FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

生産性向上めざし、広大な平屋物流倉庫を建設
MonotaRO 鈴木雅哉社長

 切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品、工事用品、事務用品まで、現場・工場で使う製品1000万アイテムを販売するMonotaRO。在庫保有能力の拡大、出荷能力の増強をめざし、新物流拠点「笠間ディストリビューションセンター」を建設、このほど本格稼働した。

≫続きを読む

食品工場訪問記

西東京に進出、対応が難しかったエリアをカバー
デリカフーズ 西東京FSセンター(上)

 デリカフーズの西東京FSセンターは昨年5月に竣工した。敷地面積2027屐延床面積3263屬裡騎建て。1階は保管・出荷スペース、2階は休憩スペース、3階がカット野菜の加工工場、4階が加熱加工工場、5階が事務所になっている。社員26名、パートは製造に200名、出荷に50名。売上げは2017年度36億円を見込んでいる。

≫続きを読む

新製品

使いやすさを追求した顕微鏡

 オリンパスはユーザーの視点で使いやすさを徹底的に追求した生物顕微鏡「CX43」と「CX33」を4月27日発売した。前機種に比べてステージの高さを約70mm低くしたことで、接眼レンズ下に広い空間が生まれ・・・

≫続きを読む

飲食店支援事業を拡大

 ぐるなびは飲食店の業務支援を目的にPOSレジシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」を4月25日発売した。飲食店に必要な機能に特化したPOSレジシステム。販売管理や商品出数分析などの機能に加え・・・

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

物流改善活動のヒントを提供

 日本ロジスティクスシステム協会日本物流資格士会は「全日本物流改善事例大会2017」を東京御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで16〜17日開催する。優れた物流改善事例の発表を通じ、合理化の手がかりやノウハウを物流の実務者同士が共有する。

≫続きを読む

物流改善進める、共配の範囲・企業の拡大も検討

 味の素冷凍食品は新中計で物流改革を進める。ドライバー不足、物流コスト高、環境保全等の構造課題に加え、単品バラ積み・荷卸し時の温度管理など、冷凍食品特有の課題についても同業他社や大手卸・小売りなど先進流通との積極的な協業で取り組む。

≫続きを読む

「Amazonフレッシュ」、東京の一部地域でサービス開始

 総合オンラインストアAmazonは、プライム会員向けに、新鮮で高品質な食料品が購入できる新たなサービス「Amazonフレッシュ」を4月21日提供開始した。野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品など1万7000点以上の新鮮で高品質な食料品のほか・・・

≫続きを読む

農業用ドローンの開発、商用化で業務提携

 ヤマハ発動機やまびこは、マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化で業務提携する。液剤や粒剤など幅広い農薬散布作業に対応できるドローンを共同開発し、2018年の発売をめざす。

≫続きを読む
NEWS headline

割賦販売法が改正、販売店は対策必要

 寺岡精工は「割賦販売法改正にともなう店舗の決済セキュリティ対策セミナー」を東京品川の同社東京ショールームで4月26日開催した。改正割賦販売法が昨年12月に公布、来年6月施行される。

≫続きを読む

音声作業で現場改善

 ハネウェルジャパンは「IoT機器の市場動向と物流・製造業務効率向上セミナー」を東京品川で4月25日開催した。日本国内のIoT最新市場動向や日本政府の動きを紹介しながら、データ収集を行うハネウェルのIoT機器の有効な活用方法や・・・

≫続きを読む

お知らせ

無料試読キャンペーン、今号は全文読めます

 FENは記事の中の「続きを読む」以降は有料購読者のみご覧頂いておりますが、毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」として、どなたでも記事をお読みいただけます。
 まずは「続きを読む」にクリックをどうぞ。

今週のトピックス

<建設>
「プロロジスパーク古河2」が竣工

 プロロジスが茨城県古河市で建設していた「プロロジスパーク古河2」が竣工した。茨城県古河市北利根8−4。敷地面積は約2万3789屐延床面積は約2万1937屐E換造の地上2階建。

≫続きを読む

<海外戦略 
44億円投資、新工場を建設

 味の素は北米の冷凍食品事業拡大のため、外食向けアペタイザー(衣付きの野菜、チーズ等の揚げ物)の生産体制を強化する。北米で冷凍食品事業を手掛ける味の素ウィンザー社の新工場をミズーリ州に建設する。

≫続きを読む

<海外戦略◆
タイの物流企業初、ハラル認証を取得

 郵船ロジスティクスのタイ法人YUSEN LOGISTICS(THAILAND)CO.,LTD.は、タイのハラル認証機関であるCentral of Islamic Council of Thailand(CICOT)に申請していたハラル認証を4月8日取得した。

≫続きを読む

<海外戦略>
ミャンマー・ティラワ経済特区の新会社が本格稼働

 KONOIKEのグループ会社KONOIKE MYANMAR CO.,LTD.が、ミャンマー・ティラワ経済特区内に建設を進めていた倉庫がこのほど竣工し、4月1日本格稼働した。敷地面積は約1万6500屐延床面積は約3300屐

≫続きを読む

<海外戦略ぁ
ベトナムで物流基盤を構築

 センコーはベトナムのドンナイ省で日系企業のフォワーディング業務を5月から本格的に開始する。同社は構内作業などのフォワーディング業務や通関業務などを行う「SENKO LOGISTICS VIETNAM CO.,LTD. 」を昨年9月設立している。

≫続きを読む

<展示会>
食品関連4展9月、出展締め切り今月末

 フードセーフティジャパンフードファクトリーフードシステムソリューションが東京ビッグサイトで9月13〜15日開催される。今年から新たにフードディストリビューションが共催に加わる。

≫続きを読む

<IT活用 
配達車両の位置を地図上に表示

 西濃運輸は法人宛ての荷物を対象に、スマートフォンのGPSを利用して配達時に車両の位置情報を提供するサービス「いち知る」を開始する。セールスドライバーはその日の配達順に原票ナンバーや配達予定時刻などをハンディターミナルに入力する。

≫続きを読む

<IT活用◆
倉庫管理システム「ORBIS-VI」の機能を強化

 ITソリューションプロバイダの日本システムウエアは、短期間で効率的な物流業務を支援する倉庫管理システム「ORBIS-VI倉庫管理」の機能強化版を4月25日提供開始した。同社のIoT/M2Mサービスのノウハウを活かし・・・

≫続きを読む

<経営戦略 
サーモンの陸上養殖事業に参画

 三井物産は水産物の閉鎖循環式陸上養殖システムを開発したベンチャー企業FRDジャパンが実施する第三者割当増資を引き受ける。三井物産は9億円を出資し、FRDの株式の80%を取得する。

≫続きを読む

<経営戦略◆
ハワイのフリフリチキンの独占権を取得

 トリドールホールディングスはハワイ・ノースショア発の大人気チキンブランド「RAY’S KIAWE BROILED CHICKEN」(レイズ・キアベ・ブロイルドチキン)を日本国内で店舗展開する独占権を取得した。

≫続きを読む