FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

調理・調味料、タマゴ、サラダ・惣菜に集中
新中計で「食の主役化」へ
キユーピー 長南収社長

 キユーピーは2019−21年の第9次中期経営計画で…翰・調味料(マヨネーズ、ドレッシング等)、▲織泪粥↓サラダ・惣菜――の3事業に集中して「食の主役化」を進める。併せて「最適生産体制」を構築するため、国内生産拠点(工場)を3事業に集中して再編を行い、2024年度をめどに新生産体制を構築する。これにより、第8〜10次中計の9年間で約20拠点(工場)を集約・統合することになる。

≫続きを読む

食品工場訪問記

新たな包あん方式導入、おいしさ向上を実現
中村屋 武蔵工場(上)

 中村屋は中華まん事業の競争力強化のため武蔵工場を埼玉県入間市に昨年竣工した。直営店舗をはじめCVSや量販店向けに1日40万個を生産する。生産体制の拡充と併せ、最新マテハン機器を導入して省人化と自動化を進めたほか、これまでの包あん方式を全面刷新し、おいしさを一段と高めた。

≫続きを読む

新製品

スイッチ1つで切り替え簡単、業務用冷凍冷蔵庫

 福島工業は新製品の「ワイドレンジ業務用冷凍冷蔵庫」を2月4日発売する。右室と左室の2室独立式を採用し、スイッチ1つで冷凍(-25〜-15℃)、冷蔵(-5〜10℃)に切り替えができるなど利便性を高めた。温度帯はオール冷凍やオール冷蔵のほか…

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

調理冷食市場8年間で27%増

 2018年度の家庭用冷凍食品市場は8078億円で、2010年度の6314億円に比べ8年間で28%(1764億円)増加した模様。これは購入率の増加、購入単価の上昇によるもので「長期的に大きく拡大している」。味の素冷凍食品が調査分析し公表した。

≫続きを読む

所沢工場など全国5工場でFSSC22000取得

 漬物製造大手のピックルスコーポレーション(埼玉県所沢市)は所沢工場(埼玉県三芳町)や宮城ファクトリー(宮城県加美町)、中京工場(愛知県瀬戸市)で食品安全マネジメントの国際規格FSSC22000をこのほど取得した。子会社ピックルスコーポレーション関西の…

≫続きを読む

業界初、ユーチューバー専用フォーム開設

 かっぱ寿司(カッパ・クリエイト)は「YouTuber取材応援企画」としてユーチューバー向けに取材問い合わせ専用フォームを25日開設した。動画を投稿したユーチューバー限定で食べ放題などのサービスを無料で提供する。業界初の試み。

≫続きを読む

バンコクにアンテナショップ、発酵食品の魅力発信

 マルコメ(長野市)は同社初となる海外常設アンテナショップをタイのバンコクに2月22日オープンする。店名は「発酵らぼ(Hacco labo)」。ドン・キホーテが開設した商業施設に入居する。店舗では味噌や糀甘酒、大豆ミートなどマルコメ商品を販売するほか…

≫続きを読む
NEWS headline

中国の無人コンビニを視察報告
ICタグの活用法と見えてきた課題指摘

 日本食品包装協会は今年最初の研究例会を都内で26日開催した。講演の部では同協会の石谷孝佑理事長が「中国の無人コンビニに見るICタグ付き包装食品の課題」と題し、現地で視察した無人コンビニの実情を報告した。中国の無人コンビニの数は石谷理事長によれば「1000店舗は超えるとの見方がある」という。米国シアトルにあるAmazonの無人コンビニ「Amazon Go」はカメラによる画像認識とAI技術を使い…

≫続きを読む

ニチレイロジ、横浜で女性フォーラム
女性の潜在能力を引き出し、経営戦略に

 ニチレイロジグループ本社(東京築地、梅澤一彦社長)は女性の活躍にスポットを当てた「第6回咲カセル ロジ女フォーラム」を横浜市内で26日開催した。女性社員が自身の能力を最大限に発揮し、活躍できる職場をめざしたイベント。6回目となる今回も全国から女性の総合職・一般職社員約65人が出席し、女性活躍推進の取り組み事例の紹介や、仕事に対する価値観、女性が自分らしく働ける環境づくりについて意見交換した。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読のご案内

 無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は有料購読(月1000円、6カ月単位契約)への切り替えをお願いします。

今週のトピックス

〈経済連携協定〉
日欧EPA発効、輸入ワイン各社値下げへ

 日EU経済連携協定(EPA)がいよいよ2月1日発効する。EUから日本への輸入品ではボトルワイン、スパークリングワインの関税が即時撤廃されるため、欧州産輸入ワイン市場の拡大が今後予想される。これを見越して流通大手やビールメーカーは欧州ワインの値下げを相次いで発表した。セブン&アイHDはセブンプレミアムの欧州ワイン3品をセブン‐イレブン、イトーヨーカドー…

≫続きを読む

〈ロボット技術〉
最先端の食品仕分けロボをホテレスショーで初披露

 最先端のロボット制御ソフトウェアを研究開発するスタートアップ企業の螢船肇札蹈椒謄クス(東京都台東区、西田亮介社長)は東京ビッグサイトで2月19〜22日開催される「国際ホテル・レストランショー2019」に初出展する。店舗厨房やセントラルキッチン向けに「食品・食器仕分けロボット」を展示し、デモンストレーションを行う。ロボットシステムには独自の…

≫続きを読む

〈メディケアフーズ展 
高速自動仕分け装置で省人化対応を提案

 椿本チエインのグループ子会社、椿本マシナリーは東京ビッグサイトでこのほど開催された介護食の専門展示会「メディケアフーズ展」に省スペースの多段型トレイ式ソーターを出品した。同社の高速自動仕分け装置「リニソート」シリーズの最大の特長は独自開発した高効率リニアモータを駆動部に採用したこと。静かでクリーンな作業環境を実現した。

≫続きを読む

〈メディケアフーズ展◆
折って押すだけの簡単開封、液体小袋を出品

 液体包装システムメーカーの大成ラミック(埼玉県白岡市)は半分に折って押すだけで開封できるユニバーサルデザイン仕様の液体・粘体用小袋包装を「メディケアフーズ展」に出品した。日本包装技術協会が主催する昨年の日本パッケージングコンテストで食品包装部門賞を受賞した商品。「ぷちっとパウチ」(商標登録済)の形態は背貼り三方シール。

≫続きを読む

〈メディケアフーズ展〉
CVSで需要拡大、「サラダサーモン」をPR

 松岡水産(千葉県銚子市)はチリ産のアトランティックサーモンを原料にした「サラダサーモン」(商標登録済)をPRした。数年前に開発し、コンビニ各社に販路を広げるヒット商品。「メディケアフーズ展」でも業務用卸のバイヤーらが関心を寄せていた。脂がのったアトランティックサーモンを山桜のチップでいぶした「スモーク」をはじめ…

≫続きを読む

〈インバウンド対応〉
中国の事前決済型サービスを導入

 「庄や」、「日本海庄や」を中心とした飲食店チェーン事業を展開する大庄(東京都大田区)は、中国最大口コミサイト「大衆点評」の事前決済型コース販売「ウォークインチケットサービス」を中国人訪日客の多い4店舗にこのほど導入した。今後、対象店舗では中国人ユーザーが好む新鮮な海鮮料理を中心にメニューを構成。リーズナブルな価格で提供する。

≫続きを読む

〈最新技術〉
「SMトレードショー」2月開催、最新トレンド集う

 全国スーパーマーケット協会(横山清会長=アークス社長)は「第53回スーパーマーケット・トレードショー2019」を千葉の幕張メッセで2月13〜15日開催する。2168社(3568小間)が出展する。食品以外にも自然冷媒を使った冷蔵冷凍ショーケースやIoTセンサーによる温度管理システム、植物由来の包装フィルムなど現場の課題解決に向けた最新トレンドが集う。

≫続きを読む

〈アレルギー対応〉
卵不使用のマヨネーズタイプ調味料をリニューアル

 キユーピーは卵不使用のマヨネーズタイプ調味料「キユーピー エッグケア」を全面的にリニューアルし、2月15日から全国出荷する。食物アレルゲンの特定原材料等27品目の1つ「りんご」を不使用にするほか、賞味期限を8カ月から10カ月に延長する。併せてパッケージにアレルゲンのアイコンを追加する。エッグケアは2015年から発売している。独自の特許技術によって…

≫続きを読む