FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

人工まぐろの事業化進む、今年新漁場も開設
金子産業 金田進社長

 日本水産の100%子会社、金子産業(佐賀県唐津市、金田進社長)は水産食品加工事業をはじめ、水産養殖事業、飼料事業や重油販売の石油販売事業、冷凍冷蔵事業など、水産にかかわる様々なビジネスを手掛けている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

生産性向上に取り組み中
久世・横浜ディストリビューションセンター

 業務用食品卸、久世の横浜ディストリビューションセンター(横浜市戸塚区上矢部町1021)は、冷凍・冷蔵・常温対応の物流拠点。超低温冷凍庫も備え、4温度帯で商品管理している。物流業務の生産性向上にも積極的に取り組んでおり、その試験的役割を横浜DCが果たしている。

≫続きを読む

新製品

野菜・果物洗浄剤発売

 ライオンの100%子会社、ライオンハイジーンは野菜・果物洗浄剤「野菜キレイ NEXT」を7月4日発売する。年平均7%で市場が成長しているカット野菜の製造工場に向けて拡販する。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

HACCPの迅速検査実習、参加者募集

 ATP・迅速検査研究会は様々なメーカーのATP測定器、タンパク検出キットや簡易培地が体験できる「HACCP導入へ向けた迅速検査実習」を7月27日と8月3日に開催する。

≫続きを読む

新会長に日本電気会長遠藤氏

 日本ロジスティックスシステム協会は第6回定時総会を東京千代田区の経団連会館で22日開いた。昨年度活動概要・事業報告、今年度事業計画・予算の報告を行い、昨年度決算などを原案通り承認した。

≫続きを読む

物流合理化賞を表彰

 日本ロジスティックスシステム協会は総会で「2016年度物流合理化賞」の表彰を行った。同協会と日本ロジスティクス研究会は、物流における「現場力」をさらに高めるため、優れた物流改善事例を相互に発表し・・・

≫続きを読む

鳴田友和取締役が社長に

 盒狭業は6月21日付で代表取締役社長に鳴田友和取締役営業部長が就任した。柳井順前社長は顧問に就いた。鳴田氏は親会社福島工業に1995年入社。

≫続きを読む

衛生、保健で夏季一斉取り締り実施

 消費者庁は食品等の表示の信頼性を確保する観点から、食品表示の衛生・保健事項に係る取締りの強化を7月1〜31日まで全国一斉に実施する。

≫続きを読む

中国で食材卸業の合弁会社設立に合意

 国分グループ本社は韓国のサムスンウェルストーリー社(金鳳榮社長)、中国の上海銀龍農業発展有限公司(金永均董事長)の2社と、中国で給食・外食事業者への食材卸事業を行う合弁会社を設立する、合弁契約を締結した。

≫続きを読む

直接メタノール燃料電池の販売を開始

 豊田通商はドイツのSFC Energy AG (ドイツミュンヘン市、Dr. Peter Podesser社長)が開発した「直接メタノール燃料電池」の販売を開始した。全世界で一般的に手に入り、取り扱いが容易なメタノールで、高効率に発電できる燃料電池。

≫続きを読む

ドライバーと庫内作業スタッフの求人サイト開設

 ミニストップはWebサイト上から、店舗向け配送ドライバーと配送センター庫内作業スタッフの求人を一括で受け付ける求人サイトを開設した。

≫続きを読む
NEWS headline

ATP+AMPふき取り検査キット、使い方いろいろ

 キッコーマンバイオケミファのATP+AMPふき取り検査キットは給食施設や食品工場の清浄度管理に幅広く利用されている。ATPはあらゆる生物が持つエネルギー代謝に必須の物質。

≫続きを読む

信頼を得るまでに

 この検査キットの販売をはじめた当初(1993年)は微生物を見ないで何がわかるのかと周囲からは言われたという。キッコーマンバイオケミファは微生物がいなくても残さなどが残っていれば、清浄度は低いということを主張していた。

≫続きを読む

今週のトピックス

岸和田市に新工場、売上げ増で生産が限界に近づく

 キンレイ(和田博行社長)は岸和田市に、既存の泉北工場(大阪府)の3倍の生産能力を持つ新工場を建てる。来年5月に第1期、同年7月に第2期工事が完了する。既に5月、地鎮祭と起工式を行った。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

ニュースフラッシュ

ロサンゼルス小売事情、こまめ買い増える

 水産タイムズ社主催のアメリカ食品流通視察団一行は6月20日午前(現地時間)ロサンゼルスに到着し、22日午後まで、市内で人気の小売店や新型店を視察した。

≫続きを読む

開業まで4カ月

 「世紀の引っ越し」といわれる豊洲新市場の開業日(11月7日)まで4カ月余――。建築工事がほぼ終了し、事務所の整備や外構工事、物流シミュレーションの詰めに入った。

≫続きを読む

ミャンマーで実証実験

 国土交通省はミャンマーの農産物にかかわる物流近代化の実証事業を6月23日〜7月13日にかけて実施する。ミャンマーでは電力、道路などの物流インフラが未整備で、荷物をトラックへ直接積載したり、木箱を使用するなど物流手法が未発達の状態にある。

≫続きを読む

ミャンマーにショールーム開設

 サタケがミャンマーに持つ販売協力店アディパティ社(ヤンゴン市、テイン・ドウ社長)が、サタケの加工機器の展示販売用ショールームを5月31日開設した。

≫続きを読む

インドネシアでメニュー用調味料を増産

 味の素の連結子会社、インドネシア味の素社はジャワ島西部にあるカラワン工場内にメニュー用調味料「Sajiku(サジク)」の生産工場を新設する。ジャワ島東部にある既存のモジョケルト工場と合わせ、生産能力を約80%増強する。

≫続きを読む

農業用土壌センサーの法人販売開始

 イノテック(横浜市港北区、小野敏彦社長)は米国Edyn(イーデン)社のスマート農業・ガーデニング用土壌センサー「ソイルセンサー」の法人向け販売を開始した。近日中に「ウォーターバルブ」も販売する。

≫続きを読む

水産業界仕様のデジタル台はかりを発売

 産業機械大手のクボタは水産業界仕様のデジタル台はかりを6月発売した。取り引きや証明に使用できる検定品で、電源は単一電池4本。アルカリ電池使用で約3000時間稼働する。

≫続きを読む

イソマルトデキストリンでFDAの安全認証を取得

 林原(岡山市、森下治)は独自に開発した水溶性食物繊維「イソマルトデキストリン」に関して、米国食品医薬品局(FDA)から、一般的に安全な食品であると認められるGRAS(Generally Recognized As Safe)の認証を、今月6日取得した。

≫続きを読む