FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

5年間で60億円、主力のショーケース事業を強化
中野冷機蝓/硬脹兌社長

 冷凍冷蔵ショーケースの中野冷機(東京都港区)は今12月期からスタートした中長期経営計画(5カ年)の進捗状況をこのほど発表した。最終年の2023年度までに60億円を投じ、中核の「ショーケース・倉庫事業」の収益アップを図る。今期は第2四半期までに6億円を投じ、最新の生産設備の導入と工場環境の改善、社内基幹システムの構築を進めている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

西日本最大の3温度帯総合センターを開設(上)

 国分グループ本社はこのほど国分グループ関西総合センターを大阪府茨木市に開設した。同社グループで西日本最大の3温度帯物流拠点の完成により同社の総合センターは全国16拠点、北海道から九州まで3温度帯の物流体制が整った。センター内ではフロチル加工、メニューに合わせたキット化、業務用商材の小分けやセットアップができ、これら流通加工機能で得意先の人手不足などの課題解決を図る。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

餃子工場AI化で実績の園田氏が講演

 日本冷凍めん協会が10月開催するセミナーで、Lightblue Technologyの園田亜斗夢代表取締役が講演する。園田氏は東京大学のベンチャー企業として同社を起業し、画像認識技術の導入で既に実績を持つ。餃子工場における実績もあり、大規模工場にAIシステム&カメラを導入することで大幅に食品廃棄量を削除した。「機械の目」により製品の品質を監視・管理し…

≫続きを読む

アフリカ発スタートアップ企業の最新事情が学べる

 JETRO(日本貿易振興機構)は「アフリカビジネスセミナー」を東京本部5階で26日開催する。「アフリカ開発会議(TICAD7)で見えてきた新たな商機」をテーマに、JETROの専門スタッフがアフリカのビジネストレンドや現地のスタートアップ企業の最新事情について解説する。第7回アフリカ開発会議(TICAD7)は横浜で8月末に開催し、各国首脳や関係機関の代表者ら1万名以上が参加した。

≫続きを読む

仙台に物流センター新設

 西友は宮城県仙台市に新しい物流拠点「仙台センター」を新設、契約満了となった既存のセンターから移転して店舗への配送を11日開始する。親会社ウォルマート・インクが持つ物流システムのノウハウを活用し、作業の効率化や働きやすい環境づくりをめざす。新センターでは加工食品、チョコレート、野菜、チルド商品、精肉・鮮魚、冷凍食品など各商品に最適な温度に合わせて6温度帯で管理する。

≫続きを読む

次代を担うリーダーシェフを奨学金で支援

 (公財)辻静雄食文化財団は2019年度「次世代リーダーシェフ育成奨学金」の申込み受付けを5日開始した。全国の高等学校2年次に在籍する生徒を対象に1人25万円を一括支給する。返還義務はない。給付人数は30名以内。応募者には「料理人(パティシエ)をめざす『私のキャリアプラン』」をテーマにした小論文の提出を課す。

≫続きを読む

「めんたいパーク大洗」10周年、感謝祭開催

 明太子メーカーのかねふくグループは茨城県大洗町の「めんたいパーク大洗」で10周年感謝祭を30日まで開催している。2009年にオープンした。東日本大震災では津波被害を受けたが、以降は年間100万人が訪れる人気施設になり、今年5月には累計来場者数が1000万人を突破した。感謝祭では「明太子1圈廚覆匹量逝聖匸ι覆当たるくじ引きのほか、景品がもらえるサイコロゲームなど様々なイベントを実施している。

≫続きを読む
NEWS headline

無人搬送ロボを遠隔制御、新技術を披露

 NECは独自の通信技術で搬送ロボットの動きを遠隔制御する搬送サービスの研究開発を進めている。センサーや頭脳が内蔵されている従来の無人搬送ロボットのイメージを刷新するだけでなく、移動経路の制約が多い物流現場でもスムーズに稼働することができ、複数ロボットとの協調作業を実現する。都内でこのほど開催された「ロジスティクスソリューションフェア2019」に参考出品し、来場者の注目を集めた。

≫続きを読む

炒め物や揚げ物にも、ドレッシングの新提案

 ドレッシングを使って「ぶりの照り焼き」が簡単に作れます――。キユーピーはドレッシングの需要拡大をねらい、炒め物や漬け焼き、炊き込みご飯など様々な料理に活用できることを訴求し、ドレッシングの汎用化を進める。レシピを載せたリーフレットを店頭で配布しているほか、肉や野菜に合う新シリーズ2品を8月に発売した。マスコミ向けの試食説明会を都内本社で3日開催した。櫻木康博執行役員家庭用本部長は…

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 毎月第1週号に限り「無料試読キャンペーン」を行っていますが、それ以外はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。続きをお読みになりたい方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈FOOMA JAPAN〉
初の大阪開催、出展申込み受付けを開始

 日本食品機械工業会(海内栄一会長)は「FOOMA JAPAN2020大阪(国際食品工業展)」をインテックス大阪の1〜6号館で来年6月23〜26日開催する。一般企業向けに出展の申込み受付を17日開始する。11月15日まで。FOOMA JAPANは食品製造プロセスの上流から下流まで、あらゆる分野の製品や技術、サービスが集結するアジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー。1978年の初開催から東京で行ってきたが…

≫続きを読む

〈戦略人事〉
9000社導入の人事給与システムが進化

 キヤノンITソリューションズのグループ会社で、会計・人事管理に特化したソフトウェアを提供するスーパーストリーム(東京都品川区、角田聡志社長)は、自社ソフト「Super Stream-NX」の最新バージョン「Ver.2.20人事給与ソリューション」を10月1日販売開始する。操作性を高めたほか、HR(Human Resource=人事)テックを拡充して、人事部門の労働生産性向上と作業負担の軽減に貢献する。「Super Stream-NX」は財務会計や人事給与など…

≫続きを読む

〈物流最前線 
物流システム機器の売上げ過去最高を記録

 日本ロジスティクスシステム協会(JILS、遠藤信博会長=NEC会長)は「2018年度 物流システム機器生産出荷統計」をこのほど発表した。調査対象はパレット用自動倉庫や無軌道台車システム、パレット搬送用コンベヤなど26機種。総売上金額は前年度比26.6%増の5858億7000万円と1985年の調査開始以来初めて5000億円を突破し、過去最高額に達した。物流現場の労働力不足に対する設備投資意欲が依然高いことを示した。

≫続きを読む

〈物流最前線◆
日野自動車とバース予約管理のHacobuが提携

 日野自動車とIT物流ベンチャーの蝪硲瓧磽錚癸(東京都港区、佐々木太郎社長)は資本業務提携契約を4日締結した。IoTを活用したオープン型の物流情報プラットフォームを共同で形成し、ドライバー不足などの課題解決策を講じる。日野自動車が第三者割当増資で1億8700万円を出資する。日野自動車は運転席に設置したカメラでドライバーの健康状態や疲労度合いを把握したり…

≫続きを読む

〈物流最前線〉
トラック受付けシステムに新機能を追加

 日本GLPのグループ子会社で、トラックの受付けやバース予約、ドライバー呼び出しサービス「トラック簿」をオンラインで提供する螢皀離侫(東京都港区)は、クラウドサービス事業を手がける螢侫譽ト(東京都中央区)と連携し、同社のリアルタイム車両管理アプリを採用するとこのほど発表した。モノフルはパートナー企業との連携を加速しており、最近注目を集めるビジネス概念「エコシステム(分業と協業による企業の集合体)」を…

≫続きを読む

〈鮮度保持技術〉
MA包装流通でコストダウン

 北海道立総合研究機構農業研究本部花・野菜技術センターは、ホクレン農業協同組合連合会農業総合研究所と共同で、青果物のMA包装流通の普及に力を入れている。MA(Modified Atmosphere)包装は、目に見えない小さな穴が開いたフィルムを使って酸素と二酸化炭素を調整し、青果物の鮮度を保つ仕組み。主流となっている発泡箱に氷詰めする方式に比べ、流通コストが抑えられると呼び掛けている。JAひがしかわやJAびえいなどすでに採用している道内のJAもある。

≫続きを読む

〈食のEコマース〉
コミュニティ型の産直ECを刷新、利便性を向上

 農水産品や加工品の生産者と消費者を直接つなぐ「オーナー制度」をWEB上で展開する蝪kka(ウッカ、東京都千代田区)は、利用方法をこのほどリニューアルし、サービス内容を拡充した。日本発のコミュニティ型産直ECとして事業規模の拡大をねらう。ukkaが運営する「OWNERS」は予約注文型で、旬の時期に生産者から食材が直接届くオーナー制度のプラットフォーム。

≫続きを読む

〈HACCP支援〉
初期費用不要のIoT温度管理システム発売

 IoT通信事業を手がけるベンチャー企業のセンスウェイ(東京都中央区)は、HACCP対応の温度管理システム「サーマルコネクト」をこのほど販売開始した。IoTの無線通信規格(LPWA)の1つで、従来より少ない消費電力で長距離通信できる「LoRaWAN(長距離広域ネットワーク)」を採用しており、温度センサーは約5年間の長寿命稼働が可能。管理コストを削減する。月額基本料金は…

≫続きを読む