FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

FOOMAリスタート、新たな魅力を打ち出す
日本食品機械工業会 南常之理事

 (一社)日本食品機械工業会は「FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)」を東京ビッグサイトで6月7〜10日開催する。3年ぶりに通常の開催規模に戻った。展示会実行委員長の南常之理事(=蠅覆鵑弔夕卍后砲14日の記者発表会見で「新しいFOOMA JAPANの創出をめざす」と語り、「Restart FOOMA」のテーマにふさわしく、新たな魅力を加えた展示内容にすることを強調した。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

倉庫業に進出、保管・ピッキング業務を初受託

 高齢者向け配食サービスをFC展開するシルバーライフ(東京都新宿区、清水貴久社長)は3月に稼働開始した「加須物流センター」(埼玉県加須市)で、蝪咤錬贈(東京都新宿区、益川大平社長)から冷凍食品の保管とピッキング業務を受託した。シルバーライフは新規事業として倉庫業に進出しており、今回の受託が第1号案件となった。倉庫は敷地面積約1万2100屐

≫続きを読む

冷凍食品開発セミナー開催、成功事例など紹介

 液化窒素など産業ガスの製造販売を手がける螢泪好魁璽(大阪市、境順子社長)は、冷凍技術コンサルティング会社の蠅┐世泙(東京都渋谷区、成田博之社長)と共同で「ゼロからスタート!冷凍食品開発〜販路拡大セミナー」を27日午後1時〜2時半開催する。リアル会場は大阪産創館3Fセミナールーム。参加費は1000円(税込)。オンラインはZOOMを使用する。無料。

≫続きを読む

電気調理鍋向けミールキット、第1弾は本格カレー

 冷凍の健康食宅配サービス事業を展開するファンデリー(東京都北区、阿部公祐社長)は、国産食材100%使用にこだわった冷凍食品の通販ブランド「旬をすぐに」シリーズから新たに電気調理鍋向けミールキット「国産牛すじカレー」を27日発売する。パナソニックの「電気圧力なべ」やシャープの水なし自動調理鍋「ホットクック」などを使って…

≫続きを読む

佐賀工場に直売所、限定商品の販売も

 リンガーハットは佐賀工場(佐賀県吉野ヶ里町)内に直売所をこのほどオープンした。主力商品の長崎ちゃんぽん、長崎皿うどんの冷凍商品のほか、ドレッシングや「とんかつ濱かつ」で使われている秘伝のソースなどを販売する。さらに、直売所の限定商品として、佐賀工場で生産したもやしなどの国産野菜、「揚げかまぼこ」を販売する。外食チェーン大手が…

≫続きを読む

パレットのレンタルシステムを共同開発

 日本パレットレンタル(東京都千代田区)とユーピーアール(東京都千代田区)は物流パレットのレンタルシステムを共同で開発・運用すると14日発表した。「X−Rental(クロスレンタル)オープンプラットフォーム」を共通の基盤とし、パレットをはじめとする物流機器の循環型運用に取り組む。パレットのレンタルサービスを手がける大手2社が組んだことで、登録、手続き方法が…

≫続きを読む

“目からウロコ”の改善事例が盛りだくさん

 「食品工場改善入門 集大成〜金をかけずにすぐできる!〜」(小杉直輝著)が水産タイムズ社から好評発売中です。40年間にわたり生産現場で指導を行ってきた小杉直輝氏が最新事例を取り上げながら無駄を顕在化し、改善した成功例の数々を集め、写真や図面を多用して分かりやすく解説しています。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む
NEWS headline

FOOMA JAPAN、東京開催は3年ぶり
過去最多の865社が出展

 (一社)日本食品機械工業会(海内栄一会長)は「FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)」を東京ビッグサイト東棟の全ホール(1〜8ホール)で6月7〜10日開催する。東京開催は3年ぶりとあって、出展社数は過去最多の865社に上った。記者発表会を都内で14日開き、開催概要を説明した。今回のテーマは「Restart FOOMA」。世界規模で生活様式や市場環境が一変したことを受け、FOOMAも新たな価値創出をめざして再始動するというメッセージを込めた。

≫続きを読む

「FOOMAアワード」創設
最優秀賞候補は品川工業所など6社

 (一社)日本食品機械工業会(海内栄一会長)は「FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)」の開催に合わせて「FOOMAアワード」を創設した。今年で開催45回目を迎える長い歴史の中で、出展社向けの初の本格表彰制度となる。14日の記者会見では最優秀賞にノミネートした6社6製品を発表した。第1回の最優秀賞は開幕日の6月7日に決定する。応募資格はFOOMA出展社で、応募製品を製造する企業。食品機械や製造ライン、計装・付属機器などを対象に…

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円=税別、1100円=税込、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

「2022年版 冷凍食品業界要覧」好評発売中

 水産タイムズ社は「2022年版 冷凍食品業界要覧」(B5判)をこのほど発刊しました。創刊49年目になる冷食業界人必携のデータ集です。定価1万3200円(税込・送料サービス)。※「続きを読む」からお申込みができます。

≫続きを読む

今週のトピックス

<ロボット最前線>
日本初、配送ロボが道路使用許可を取得

 パナソニックホールディングスは小型配送ロボットを使った配送サービスの実証実験において、完全遠隔監視・操作型(フルリモート)で公道を走行する際の道路使用許可の審査に日本で初めて合格したと発表した。これまでは道路運送車両法に基づく保安基準緩和の認定条件として、配送ロボットのそばに保安要員を配置する必要があったが、その条件が不要になった。エリアは限られるが、配送ロボットが街中を自律走行することが可能になった。

≫続きを読む

<設備投資 
新工場を来春稼働へ、SOY製品の輸出を強化

 井村屋(三重県津市)は津市が整備する産業集積地の中勢北部サイエンスシティ内に新工場「あつのFACTORY」を建設する。SOY(豆腐)や焼き菓子など米国向け輸出が好調な成長カテゴリーとEC市場向けに供給能力を高めるほか、ロジスティクス機能を強化する。AI・DXを取り入れてコストダウンを図り、市場競争力を高める。敷地面積約2万1800屐7築面積約7100屐E效老物は運送会社の衒輪(三重県鈴鹿市)から賃借する。

≫続きを読む

<設備投資◆
明太子工場が来年竣工、AI選別システムを導入

 やまやコミュニケーションズ(福岡市、山本正秀社長)は、福岡県糟屋郡篠栗町(ささぐりまち)にある「篠栗北地区産業団地」に本社と工場を移転する。来年4月竣工予定。新工場の敷地面積は約6000坪。1階が本社オフィスで、2階には飲食スペースやショップ、キッチンラボなどを設置する予定。中2階からは隣接する明太子工場を見学できる。年間来場目標は約10万人としている。新工場には同社がIBMらと開発したAI(人工知能)を活用した明太子原料(塩たらこ)の自動選別システムをはじめ…

≫続きを読む

<日刊速報冷食タイムス>
冷凍弁当の生産能力4倍へ

 ヘルシーな冷凍弁当の定期宅配サービスを展開するナッシュ(大阪市、田中智也社長)は、最新設備を導入した工場を今夏の稼働開始に向けて兵庫県尼崎市潮江に建設していると明らかにした。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<陸上養殖>
給餌機を開発、AIが食欲を判定

 ウミトロン(東京都品川区、藤原謙代表)はAI技術を活用した陸上養殖向けスマート給餌機を使用したサーモンの成育試験を林養魚場(福島県西郷村)の陸上養殖プラントでこのほど実施した。結果として、事前設定した給餌量の約20%を無駄餌と判断し、その有効性を確認した。ウミトロンが開発した陸上養殖向けスマート給餌機は独自開発の食欲判定AI「Fish Appetite Index(FAI)」を搭載。魚の給餌を遠隔自動で行う。

≫続きを読む

<温度管理システム>
温度センサー、通信機能ごと−30℃に対応

 ラトックシステム(大阪市、近藤正和社長)はIoTで自動計測する温度管理システム「ハサレポ」の温度センサーが、冷凍設備内の設置に対応したことを公表した。ハサレポは主に食品を扱う現場へ提供している温度管理システム。保管庫や冷凍・冷蔵設備などに温度センサーを設置し定期的に計測、クラウドに記録、アラート通知、帳票出力する。これまで冷凍施設など、5〜45℃以外の場所の温度を計測する際は、温度センサー部分のみを庫内に設置し…

≫続きを読む

<日刊速報水産タイムス>
駅のホームで熱燗と紀文のおでんを堪能

 紀文食品(東京都中央区)が協賛するイベント「まだまだお花見おでんで熱燗ステーション」(主催=全国燗酒コンテスト実行委員会)が14日、東京都墨田区のJR両国駅3番線ホームで開催された。※この記事は無料試読できます。

≫続きを読む

<環境サポート>
食品ロス削減から計算、CO2削減を見える化

 気象情報サービス会社のウェザーニューズ(千葉市)は食品製造や卸、小売り、外食などの食品関連企業向けに食品ロス削減の効果をCO2排出削減量に換算して見える化するサービスを提供する。サービスの開始に合わせて、賞味期限が迫っている食品を冷蔵対応の無人販売機「fuubo(フーボ)」を使って安く販売する実証実験を茨城県庁でこのほどスタートした。

≫続きを読む