンピック・パラリンピックに向けて冷凍食材が注目されているため」として、冷凍ケーキの需要増に期待を示した。ケーキカッターの「スーパーひまわりロボ」は…

≫続きを読む

〈FOOMA JAPAN〉
マルヤス機械、スパイラル構造で省スペース化を提案

 マルヤス機械はスパイラルカーブのコンベヤラインを出品し、昇降搬送ラインの省スペース化を提案した。スパイラルラインはコンベヤの角度が90°タイプ2台と120°タイプ6台を使って、らせん状に組み上げており、2周半の上り傾斜で商品を搬送する。ラインの高さは約1.2m程度。担当者は「展示会での反応を見た上で実用化の時期を判断をしたい」と語る。

≫続きを読む

〈FOOMA JAPANぁ
マスダック、過熱蒸気でコスト減と働き方改革に貢献

 マスダックは過熱蒸気発生ユニット「ヒートプラス」を搭載したマドレーヌラインを出品し、マドレーヌの焼成を実演した。ヒートプラスはトンネルオーブンの遠赤外線を使った焼成に、もう1つの熱源として過熱蒸気を加えた焼成ができる装置。過熱蒸気(0.46kcal/圈遏砲浪断空気(0.24kcal/圈遏砲稜楸瓩で量を持つ。菓子に触れて凝縮し、凝縮熱として熱量を与えるため、仝率良く大量の熱を菓子に与えられる…

≫続きを読む

〈企業支援〉
片岡課長「設備投資を支援」、杉浦室長「データ共有を推進」
生産性向上特別措置法が施行

 経済産業省製造産業局の片岡隆一産業機械課長、杉浦宏美生活製品課住宅産業室長はこれまで食品機械の業界団体総会などで挨拶し、国の支援策について触れた上で機械メーカーにエールを贈ってきた。このほど支援内容が盛り込まれた生産性向上特別措置法が施行された。両氏の主な発言は次の通り。

≫続きを読む

〈機械要素技術展 
無人搬送台車、帰巣機能を搭載した新機種を初披露

 日本電産グループの日本電産シンポ(京都府長岡市)は新機能を搭載した無人搬送台車「S−CART」を初披露した。S−CARTの基本機能であるレーザーセンサ方式のガイドレス機能に加え、昨年開発した追従機能を標準装備した他、新たに帰巣(ホーム)機能を搭載した。併せて障害物センサも改良した。追従機能はS−CARTに搭載したレーザーセンサが前方を歩く人や物を追従対象として認識し…

≫続きを読む

〈機械要素技術展◆
包装袋用真空パッド、硬軟いずれの包材にも対応

 日本ピスコ(長野県岡谷市)は硬質用、軟質用の2種類のリップ(吸着部)で袋物ワーク全般に対応する包装用真空パッドを出品した。包装資材に合わせた使い分けが可能で、搬送ロボットの高速化・高精度化に追従し、搬送時の姿勢を安定させることで作業効率を高める。硬度40°の硬質リップ(ブルー)はパウチパックなど硬い包装材に、硬度20°の軟質リップ(ピンク)は…

≫続きを読む