FENとは 発行元情報 有料購読申込 広告掲載 お問い合わせ・FAQ バックナンバー

【株式会社水産タイムズ社】 TEL:03-3456-1414

Top Interview

彩総研、冷蔵庫の建て替え改修でコンサル業務も 彩総研 丸山洋一社長

 彩総合研究所(東京・日本橋)の丸山洋一社長は「当社は冷蔵倉庫等の設計監理に加え、このところ冷蔵運輸会社や冷蔵倉庫会社からのコンサルタント業務の依頼が多く寄せられている。

≫続きを読む

食品工場訪問記

日東富士製粉東京工場「安全安心は日ごろの管理から」

 日東富士製粉の東京工場は2000年以降、工程改善、コストダウン、陽圧化に取り組み、今年3月AIBの監査で「EXCELLENT」の認定書を受けた。

≫続きを読む

新製品紹介

過熱蒸気を使ったロースター発売

 中西製作所は最高320℃の過熱蒸気を利用したロースター「SVロースターHOTMAX」を発売した。過熱蒸気により内部の酸素濃度を0.1%と限りなくゼロに近づけ、食材が持つ油脂分の酸化を抑え、

≫続きを読む

涼しい厨房システムを開発

 東京ガスは、涼しいガス厨房環境を実現した「涼厨(すずちゅう)」を開発した。厨房機器から発生する調理熱は排気フードを通じて室外に排出されるが、

≫続きを読む

 段ボールシート搬送用のモジュラーベルト発売、生産効率の改善に貢献

 ハバジット日本は、段ボールのシート搬送用に開発したフラットトップのモジュラーベルト「M2470」をこのほど発売開始した。

≫続きを読む
NEWS headline

信頼回復でミートホープ事件前を上回る稼働率に

 コロッケを柱商品とする北海道加ト吉(赤平市)が好調だ。ミートホープ事件では偽装肉と知らずに買わされたにもかかわらずマスコミの矢面に立たされ、工場の稼働率は激減したが、今ではむしろピーク時の生産量すら上回るほどに回復している。

≫続きを読む

吸着式でたまごのふんわり感と均質感出す

 日本水産グループの冷食製造100%子会社、日豊食品工業(株)(熊本県下益城郡城南町、中野仁治社長)が独自技術の蓄積で差別化された製品づくりに成功している。新機種の導入によりさらに高品質の製品づくりを計画している。

≫続きを読む

従業員の工夫を品質向上に生かす

 キユーピーはモノづくりの原点と位置づける「ベビーフード」を生産する鳥栖工場(鳥栖キユーピー蝓∈寛豸鳥栖市、時任久雄社長)の品質保証システムを全国のグループ工場にヨコ展開し、成果を挙げている。
 「赤ちゃんに食べさせる安全な食品」を品質の原点とする創業者中島董一郎氏の考えを継承し、従業員が独自に様々工夫し、工場全体で共有している。

≫続きを読む

お知らせ

有料購読スタート

 FENは10月から有料購読を開始しております。記事の文末の「続きを読む」(テキスト形式ではhttp://food-eng.jp〜アドレス記載部分)は有料購読者のみご覧頂けます。無料購読で登録させて頂いている方には、「続きを読む」以降の記事はID・専用パスワードがないとご覧頂けません。まだ登録がお済みでない方は何とぞ有料購読への切り替えをお願いします。有料購読申し込み手続きに関しては上記ツールバーの「有料購読申込」をご覧下さい。

今週のトピックス

超低温配送車など開発

 ボディーメーカーの矢野特殊自動車(矢野彰一社長)は保冷・冷凍車の軽量化、規制内最大容積化、荷役作業の高能率化、安全性向上などに取り組んでいる。

≫続きを読む

商流、物流が動く仕組みを提供

 (株)オアシス(福岡市、加城敬三社長)は卸とメーカーが休みでも商流、物流が動く仕組みを提供している。同社のサーバーに接続すれば物流と商流の仕組みができる。

≫続きを読む

店舗をオール電化仕様に

 ヤオコーは埼玉県さいたま市に1日オープンした「岩槻西町店」をオール電化仕様にした。惣菜売場厨房での炊飯にはガスの強い火力が好まれるが、同社はIH炊飯器でも遜色ないと判断し、ガス式よりも安全性の高いIH式を選んだ。

≫続きを読む

主婦が「面倒」と思う商品は売れる

 主婦が食事を支度する際「わからない」、あるいは「面倒くさい」と感じることを解決してくれる商品はヒット商品につながる、という。

≫続きを読む

オメガ3系脂肪酸を手軽に補給

 味の素は青魚由来のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)と、「亜麻仁」(あまに=植物の種子)由来のα−リノレン酸――の「オメガ3系脂肪酸」を主成分としたサプリメント、味の素健康基盤食品「DHA&EPA」を10月2日から通信販売限定で新発売した。

≫続きを読む

新盛岡支店に自動倉庫

 日本アクセスは盛岡支店を岩手県花巻市の花巻流通団地(空港南1―8)に来月移転し、「新盛岡支店(仮称)」を新設する。新設拠点の冷凍倉庫に自動倉庫設備を同社東北エリアで初めて導入する。

≫続きを読む

業界の動き

 柳井専務が社長に

 高橋工業は10月1日付で柳井順専務が社長に就任した。9月8日に逝去した故高橋充宏前社長の後任。
 柳井新社長(左写真)は平成11年マルカキカイから高橋工業に移り営業部長、役員待遇、取締役、常務と昇格し、昨年から専務。山口県宇部市出身。64歳。

東京パック、エコ、安全を追求

 東京パックが7日開幕した。包装に関する最新の機種と情報が東京ビッグサイトに集まっている。
 時代の要請に応えるため、環境や安全安心を追求する包装機械の出展が目立つ。また、食品や食品原料の相次ぐ偽装事件の発生を背景として、包装機器でもトレース管理対応を打ち出す出展者が多い。さらにセンサーなどを駆使し、学習機能、判断機能などを備えた“知能型包装”包装機械の出展には、集まった入場者の関心が高い。

≫続きを読む

水産庁ビジネスプラン、省エネ重点に補正予算2億円

 平成20年度の水産庁補正予算では、再チャレンジ・ビジネスプラン事業に「省エネルギー・効率型ビジネス連携支援事業」として2億円が盛り込まれた。国会での補正予算成立後、省エネルギー・効率化を伴ったビジネスプランの応募が開始される。

≫続きを読む

経産省、排出CO2量表示商品の実用化を推進

 12月11日〜13日に東京ビッグサイトで開催される環境商品の見本市「エコプロダクツ2008」で、商品のライフサイクル全般(資源採掘から廃棄まで)で排出された温室効果ガスをCO2量で表した「カーボンフットプリント」(炭素の足跡)を表示した商品がお披露目される。

≫続きを読む

Webセミナー

小杉直輝氏監修による「食品工場改善」 伊藤忠フレッシュの改善事例 –10-

 小杉先生からカンバンによる改善を教わった。
カンバンは情報伝達のツールと言える。
現場は適切な情報を要求している。
〆Fの仕事はどうなっているのかな?
⊆,了纏は何だろう?
次の仕事で使う資材はなんだろう?
せ餾爐浪申茲肪屬い討△襪世蹐Α
イ海了纏は何処で終わりだろう?
出荷時間に間に合うのだろうか?
Ш鯑の生産量はどうなっているのだろう?
┷Fは何時に終わるのだろう?
 これらの情報を必要な時に必要な場所に連絡できる仕組みを作る必要があった。

≫続きを読む