FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

日本企業の中国進出を支援
中国産業団体総合駐日事務所
張 康生首席代表

 日本政府の関係部門や関連団体との連絡業務を担当。現地産業の最新事情視察ツアーを企画するなど、日本企業の中国進出を支援している。助言を求める日本企業は年々増加しているため、張主席の忙しい日々が続いている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

地域有数の保管型倉庫、一貫物流も挑む
極東冷蔵 霞工場

 三重県の冷蔵倉庫会社、極東冷蔵の扇工場は四日市港コンテナターミナル隣接地に、合計2万2000t超の保管型冷凍冷蔵倉庫を構えている。親会社は総合物流企業の日本トランスシティ。グループの総合力を生かし、保管だけでなく、足回りと一体で営業提案にも今後挑戦する。

≫続きを読む

新製品

大量生産用リバースシート

 鎌田機械製作所は大量生産用の生地延ばし機械フルオートリバースシートを開発した。自動運転機能で誰にでも簡単にシーティング作業が可能、直径の大きなローラーで圧延するのでローラー通過回数が少なくでき、作業時間も少なく済む。

≫続きを読む

新技術

ゼリーとミルクを別々に充てんする新製法

 アサヒフードアンドヘルスケアはスパウトパウチ入りゼリー飲料2種を4月11日から発売する。ゼリーとミルクを別々に充てんする新製法で製造する。ゼリーにミルクをかけたような本格的な味わいがある。

≫続きを読む

醤油づくりの麹菌ゲノム解析に成功

 キッコーマンは麹菌「アスペルギルス・ソーヤ」のゲノム解析に成功した。これによりたん白質やペプチドを分解する多数の酵素情報が得られ、醬油の生産効率を上げたり、健康機能性ペプチドを含む食品製造が期待できる。

≫続きを読む
NEWS headline

東日本大地震と津波、冷食業界にも大きな被害
沿岸部の工場多数が津波で操業停止、連絡不通も

 11日午後発生した東日本大地震で、東北の沿岸部を中心に、東日本の広い範囲で冷凍食品業界にも大きな被害が出ている。宮城県沿岸部の冷食工場や冷凍倉庫、物流施設では津波の被害を受け、設備が冠水。多くの工場で15日現在、操業をストップしている。

≫続きを読む

マルハニチロ、石巻中心に被害甚大、グループ漁船到着

 マルハニチロHDは地震発生と同時に、東北全工場で操業を停止し、内部点検を進めている。津波が押し寄せた石巻工場は1階生産設備が冠水。仙台工場も地震の影響をうけ、復旧の見通しは立っていない模様。

≫続きを読む

東日本大地震、食品機械・資材メーカーにも影響

 地震による影響が、東北から関東にかけて食品機械・資材メーカー関係にも出ている。特に機器・資材メーカーの営業所の停止により、修理と出荷の見合わせや、食品ラインの操業停止を余儀なくされるところもある。

≫続きを読む

お知らせ

今号は全文読めます

 今週号の「FEN」は東日本大地震関連の記事を掲載しており、より多くの方々に情報を提供するため、記事の続きをご覧いただけます。 FEN編集部

ニュースフラッシュ

仙台の販売出先、車使えず、停電で倉庫の出荷もできず

 仙台市内に拠点を置いている食品メーカーの販売出先は、地震と津波発生以降、実質的な業務再開日となった14日(月)以降も動きがとれず、事務所内で情報収集などを行なっているようだ。

≫続きを読む

物流拠点、倉庫機能に損傷

 地震と津波は東北・関東地方の物流拠点にも大きな打撃を与えた。

≫続きを読む

東日本の多くのスーパーで店舗破損や停電による影響大

 新日本スーパーマーケット協会が13日までに集計した地震の被害状況によると、岩手・宮城のスーパーでは連絡が取れないケースが数社あった。茨城ではカスミが店舗に被害を受けた。神奈川では停電の影響で冷凍食品に被害が出た。

≫続きを読む

計画停電が混乱拍車、冷食売場に客が殺到

 地震と津波の被害が連日報道され、計画停電が始まり、物流が混乱し、コンビニ等では売り切れが続出している。消費者の生活インフラ不安感が急速に高まり、買い物パニックになっている。

≫続きを読む

外食は営業中止が相次ぐ、食材の調達困難

 外食では食材調達困難の影響が出始めている。吉野家は東北、関東・首都圏の一部店舗の営業を見合わせ、また、商品を一部限定し販売している。

≫続きを読む

農水省、応急食料品を調達要請

 農水省総合食料局は被災地に向けた応急食料品の調達を要請しているが、15日9時時点の状況は次の通り。

≫続きを読む

地震被災者に即席麺を支援

 世界ラーメン協会は地震と津波の被災者に対し、インスタントラーメン20万食を支援する。日清食品HDが協力する。

≫続きを読む

生産拠点を本社工場に統合

 一正蒲鉾は経営基盤を強化するため、老朽化の進んだ生産拠点を統合する。カニ風味蒲鉾の主力工場である江口工場の生産を2011年10月までに終了し、生産機能を本社工場中心に統合する。

≫続きを読む

埼玉県戸田市にPDセンターを開設

 センコーは埼玉県戸田市に「新戸田PDセンター」を開設した。首都圏物流の核となる埼玉県南部拠点として、戸田市内2カ所に18棟、約4万5000屬諒流センターを開設しているが、一部倉庫では老朽化が進んでいた。

≫続きを読む

音声システムのパートナープログラム拡充

 ヴォコレクトジャパンは引き合いが増大している音声中心型ソリューションの顧客対応を強化するため、今年度中に代理店、販売店合わせて20社体制のパートナーネットワークの構築を目指す。

≫続きを読む