FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

がんばるモノづくり3代目
竹内食品機械 竹内尚道主任

 竹内食品機械(神奈川県茅ヶ崎市)は55年以上の歴史を持つ食品機械メーカー。ミキサー、パン粉付け機、コロッケ成型機、真空タンブラーまで、機械部材の加工から溶接・組立てまで、図面を引いた機械は研磨や塗装を除き、全て自社工場で一貫してオーダーメイド製造している。二代目の竹内仁一社長は生粋の食品機械屋さん。

≫続きを読む

食品工場訪問記

製品の寄託増、超低温のニーズにも対応
極東冷蔵 霞工場

 極東冷蔵(三重県四日市市)の冷蔵倉庫「霞工場」は、外貨の寄託率がかつて5割程度だったが、最近は約6割へと上がってきた。外貨は製品系が多い。そのため「全体でみると原料系の寄託物が多いが、この数年で製品系の比率が上がってきた」(萩野淳常務)という。収容能力は霞第二工場と合計で収容能力2万2000t超。

≫続きを読む

新製品

粒感がしっかりした米飯に仕上がる精米機

 サタケは精米工場向けに、粒感がしっかりした米飯に対応する業務用精米機「ミルコンボ・摩擦3段タイプ」を1日発売する。摩擦式の精米室を3室備え、それぞれの精米室を順に通過する際にヌカを削る。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

新洗浄システムセミナー22日、仙台で

 ハバジット日本は新開発したベルト自動洗浄装置「FV洗浄システム」の実機でデモンストレーションするセミナーを22日仙台で開催する。

≫続きを読む

絶えず技術革新を

 日本食品機械工業会は2016年度定時総会を27日、東京芝浦のホテルJALシティ田町東京で開き、林孝司会長(関東混合機械工業会長)の再任を決定した。

≫続きを読む

協力会が30回記念大会

 ニチレイロジグループのロジスティクス・ネットワーク(東京・築地、滋野泰也社長)と、その協力会社で構成する「ロジネット協力会」が定時総会30回を記念する大会を26日、東京・内幸町の帝国ホテルで開いた。

≫続きを読む

満場一致で、増田理事長再任

 日本製パン製菓機械工業会は今年度通常総会を石川県加賀山代温泉で24日開いた。総会では、増田文治理事長(マスダック社長)を議長に選出。

≫続きを読む

千葉ニュータウン完成

 物流不動産の所有・運営・開発会社のプロロジス(東京・丸の内、山田御酒社長)が千葉県印西市に建設していたマルチテナント型施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」が完成した。

≫続きを読む

シニア女性の食意識、「食事上の制限してない」

 キユーピーはシニア女性の「健康状態」、「食意識」について調査した。比較対象として50代も含めて調査し、前回(2012年)の調査結果と照らし合わせて、食生活の傾向とその変化を分析した。

≫続きを読む

クールEMSの新サイズの保冷容器導入

 日本郵便(東京都千代田区、盒教社長)は、EMS(国際スピード郵便)による小口の保冷配送サービスである「クールEMS」について、新サイズの保冷容器の導入、料金の改定、差出郵便局の93局から95局への拡大を1日実施する。

≫続きを読む

熱中症による職場の死傷災害増加

 厚生労働省は2015年の「職場での熱中症による死傷災害の発生状況」をまとめた。昨年の熱中症による死傷者(死亡・休業4日以上)は464人と、2014年よりも41人多く、うち死亡者は29人と、前年より17人増加した。

≫続きを読む
NEWS headline

FOOMA、製造・加工の出展大幅増

 日本食品機械工業会はFOOMA JAPAN(国際食品工業展)を7〜10日の4日間、東京ビッグサイトで開催する。アジア最大級の食品製造技術に関わる総合見本市。昨年より2社増の683社が出展し、展示面積も435崛えて2万8492屬竜模で行う。

≫続きを読む

FOOMA、見どころ満載

 今年のFOOMAの見どころの1つは新製品やFOOMA初披露製品が多数出展すること。日本ハイコムはマイクロ波で冷凍寿司の急速解凍を行う「マイクロ波寿司解凍装置」を初出品する。

≫続きを読む

お知らせ

無料試読キャンペーン、今号は全文読めます

 FENは記事の中の「続きを読む」は有料購読者のみご覧頂いておりますが、毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」として、どなたでも記事をお読みいただけます。
 まずは「続きを読む」にクリックをどうぞ。

洗浄の課題をあらゆる面で解決

 クレオは「洗浄作業の効率化と人手不足解消」、「洗浄における省エネ、ランニングコストの低減」、「安全安心のための取り組み」をキーワードにFOOMAに出展する。機械化による洗浄作業の効率化と人手不足解消を具現化した洗浄機として、ミートワゴン洗浄機とおにぎり成型機の部品洗浄機「かがやき」を出展する。

≫続きを読む

ワイヤーベルトからロボットまで、多彩な出展

 ケイズ ベルテックはコンベアベルトや搬送システムのメーカーとしてオートメーションライン構築に長年携わってきた。FOOMAではワイヤーベルトからロボット、生産ラインのIOT化のためのソフトなど多彩な出展を行う。

≫続きを読む

連続ミキシングシステム、省人化など生産現場の悩みを解決

 愛工舎製作所はFOOMAで、長い歴史を持つ縦型ミキサーだけでなく、カッターミキサーや連続ミキサーなど豊富なランナップの提案を行なう。その中でも主力製品である連続ミキサーターボミックスは、ミキシング内部のエアー量、圧力、回転数を一定に保ち、ミキシングヘッド内に一定量の材料を通過させる事で、比重差のない生産が可能である。

≫続きを読む

製造ラインに必須のアイテム多数

 アンリツインフィビスはX線検査機や重量選別機など、製造ラインには欠かせない監視測定機器を多数出展する。X線検査機「XR75」は新開発の高感度X線センサーとX線発生源との組み合わせにより、検出感度を保ったままX線発生源を低出力に抑えることに成功し、高額消耗品であるX線センサーとX線発生源の寿命が大幅に伸びた長寿命タイプ。

≫続きを読む

オプション追加、モデルチェンジで機能充実

 食肉加工機器で知られる日本キャリア工業は売れ筋商品にオプションを追加するなど、機能を充実させた機器をFOOMAに出品する。自動トレー盛付装置付きスライサー「ミートパッカーKP-150」はこれまで自動トレー盛付専用機だった。オプションを追加し・・・

≫続きを読む

レオニーダー用の新型羽根を発表

 カジワラはスプリングレスで、きれいにかき取り、分解・洗浄が容易でサニタリー性が格段に向上した「レオニーダー用新型羽根」を会場で発表する。会場で、誰でも簡単に羽根の分解・組み付けができることを体感できる。

≫続きを読む

最高品質の食品機械を出展

 中村産業は日本で初公開となる液化窒素式トンネルフリーザーをはじめとした最高品質の食品機械で実演を行い、食品のトータルソリューションを提案する。日本初公開の液化窒素式トンネルフリーザーとバッチ式フリーザーはAir Liquide社製。

≫続きを読む

フレキシブルな生産システムで菓子業界の変化・対応力に貢献

 マスダックは「美味しい、安全・安心、付加価値の高いお菓子づくりにフレキシブルに対応」をコンセプトに、主力の製菓機械を中心としてFOOMAに出展する。出品機はVSライン。

≫続きを読む