FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

「今年の冷食生産は過去最高の160万t」
日本冷凍食品協会 伊藤滋会長

 日本冷凍食品協会の伊藤滋会長(マルハニチロ社長)は今年の冷食生産高が過去最高の160万tに届く見込みなど、2017年の冷食業界について次のように総括した。今年(1〜12月)の冷食国内生産量は、過去最高だった昨年を上回り160万t程度はいくと考えている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

新凍菜工場来秋稼働、生産倍増へ
日本罐詰 十勝工場

 日本罐詰(北海道芽室市、高岡隆社長)は現在の凍菜生産能力を2018年の夏をめどに倍増する。同社は2016年8月に道東を襲った台風10号による芽室川の氾濫で主力の十勝工場が被害を受けた。工場の敷地内に泥水が入り込み、製造装置や配電盤も浸水したため全面的な操業停止に追い込まれていた。  

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

食品工場の建設需要にらみ、バンコクに合弁会社設立

 中央設備エンジニアリング(株)(名古屋市、松本吉晴社長)はタイのバンコクに現地法人を19日設立した。コンサルティング業務を行うMHCB Consulting(Thailand)Co.,Ltd.とTokyo Business Capital Co.,Ltd.との3社合弁による。

≫続きを読む

ベトナムで卵殻カルシウム配合食を発売

 キユーピーはベトナムのグループ会社KEWPIE VIETNAM CO.,LTD.を通じて卵殻カルシウムを配合した栄養強化食品「卵殻カルシウムソース」を発売開始した。液状タイプ。米2合に10mlを混ぜて炊くことで、ご飯1杯(150g)あたり100mgのカルシウムが補給できる。

≫続きを読む

創業100周年記念、2000人でギネス挑戦

 森永乳業は今年9月に創業100年を迎えたのを記念して「みんなで挑戦!ギネス世界記録」プロジェクトを発足。約2000名でオリジナルケーキのデコレーションを行うイベントを3月28日東京ビッグサイトで開催する。チャレンジャーを募集している。

≫続きを読む

食品エンジニアリング業界関連の新年会日程

日本製パン製菓機械工業会、1月9日午後4時30分から、東京竹橋のKKRホテル東京で。これに先立って午後2時30分から、元NHKアナウンサーでフリーキャスターの堀尾正明氏が「地域活性化の決め手はこれだ!〜ご近所の底力取材活動から」をテーマに講演する。

≫続きを読む

2017年チェーンストア10大ニュース

 日本チェーンストア協会は会員企業の広報担当者が選んだ今年の10大ニュースを発表した。1位は「アニサキス、O‐157報道(ポテトサラダ食中毒)の影響で売上げに大きな影響」だった。

≫続きを読む

「食品流通視察セミナー2018」実施
3月10〜16日、米国東海岸へ

 水産タイムズ社は世界の食の潮流の最先端、米国東海岸に焦点を当てた視察セミナーを3月10〜16日実施する。今回の視察では、世界3大シーフードショーの1つ「ボストンシーフードショー」に参加し・・・

≫続きを読む
NEWS headline

インド、アセアン3カ国で包装食品市場が拡大
包材の需要動向と海外メーカーの戦略を学ぶ

 (一社)日本包装機械工業会は「包装機械分野における海外調査セミナー」を包装関連企業向けに京都で13日、東京で20日に開催した。第1部では東洋紡パッケージング・プラン・サービスの村内一夫シニアアドバイザーが「ユーザー産業の需要動向と包装機械ニーズ」と題し、インド、インドネシア、タイ、ベトナムを対象にした調査内容を報告した。

≫続きを読む

独自技術で1台3役、鮮度もうま味もキープ

 (株)ドリマックス(埼玉県川口市、松本英司社長)は埼玉県が主催する「第7回渋沢栄一ビジネス大賞」テクノロジー部門でこのほど大賞を受賞した。受賞対象はコンパクトな設計ながら、スライス、千切り、ダイスカットを1工程ですべてこなす「スーパースライサーF-2000」シリーズ。

≫続きを読む

お知らせ

新年号は1月10日発行

 本年もFENをご愛読いただきありがとうございました。今号で年内の納刊号となります。
 2018年は1月10日号から発行いたします。
 来年もよろしくお願いいたします。
                      FEN編集部

今週のトピックス

〈渋沢栄一ビジネス大賞 奨励賞〉
果物に当てるだけ、ポケット非破壊糖度計

 (株)アタゴ(東京都港区、雨宮秀行社長)は埼玉県が主催する「第7回渋沢栄一ビジネス大賞」テクノロジー部門でこのほど奨励賞を受賞した。受賞対象はコンパクトタイプの非破壊型糖度計「PAL−光センサー」シリーズ。最大の特長は果物を切ったり、絞ったりする必要がなく、表面に当てるだけで糖度(Brix)が測れることや・・・

≫続きを読む

〈業界活性化〉
食品包装検定試験「初級コース」受検者募集中

 (一社)日本食品包装協会は食品包装検定試験の初級コース「フードパッケージ・メイト」を来年2月16日に行う。4回目。(一社)日本包装機械工業会が協賛する。同協会は昨年、食品包装に特化した「教育検定システム」を創設。社会生活に必要な食品包装、包装食品について・・・

≫続きを読む

〈マーケティング 
食品スーパーでの若者の購買実態とは

 (公財)流通経済研究所は消費財メーカーや卸売業、小売業向けに「若年ショッパー研究セミナー」をアルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)で2月28日開催する。最近の若者に対しては「スマホやSNSを使いこなし、情報を積極的に発信する一方・・・

≫続きを読む

〈マーケティング◆
2016年度のメニュー用調味料市場を調査

 調査会社のTPCマーケティングリサーチ(株)(大阪市、川原喜治社長)はメニュー用調味料市場についての調査結果をこのほど発表した。調査対象は味の素、キッコーマン食品、丸美屋食品工業など食品メーカー10社。それによると、2016年度のメニュー用調味料は前年比2.7%増の2348億円と拡大した。

≫続きを読む

〈マーケティング〉
「2018年版 冷凍食品業界要覧」発刊
1000社掲載、営業やDMにも便利

 水産タイムズ社は「2018年版 冷凍食品業界要覧」(B5判)を26日発刊した。冷食業界人必携のデータ集で創刊45年目になる。冷凍食品関連企業1000社の会社概要から取扱品目、ブランド、連絡窓口までを記載。

≫続きを読む

〈設備投資〉
小型PETコーヒー市場に参入、群馬工場を稼働

 UCC上島珈琲は小型PETコーヒー飲料市場に参入するため「UCC群馬工場」を伊勢崎市に新設した。これでPET飲料製品は「UCC滋賀工場」との東西2拠点体制になる。群馬工場の敷地面積は1万9466屐建屋延べ面積は2万9535屐

≫続きを読む

〈限定商品 
「ミニサイズ恵方巻」をビュッフェ式で提案

 セブン−イレブン・ジャパンは「ミニサイズ恵方巻」の予約を全国の店舗と宅配サービスのセブンミールで1月4日から受け付ける。恵方巻きをビュッフェスタイルで提案する。1月27日まで。恵方巻きはかんぴょう煮、椎茸煮、穴子など7種類の・・・

≫続きを読む

〈限定商品◆
開花に合わせて「梅」商品を限定発売

 なとりは梅の開花時期に合わせて「チーズ鱈 梅」と「ビーフジャーキー 梅」を1月29日から発売する。梅フレーバー商品の需要がこの時期増えるのをにらんで、洋風つまみとの意外な組み合わせによるおいしさを訴求する。

≫続きを読む

〈限定商品〉
受験シーズン到来、応援飲料を限定発売

 ドトールコーヒーは「受験生を応援する」をコンセプトにチルドカップ飲料「ド通る シャッキリブラックコーヒー」と「ド通る やすらぎカフェ・ラテ」を1月9日から発売する。販路はCVS、SMで同社の店舗では販売しない。

≫続きを読む