FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

人☆フォーカス

製麺業界初のコンサル型営業でシェア拡大へ
大成食品蝓…撒鏃太郎常務取締役

 大成食品(株)(東京都中野区、鳥居憲夫社長)は創業100余年の老舗製麺会社。3代目の鳥居憲太郎常務は入社後、従業員の多能工化や工場の動線改善に取り組むなど労働生産性の向上を実現してきた(前号工場訪問記で既報)。昨年は成長戦略の1つとしてM&Aで製麺会社を買収。事業規模の拡大に伴って…

≫続きを読む

食品工場訪問記

日本最大級の冷凍麺ライン完成
シマダヤ古川工場

 シマダヤ(木下紀夫社長)はシマダヤ東北(株)古川工場(宮城県大崎市)に、1ラインとしては日本最大級の新冷凍麺ラインを設置した。3月2日から生産を開始している。同社はチルド麺と業務用冷凍麺を事業の2本柱としている。新ライン設置は中でも今後の成長が見込める業務用冷凍麺の生産能力拡大が目的。

≫続きを読む

ニュースフラッシュ

国内最大のトラックショー5月開催

 (一社)国際物流総合研究所(南元一会長)は国内最大のトラック関連総合展示会「ジャパントラックショー2018」をパシフィコ横浜で5月10日〜12日開催する。車体、架装、特装車の他、部品、電装、ITメーカーなど129社が日本初の先端技術や国内初披露の製品を出品する。

≫続きを読む

中小白書、生産性向上のヒント示す

 中小企業庁は2018年版「中小企業白書」を20日公表した。中小企業の経常利益が過去最高水準にあり、景況感も改善傾向にあるとした上で、今回は労働生産性をテーマに分析した。白書では業務プロセスの見直しや人材育成、IT活用、設備投資、M&Aの切り口で労働生産性の向上に取り組み、成果を出している中小企業を取り上げている。食品関連企業の実践例も紹介している。

≫続きを読む

2015年度の食品ロス、前年増の約646万t

 環境省は2015年度の「食品廃棄物等及び食品ロスの量の推計値」を17日公表した。食品リサイクル法に基づく事業者からの報告を推計した結果、約2842万tの食品廃棄物が発生した。このうち本来食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品ロスは約646万tに上った。

≫続きを読む

充てん時のガス圧をアップ、シリーズ最強の炭酸水

 サントリー食品インターナショナルはアウトドアメーカーの(株)スノーピーク(新潟県三条市、山井太社長)と共同開発した炭酸水「サントリー南アルプススパークリング/レモン」を24日から新発売した。「サントリー天然水ブランド史上最強のガス圧」をうたっている。新商品は製造充てん時のガス圧を従来品に比べて大幅にアップした。

≫続きを読む

中小運送23社、「ラストワンマイル協働組合」設立

 首都圏の中小運送業者23社が18日「ラストワンマイル協同組合」(東京都府中市、志村直純理事長=デリバリーサービス社長)を設立した。ネット通販の取扱数量の増大やドライバー不足を背景に運賃引上げの動きが広がる中、荷主と共同で通販配送の工程を分担することで低運賃を実現し、荷主の負担軽減に貢献する。

≫続きを読む

東京メトロと松屋がコラボ、植物工場で栽培の野菜メニューを限定販売

 東京メトロが植物工場で栽培している「とうきょうサラダ」を使ったオリジナルメニューが松屋浅草(東京都台東区)で4月25〜5月8日販売される。「とうきょうサラダ」は東西線の西葛西駅〜葛西駅の高架下で東京メトロとメトロ開発が2015年から共同運営している完全人工光型植物工場で栽培した葉物野菜。

≫続きを読む
NEWS headline

全国400の契約産地から8産地が最優秀賞に

 キユーピーと三菱商事の共同出資で設立され、パッケージサラダの製造販売で国内シェアトップのサラダクラブは全国に約400ある契約産地の中から原料野菜の品質や安定供給の観点で評価が高かった産地を表彰する「第2回 Grower of Salad Club 2018(グロワー・オブ・サラダクラブ)」を東京の六本木ヒルズクラブで20日開催した。

≫続きを読む

「スズモフェア2018東京」開催
「シャリ弁ロボ」など実演展示

 寿司加工ロボットのシェアトップ、鈴茂器工(東京都練馬区、鈴木美奈子社長)は恒例の自社展示会「スズモフェア2018東京」を都内で18〜19日開催した。同社が得意とする飲食店や食品スーパー向けの小型機から海外仕様機、食品工場向けの大型機までを一堂に揃えた。ご飯を自動で盛り付ける「シャリ弁ロボ」(最大720食/時)は10数年前に開発したものだが…

≫続きを読む

お知らせ

5月2日はお休みします

 ご愛読いただいていますFENは5月2日を休刊とさせていただきます。次回496号は5月9日に発行いたします。(FEN編集部)

今週のトピックス

〈周年式典〉
創立70周年記念式典、帝国ホテルで5月28日

 日本食品機械工業会(林孝司会長)は創立70周年記念式典・祝賀会を帝国ホテル東京で5月28日開催する。記念式典では長年にわたり工業会の活動に貢献してきた会員に感謝状を贈呈する。式典に先立つ定時総会では役員の改選、今年度の事業予算案、事業計画案などが議題。日食工は…

≫続きを読む

〈設備投資〉
京都に新工場、今期投資額は80億円

 リンガーハットの秋本英樹社長は今期(2月期)のグループ戦略で新規出店や店舗改修、工場増設などに80億円を投じる計画を示し、併せて5Sの徹底とパート店長制度の積極活用で現場力を高めることを重点項目に挙げた。売上高は前期比5.7%増の483億円を見込む。都内で19日に決算発表会見した。

≫続きを読む

〈セミナー・研究会〉
アイルランド発、リッド不要の紙カップ

 日本食品包装協会は4月度研究例会を都内で18日開催した。日本紙パルプ商事の山下猛国際営業本部課長代理、ウインドナビ(株)の金谷嘉明社長が自社製品を紹介した。技術講演の部ではレンゴーの山下毅環境・安全衛生部長代理、三井化学のMr.Abhineet Shrvastava海外マーケティングマネージャーが講演した。

≫続きを読む

〈企業間連携 
北海道の食肉料理集団と業務提携

 高級食材の輸入商社、アルカン(東京)は北海道の食肉集団、蝪釘味釘擅蓮淵┘譽勝房辧碧務て史頃町)とこのほど業務提携した。同社が製造販売する食肉、ジビエ、ハム・ソーセージなどを販売し、国産食材の充実を図る。両社のノウハウを活かした共同商品開発を通じ、付加価値の高い食材や製品の提供をめざす。

≫続きを読む

〈企業間連携◆
「Amazonフレッシュ」と連携、食材購入新機能を提供

 クックパッドは生鮮食品や日用品を最短4時間で配達するAmazonフレッシュと連携し、「プレミアム献立」で使用している食材を簡単に購入できる新機能を16日から提供開始した。プレミアム献立はプレミアムサービス会員向けサービスの1つで、毎週日曜日に旬の食材を使った手軽なレシピを1週間分の献立リストにして…

≫続きを読む

〈AI活用 
日水とNECが開発、養殖魚の自動体長測定

 日本水産(東京都港区、的埜明世社長)は、日本電気(NEC、東京都港区)と共同で、イケス内で泳ぐ養殖魚の体長や体重などをAIなどを活用し、自動で測定するソリューションをこのほど開発した。今回開発したソリューションは、イケス内で泳ぐ養殖魚を水中で撮影した映像をアップロードするだけで…

≫続きを読む

〈AI活用◆
「獺祭」の醸造でAI予測を検証

 旭酒造(山口県岩国市、桜井一宏社長)はAI予測モデルを使って「獺祭(だっさい)」を醸造する実証実験を富士通、富士通研究所と共に行う。AI予測モデルは旭酒造がこれまで蓄積してきた温度、比重などの醸造データをもとに富士通研究所が開発した。

≫続きを読む

〈次世代型物流〉
AIやロボットを共同利用、シェアリングモデルを構築

 大和ハウス工業とグループ子会社のダイワロジテックはマルチテナント型物流施設「DPL市川」(千葉県市川市)内にAI・IoT・ロボットを活用した新たなシェアリングモデル「Intelligent Logistics Center PROTO」を25日構築した。ネット通販の荷主企業3社が「DPL市川」内の同一スペースで…

≫続きを読む

〈工場新設〉
軟包装の専用工場を新設

 共同印刷は生活・産業資材部門の主力工場、守谷第一工場(茨城県守谷市)内に軟包装専用棟を10日竣工した。鉄骨造り6階建て。建築面積5428屐延床面積1万3677屬旅さを持つ。稼働は6月を予定している。FSSC22000の認証取得を視野に…

≫続きを読む