FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

2年連続で経常利益2億円、吉田工場の設備を更新へ
石原水産
石原 直社長

 石原水産は季節に合わせてオリジナル性を活かしたカツオたたき製品が成果となり、2年連続で経常利益2億円となった。この勢いを継続させるため、主力の吉田工場の設備更新を視野に入れている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

既存倉庫をリノベーション、「自信の食品加工場」
人形町今半
白河センター

 人形町今半白河センターは築30年以上の既存物流倉庫をリノベーションし、新工場とすることで、既存建物解体に伴う産業廃棄物を低減させた。オール電化厨房だけではなく、衛生管理や動線の確保など、様々な工夫を施している。

≫続きを読む

注目製品

湿式製粉技術が優秀賞

 西村機械製作所の湿式製粉技術と普及拡大のための玄米製粉が「フード・アクション・ニッポン・アワード2010」の研究開発・新技術部門で優秀賞に選ばれた。

≫続きを読む

米粉100%麺に成功

 豊製作所が開発した米粉麺製造機「YTK相対流粉砕機」は水練りの米粉100%ベータ麺を作ることに成功。「フード・アクション・ニッポン・アワード2010」の研究開発・新技術部門で優秀賞に選ばれた。

≫続きを読む

有機JAS玄米飲料を開発

 トーキン(福井県鯖江市)は新事業商品としてJAS有機玄米をシンプルに水と酵素で分解した、無添加で栄養と香りが豊富な玄米飲料を開発した。「穀物ミルク」は健康志向の高い欧米で広く飲まれている。

≫続きを読む

新技術

通電加熱で高付加価値シラス干し

 水産大学校はパイプ式連続通電加熱技術をシラス干し加熱工程へ導入することに成功した。付加価値の高いシラス干しの製造を可能にする。

≫続きを読む
NEWS headline

設備投資160億円、食品部門も着実に
今期のマルハニチログループ

 マルハニチログループの食品セグメントはコスト削減、合理化に努める一方で、設備投資も着実に行なっている。今期の投資金額は約160億円だが、その大半は食品部門。北海道、青森の生産拠点の整理統合を済ませた。

≫続きを読む

九州森永乳業、生産中止・解散

 森永乳業のグループ会社九州森永乳業は10月末で生産を中止し、解散する。グループ内で生産の集約化と合理化を進め、効率的な生産体制をめざし統廃合する。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

店舗の省エネ事業強化、中国コンビニ向け拡大

 三洋電機はスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの店舗向けのエネルギーマネジメント事業を強化する。冷蔵・冷凍設備や空調機器の運用改善提案などに加え、太陽光発電・蓄電池を導入する分野を拡大するとともに、中国などアジア諸国への進出も加速させる。

≫続きを読む

理研とタニタがコラボ、健康メニューなど開発

 理研ビタミンと健康計測機器メーカーのタニタは、消費者キャンペーンやダイエットメニューの開発で協業する。第1弾として、ミリオンセラーとなった料理本「体脂肪計タニタの社員食堂」をベースに、「リケンのノンオイル 青じそ」を使った新メニューを4月から販促する。

≫続きを読む

シジミの魅力に迫る、オルニチン研究会がセミナー

 オルニチン研究会は第2回マスコミセミナーを都内で2日開催した。シジミが持つ豊富なオルニチンの健康機能を広めるのが狙い。研究会のメンバー5名が医学や工学、水産学の立場から講演した。

≫続きを読む

モバックに初出展、新商品を先行発表

 ADEKAは16日から幕張メッセで開催される2011モバックショウに初出展する。トランス脂肪酸を低減したマーガリンやホイップクリームなど今年の新商品を先行発表する。海外のグループ企業も紹介する。

≫続きを読む

レオン、田代常務が社長に

 レオン自動機は2月7日付で田代康憲常務が社長に就任。林啓二前社長は代表権を持たない取締役となった。

≫続きを読む

微酸性電解水研究会、乳業・カット野菜工場の実例紹介

 微酸性電解水協議会は第6回研究会を東京品川のきゅりあんで24日開催する。利用分野が拡大している微酸性電解水の基礎と応用を、乳業工場やカット野菜工場での活用事例を交えて紹介する。

≫続きを読む

食品包装シンポジウム、23日、24日

 日本食品包装協会は「第44回食品包装シンポジウム」を東京王子の北とぴあで23日、24日開催する。「持続可能な社会における容器包装のあり方―環境に配慮した容器包装」をテーマに講演とパネルディスカションを行なう。

≫続きを読む

親和紙器を子会社化

 レンゴーは段ボール箱メーカーの親和紙器(山口県)の株式を取得し、子会社とした。近隣の直営工場やグループ会社との連携を強化させ、中国地区で段ボール事業と製袋事業をさらに充実させる。

≫続きを読む

漁船構造改革、遠洋カツオなど3案件を採択

 漁業構造改革総合対策事業第4回中央協議会が都内で3日、4日開催された。カツオ漁業では初めての試みとなる海外まき網漁業とカツオ一本釣漁業の両方が操業できるハイブリッド漁法が明らかとなった。

≫続きを読む